スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一本の白焼き 
2006.05.17.Wed / 23:35 
白焼き

一本の白焼き。

なぎさはとっくに寝てしまっていて、眠たそうな目をこすって起きてきてくれたにゃんタロと二人で半分コして食べた。

オイラ:「無言」

にゃんタロ:「無言」

オイラ:「どうしたの?なんか怒ってる?」

にゃんタロの顔が曇ってご機嫌悪そうなのがで気になって味がわからないオイラ。
やっぱし、こんな雨の中釣りに行ったの怒らせた原因か?!

にゃんタロ:「ぐすん。旦那様これおいしいでつ。こんなちょっとしかないの!?もっと 食べたたいでつ!!!」

ガックシ

うーむ、なぎさが起きていて端っこでもあげてたら、もっとくれーって泣き出すんだろうな。

ほっとしたら、江戸前アナゴのとろけるような甘みが舌の上に広がった。

スポンサーサイト
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
----

いいな~1杯のかけそば(古い?)のような状況が目に浮かぶ・・(笑)
私たちも一匹のイイダコを6人で食べました。^m^
アナゴいいですねぇ~♪難しいかもしれないけどやっぱりチャレンジしたくなりました!

- from にゃみより -

----

「一杯のかけそば」の冒頭、「大晦日の夜、北海亭では…」をもじって書き始めようかと考えたのですが、絶対誰もそんな古い話忘れてる。と思ってやめてしまったのです。すごいにゃみさんそれを見破るなんて!さすが「欠食児童」を知っていらっしゃるだけのことはある(笑)これは世代を超えた笑いのつぼが二人は同じということでは。

- from あめちゃん -

   非公開コメント  
スポンサーサイト一本の白焼きのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。