スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだ蛸で引っ張る!~蛸史上最大の作戦(予告) 
2006.06.13.Tue / 20:13 
 小柴開幕後の7月終わりから8月中で、あめちゃんが密かにもくろんでいるマダコ史上最大の作戦。
そう、今年最大の目標!一日で30杯以上のマダコを釣り上げることである!

観客席:ざわざわ、ざわざわ、
    えっ!いまマダコって言った?
    イイダコの間違いじゃないの?
    そうだよ、そうだよ、きっと間違いだよ?
    そんなにマダコが釣れるわけないじゃん!

間違いではない!
もはや船宿の選定は最終段階にはいり、春から単身赴任されているの先輩にも声をかけて計画はちゃくちゃくと進んでおります。

去年の冬は低水温で5度以下となり稚蛸の生育が危ぶまれていたが、さっき飛行機の中でみたスポーツ新聞によるとぼちぼち釣れだしているもんね

そうここ!この橋の下は
明石大橋


日本マダコ釣りのメッカ明石海峡!

なにも遠征釣りは南海の大物だけのためじゃない!
オイラはマダコのために瀬戸内海遠征だ!

ここ明石海峡では、全国に名高い明石のマダコを守るため、種苗放流が行われ、毎年最盛期トップが50杯!70杯!と大釣りが出るマダコの楽園なのだ。

以前、コメント欄で、釣りっこさんが陸っぱリで来んなマダコ釣れたらいいなあ~とおっしゃっていましたが!
この蛸の聖地なら陸っぱりでも釣るんです!

といううか、クロのヘチ釣りみたいにマダコの防波堤釣りが確立して、その専用道具が釣具店には置いてある。

まず、陸っぱリ蛸専用竿。
その名もタコGT!(なんかグランプリをやりそうだ。)
タコGT


驚くのはまだ早い!真っ赤な蛸専用リール
その名は攻蛸!

攻蛸


リールのサイドにもカッコイイ(HONDA無限風ロゴ)がペイントペイントしてあって一瞬買ってしまいそうになる。

ヤバい、ヤバいよ!この蛸への入れこみよう。

そして、釣具店の蛸専用竿コーナーには、なになになんか書いてあるぞ…

蛸コーナー


「関西人は蛸が好き!!」おーやっぱり。

お前がしゃべると一人漫談だと良く言われるあめちゃんだが。
それも関西生まれの血脈があってこそ、その血脈は蛸好きという血脈でもあったのか。

まさに蛸熱煮えたぎるここは、関西屈指の大型釣り具店。
飛行機でびゅーんとやって来たここなら蛸キャンディはきっとあるはず!

お、ありました。ありました。
出張ついでに7駅も足を伸したかいがあった。

キャンディ


で、これが蛸好きの関西人が開発した蛸キャンディ。
マジ、見かけ包みに入ったキャンディでしょ。

別の種類。
五色キャンディ


5色のなんかわけ解らないとこがすごそう。

うーんでも売っている色はピンクばっかりだなあ。
白が欲しかったのに。

仁兵衛丸船長~とりあえず頭の中で色白くして見てください。
なんか船長のお使いになったタコの疑似餌と似てませんか?

さて、もう賢明な読者はお解りかと思ういますがこのキャンディ簡単に言えば、マダコ専用のルアーなんです。

船を流しながらテンヤを一度に3~5個同時に操り、交互に潮上に向かって投げる明石のマダコ釣法。
そこで超メジャーリーグ級の活躍をしている代物なのですよ。

こいつのお陰で明石の船長はカニ取りに潜らなくてよくなり、何人の船長があの海底の暗闇の恐怖から解き放たれたことか!(笑)
(嘘です。もともと明石も大洗と一緒で魚餌をくくることが多いようです。)

という訳で、今年の東京湾このままマダコ好調ならば一度こいつを第二海保で試してみたい。
もし本当に東京湾でも遜色無く釣れたら、カニ確保に悩む釣宿さんには朗報じゃないか?!
まあールアーが餌より釣れる時って、スズキでもタチウオでも群が大きくて魚が興奮してる時って相場が有るような気がするので、蛸では難しいかもしれないが…。
ちょっとそんな野望を抱いているあめちゃんでした。

ということでせっかくここまで来たんだから食って帰るべ。
蛸焼き

スポンサーサイト
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
--おもしろい--

ご当地釣法ですね。
おもしろいです。

明石のたこ焼きはおいしいです。明石焼きって言って、ふわふわの玉子焼きにタコが入っているような感じで、ダシ汁付けて食べるんですよね。

昔、そっち方面に住んでいたころ、毎週対岸の淡路島のフェリー乗り場前のたこ焼きやでたこ焼き食ってました。

いやあ、青春時代が懐かしい。。。

- from ハル父 -

--タコマニアはさすがです--

へ~~これがキャンデーの正体だったのね~。
白くしたらホント、ネギですね。
ずいぶんハリの開きが狭いようですがこれが明石流?
遊動のオモリは根がかりしないからいいような気がしますね。
でもさ、1杯1キロで30キロのタコ、タマネギの袋に入れて担いで飛行機に乗るあめちゃん想像したんだけどテロだと思われて捕まるかもよ。v-8

- from 仁兵衛丸 -

--おもしろい~!--

すごいすごい!業に入ればって感じですかね!
ご当地仕掛けもここまでくると感動しますね!

しかし種苗放流までしているんですね~。
あめちゃんさんはいろんな所に出張に行かれるんですね。
私は、そういうのがないのでちょっとうらやましいです。
これからも、ご当地仕掛け報告期待してます!v-10

- from 釣りっ子 -

--すごい--

瀬戸内海まで進出されるんですね。四国の香川にも遊びにきてね。釣りするにはいいとこですよ。明石のタコは有名ですね。今よく釣れてるみたいです。私は明石のたこ焼きより大阪のたこ焼きが好みです。瀬戸内海、香川はなぜだか船でたこ釣り禁止なんです。(ときどき海老餌にかかります。)陸波止場からのたこ釣りします。こんなキャンディーがあるんですね。陸からの釣りではテンヤにゴムのカニのおもちゃでたこだきつきます。結構笑うような仕掛けですが侮れません。最高にたこおいしいです。

- from コニー -

----

だから『飴蛸』なんですか??関係ない?(笑)
今度せっかくだから金太郎飴をつないだらどうでしょう?
ブログの題名そのもの♪
ただ、溶ける前に釣らないとだんだん小さくなってしまいますね。
私もたこ焼き大好きです!明石焼きのホワホワも好き♪

- from にゃみ -

----

うぬ~。
変なテンヤは福井でも見たことあるけど、あの「タコリール」はすごいっすね~。やっぱ本場は違いますね~。
で、東京湾のタコポイントに職漁の仕掛けがドッチャリ入ってて、遊漁船の入るスキがない…、みたいなのをどっかの釣果欄で見ました。
タコ好漁!って聞くとやっぱそうなっちゃうんですかね~。ありゃりゃ~ってかんじです。出遅れちゃったかな~。

- from ガー -

--ようやくお返事できる~--

みなさま沢山のコメントありがとうございます。

ハル父さんへ
青春時代ですか!私も学生の頃神戸で予備校の先生のバイトやってたんで三宮近辺の明石焼きのお店は行き尽くしましたよ。銀座にも美味しい明石焼きのお店を知っているので機会があったらまたご紹介いたします。

仁兵衛丸船長へ
明石のテンヤは針の開きが狭い以上に、東京湾にない色んな工夫が有るので実釣りの時またご紹介いたしますよ。蛸は飛行機に乗せずにクール宅急便で東京に行ってもらうつもりなのでご安心ください。マダコテンヤも十分アテンダントさんを脅す凶器となりうるので飛行機には持ち込まず宅急便で送りましたよ。v-8

釣りっこさん
陸っパリマダコの仕掛けを紹介するとこれだけで、1日分の記事が書けちゃう(笑)金属糸で蛸ジグを連結する蛸ワイヤーなんて聞いても何してるんだ?って感じでしょうけど、関西では蛸は底以外、中層でも釣る!らしいんですよ。すごいね関西人と関西蛸。

コニーさんへ
コニーさんのブログ見ましたよー。すごい鯛玉だあー!服部名人もどこかで書いておられましたが、釣り具開発って西高東低で阿波や紀伊の国に多くの釣り具の紀元が見られるそうですね。これからも瀬戸内の情報発信どしどしお願いします。

にゃみさんへ
飴蛸の名付け親はにゃみさんでしょ?でも金太郎飴白いから行けるかも?!

ガーさんへ
漁師さんが必死に成るのは当たり前ですよ~。コニーさんも書いておられますが、マダコが一般禁漁って県や海域は沢山あります。その理由はやっぱり高価だから、伊勢エビ、アワビ並みですからね。でもYQのM船長なら今にも底擦りそうな岩礁地帯で攻めてくれるから、いけるんじゃないですか?
本牧のN屋さんは、メバルとキスが暴釣中だから蛸船が遅く成るンじゃあと気がかりな旬蛸でした。

- from あめちゃん -

----

あれ?江ノ島でも陸からでもタコとれますよ?
海に入れば一日に三匹くらいはいけるんじゃないかなぁ~
って、わざわざ海に入る奴もいないですね(苦笑)
けど、30杯は大変なものですね
きっと、達成できますよ~

- from 投魂 -

   非公開コメント  
スポンサーサイトまだ蛸で引っ張る!~蛸史上最大の作戦(予告)のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。