スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱり懐をふやさないと(T_T)反省しきり 
2013.12.11.Wed / 22:48 
開始から30分ピクリとも竿先は変化なし(゚_゚i)

今回の誘いは、大きさより数ということで動きに反応しやすい若いタチウオを狙って早巻き、ステイ、早巻き、ステイで探って、反応がでたら誘い下げと考えていたが、どうにも、こうにもさわりもないと自分のやっていることにどんどん自身がなくなって来る。



ここで迷って底で待つ釣りをやると自分のリズムがくるってしまう、横で御長老はシェイクしながら待ちの釣り、いつも冬場大きいのが出だすころにタチに通われるとういだけあって明らかに型狙いか?



オイラはとりあえず本日の課題に忠実にとつけた変化は、自動ずる巻き3程度で早巻き追加の、ステイの代わりに誘い下げ。



とりあえず一匹目はこれで来た。(・∀・)



ツーンと下に引っ張る当たりにすかさず合わせを入れる。

おまつりしながら上がってきたのは90cmサイズ



30分後に同じやり方でもう一匹

しかし釣れた棚が65mと50mでかなり差がある。

なかなか棚が絞りきれない。

この時点でトモの方でもトップが2、3本というところ、本当に全体が低調だ。



潮回りしてきた白三邦に手を振って、釣果を聞いてみるがみなさん一応に手を頭やオデコにさてておられる。あー白もだめか~先ほどから白も赤も同じポイントを丁寧に探っているが、とにかくいる群れが小さくて、通り過ぎる瞬間その棚を捉える、タチウオに興味をひかせて当たりを出すということができないと釣れない。今の自分の力量ではそのピッタリにあてはまる釣法が導き出せない。



ここで御長老が1本追加、とと…とたんに右隣の大物師さんが二本連釣りのあと一本ばらして大変悔しがっておられる。そういえば、あられれ竿が変わっているぞΣ(゚д゚;)

お話をよく聞くと最初はカワハギ竿で釣ってみようとやっていたが、調子がでないんで使い慣れた旧竿にもどしたところ連釣とか!

この大物師さんイシナギという巨魚の日本タイトルをもっておられる方で、タチウオも月に25日出船という超ド級のドSだけあって、やっぱり自分のパターンにはまった時は連釣り力がものすごい!!

またばらしながらも4本まであっという間。



その間オイラは何をしてよいのやら打つ手なし、自分のリズムまで崩れだした。

最後の最後、夕暮れも近づきようやく底であたったが…

ん?「フグだよね…」

でジエンド。結局最初の1時間の2本だけにおわってしまった。

IMG_20131201_162919.jpg




港に帰ると、赤三邦の竿頭は4本。

大物師さんとじゃまさんは厳しい中お見事。

あとは大体のひとが御長老や私のように1~2本しかも、みんな細くてm級はでていない様子



っとところが、帰ってきた白三邦はΣ(=°ω°=;ノ)ノ型は1m以上が多く、竿頭9、次頭8、三位5本ですと!?



こりゃホントにワンチャンスをものにできたのとできなかったの差運もあるけどやっぱり、少ないときに確実に取れるのは腕の差ですと感服いたした次第であります。



三邦丸でドラゴンバトル決勝進出の方々ぜひ頑張ってくだささい1月の泊新年宴会ののとき、いい話のネタに(*^.^*)



とういことで今回はあんまり勉強にならんかったなあと嘆きながら加太の海を後のしたのでありました。



終劇

スポンサーサイト
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイトやっぱり懐をふやさないと(T_T)反省しきりのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。