スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出航前に思ったこと 
2006.01.29.Sun / 21:51 
おはようございまーす。
まだ6時か~むにゃむにゃ。
釣りに行くのに6時起き?
そうなんです。朝なら高速通らず本牧までは15分。
長崎屋さんには6時50分ごろ到着いたします。

がらりと戸を開けてご挨拶。
乗船名簿を書いている間、大船長が常連さんたちとお話されてます。
「昨日、山梨から観光バスで仕立てのお客さんが来たんだよ。
(と大船長が大きく手を広げているのはバスの大きさをしますため。)
でも、バスの運転手さんは釣りをしないで港でずーとまってるんだよ。」
と笑いながら話す大船長。
いつもながらアットホームな感じでございますなここは。

さてオイラはというとそそくさと、お茶をいただいたら港へ。
本牧港


着いてみるとびっくり、左舷はビッチリもう満員。
メディアの効果はすごいなあ。
このごろテレビも紹介されたりしてるからなあ。
仕方ない右舷ミヨシから四番目?を取る。

右舷一番は。。。
この置き竿、たぶん日曜日の常連S名人だ!

S名人は昨年4、5回しか来てない、オイラのこと何ぞ
これっぽっちも覚えていないかもしてないが、
オイラに取ってはこの釣りのイロハを最初に指導していただいた大恩人。

http://kintaroame.blog51.fc2.com/blog-entry-9.html
(思い出の釣りー「初めてのエビスズキ』をご参照ください。)
置き竿に向かって心の中で
「本日もおつとめご苦労さんでやんす。」と御挨拶しておいた。

で、8時前には、もうすごーーーーい

エビスズキ船は超満員。
満員御礼


両舷で30人以上は乗るのか?!
今さっき来たお客さんは「入れないよ。」とぼやいてる。

船長連はまだ到着しておらず、
こんな時にたよりになるのが常連さんのチーム「本牧手バネ会」の方々だが、
沢山お客さんを交通整理しながらことあるごとに
「俺も客だがよ。」と弁解しておられるのがおかしい。(笑)
って笑い事じゃない!
なんか気を使ってるのがかわいそうです。

そう、昨日の枕からの繋がりなんですけどね。
いろんな情報がタイムリーに出る時代だけに、
掲示板なんかには、かなーり勘違いされたと思わしき情報も流れたりしている。
長崎屋さんも昔、知っている人が見たらどうも書いた人の誤解だろってことで
書かれたことがあるので、常連のみなさんも気を使ってるんだろうなって、
オイラ悲しかったんでございます。

初めての釣り客さんたちは船宿さんに雇われた中乗りさんと勘違いされている
かもしれませんが、関東の名店と呼ばれる釣宿さんには、
必ず進んで皆のためにボランテイアをやってくれる常連さんがおられます。
この方々が東京湾の沖釣り発展に貢献してきた割合ってすごく高い。
オイラはそう思っているのです。

本牧に手バネ会あれば、羽田には四天王が居る。
そして富津には「毎度おなじみ」タチ姫様!
知ってる人は知ってますよね。
でも知らない人はこの長い時間が作った船宿とお客さんの微妙な関係、
慣習が解りにくいのかもしれない。

白い長靴のNGO組織はあるときは、初めてのお客さんにちょこっとアドバイス。
魚が釣れたらタモとり。以後の保管、処理まで。
ほんと、献身的にやってくれるもんだから当然のサービスだと思われる
釣り客の方もおられるのでしょう?

なぜって?「釣宿さんはサービス業でしょ?」
「なら、お客さんはサービスされて当たり前のはず。」
なのに「お客に向かってなんだその言葉遣いは。。。気分悪いな。」
って確かにお客様を大事にするのはビジネスの常識なんですが、
だからといって目くじら立てるのも。。。

オイラはそのマニュアル道理しゃべって接客するスマイル0円って
サービスってなんか資本主義万歳でつまんないと思うなあ~。
本音がないっしょ?そう思う人ほかには居ないっすか?

多少言葉遣いが悪くても、義理と人情が乗ってる船の上がいいと思うのです。
たしかにオイラも「親にも殴られたこと無いのに!」のガンダム世代では
ありますが、ちょこっと人の立場を考えながら話を進める、
複雑なコミュニケーションの方が面白いと思いますよ。

それをうざい人間関係だって言ってしまえば、文化というものは無くなります。
うざいものを認め、大事にすることは文化を育てる方法じゃないでしょうかね?
これは仕事でいろんな外国に行って仕事するほどオイラは強く思いましたがな。
それぞれの地域に独自に育った特異性が面白い、これが文化です。

っと。言いたかったことは書いたので
明日はいよいよ出航します。
スポンサーサイト
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト出航前に思ったことのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。