スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新戦力投入。 
2006.04.19.Wed / 21:22 
ついに新しい子がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

ハイパー棚子400


フィシャーマンさんのGWバーゲンで10%OFFで買ったのだ。
その名もハイパータナ子400FBe
(んちょっと正式名称とちがうか?)

これで長い間お世話になったスーパータナコンS500さんは晴れてMY釣り具の殿堂入りだ。ご苦労さん。

いやー久しぶりに買った電動リールだが、(7年ぶり?)買うのにはとてーも迷った。

思い起こせばオイラほんと釣具はその時々で必要なものを、ポリシーなく買ってると思う。
ちゃんと数えたことは無いんだが、リールは外国のものか、古いものが多い。ベイトスピニングで15個程度。
五年ぐらい前に粛正の嵐が吹いてからかなり減ったが今手元に有る釣り竿は30本程度有るかもしれない。

これをメーカー比率で言ううとダイワが三分の一以上シマノも次に多いが、オイラ自身はダイワ党でもシマノ党でもないと自分のこと思っている。


そう、オイラが愛するメーカーはマミヤOP。
いやオイラは「オリムピック党」!なのだ。
それ、支持政党は「新進党」といっしょ!
もう解党してまんがな。!って突っ込まないでください。

小物用リールは基本的に変わってないしまだまだ使えるものもある。
オリムへの思いは子供のころのトラウマが有るので話せば長いでおいおい書くとして。

次に好きだったのが釣り具メーカーがリョービ。
「バリウス」のスペクトルカラーなんかかっこ良かったですよね。

オイラの場合魚種別専用竿と言えば、今はアルファタックルさんが増えつつありますが、昔のものはリョービのアラートシリーズをいくつかもってます。ヒラメとかヤリイカとか。

いやほんと、秋葉原のリョービ、ショールームから釣り具が撤去されたときは何がおこたのかと狼狽しましたよ。

…で、リョービさんも今のような体制に。
リョービさん電動工具の会社だから、電動リールも良かったの
になあ~。
未だにVS300は見るたびに必要もあまり無いのに欲しくなる 。
(さらに二台一度に買わないと意味ないから、なかなか資金が…。)

「オイラの支持するものは全て負け組かあー!」
ちなみに仕事で担当している韓国メカーもついに
不渡り出したぞー。
もう、やっとられん。
涙だーーーーーーーーーー。
で、やっぱり残り玉はあるもののリョービのVS500を買う気持ちにはなれず

あと、エイテックさんのポラリスXは今回のオイラの希望にはちょっと大きすぎて…断念。

《ポラリスXこそ韓国の釣り雑誌で見た、VS700系の後継機種じゃにかな?とオイラは邪推しています。

韓国の釣り雑誌


「釣り情報」のレビューにも色んなことが乗ってましたが、信頼できるリョービの技術を次いでくれてるんだからおいらみたいな旧リョ-ビファンに大歓迎なんです。
深場が強いイメージが有るアルファタックルブランドなんだから「剛技シリーズ」の後継機種もエイテックさんがら出たりして!?期待してます。)
 
で最後はやっぱり電動丸600と最後まで悩んだんですが、デザインと糸巻き量からこの選択となりました。
つまり消去法だな…。

やっぱ、オイラみたいな貧乏にシーボーグ子は買えません。
っていううか、シーボーグのポテンシャルを引き出せるぐらいの釣技ないし。(汗)

でも、7年で携帯電話、パソコン以上の外観の変化!
とても糸巻き量が同じだなんておもえませんね。
蛸釣りのタックルは渋糸のまんまもう有史以来変わってないと言うのに。

比べる


スポンサーサイト
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
----

私が新年に新調したのと同じです!!
前まではリョービでした。
説明書を読まない私はまだ巻く事にしか使ってないですけど(笑)使いやすいですよ!軽いし!

- from にゃみ -

----

いやー実際使ってみて空巻きのスピードが速いのなんのってびっくりしました。いやーホント中深釣りに関しては浦島太郎です。

- from あめちゃん -

--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです

- from  -

   非公開コメント  
スポンサーサイト新戦力投入。のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。