スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FuneDuriCLUBはドS!とドM? 
2013.12.04.Wed / 23:16 
IMG_20131201_123235.jpg

加太といえば、小学生のころ親父殿にビシマの鯛釣りで鍛えられた思い出の場所。

予科練上りの親父殿はスパルタというより軍隊的にタイタイと教育するもんだから、それ以来オイラは鯛が嫌いになってしまった。(笑)



じつは今回編集部さんに三邦丸さんでやりましょうよ言いだしっぺは他ならぬオイラ。

タチウオバトルを盛り上げるためにもぜひFuneDuriCLUBから参加者が出てほしいタチに関しては凄腕のかたがたくさんいらっしゃるのだからと思ったからだ。



しかも、今回お仕事で今回参加できない「ミヨシーズ」の相方やまさん(仮名)が前日に神戸沖で好釣果を上げておられる!!
ヾ(@°▽°@)ノやった、こりゃ竿頭30行くならオイラの20も夢じゃない。

…と港に着くまでは思っていた。




今年もよろしくおお願いしまーす。

と、一年ご一緒させていただいた皆さんにご挨拶。

「おいおい、今年はあと一か月しかね~よ。」

と御長老様(仮名)からつっこみが入り和やかムードではじまったと思いきや晩グラーさんがやってこうのたまった。

「先日竿頭3本です。(。>0<。)ツ抜けできたら本線出場確定!」

うわちゃー寒冷前通過後の荒れから爆ってたはずなのに…もう群れ通りすぎちゃってるの!?

これじゃあ竿頭10としてオイラの合格点は5本前後か!?




二期生のじゃまさんはちょっと勘違いされてるかもしれませんが(笑)

おいらの実力…マジこんなもんです。(;´▽`A``




釣りが上手いとか下手とか、魚がおいしいとかまずいとかどうも主観でとらえて話を始める釣り人は多いです。

俺は船釣りのベテランだといってみてもその目安ってどうなんでしょう?


たとえばこんな話ダイバーは自分の年の数だけ潜ればようやく独り立ちとか言われます。

船釣りってどのくらいで、一人前なんでしょうか?




私、キャリアだけは20年以上ありますが、月1回行ったとしても年12回

多い年でも最大30回ぐらいです。

振り返ってみれば、受験や就職等でで船にのってない年もあるのでまだ生涯船釣り回数250回ぐらいだと思います。




で前のブログのどこかにも書きましたが私がS級、A級、B級とランクわけしている釣り師の基準年間釣行回数でいうと…




S級は年間100回以上船釣りに行く人

A級は年間50回以上

B級は年間12~24回

後の方は残念ながら初心者です。




とならば、S級の3年分にも満たないキャリアなんですよ(笑)




ただ、この業界昔からの習わしで上級者の方に限って秘密主義で上達法が広範囲で流布しないことが多い、まあ地域性が多きこともあるんで釣法事体狭い範囲のモノではあるんですが。




そこを逆手にとって、S級上級者をうまく捕まえて主催者として釣技情報を公開してもらい、皆でその釣りの素晴らしさを理解してもらうことで、楽しさを共有し盛り上がって行ってたのが、東京湾のブロガー集団「オデ協」こと[東京湾オデコ協同組合=金太郎飴ツアーズ]だったんだなと今振り返って思います。

そして、そこで証明できたことはちゃんと正しい釣技を知っていれば情熱のある方ならほとんどB級クラスの実力からはスタートできるといことです。

それは釣果という形で如実に表れる。

竿頭半という釣果目標値は正しい理解さえあれば結構難しくないんです。




というこで、東京湾のみんなのオイラへの評価は

「あめちゃん釣りは下手だけど、あめちゃんと一緒に行く釣りは面白い!!」だったのでした。




だから、関西に15年ぶりにもどってきたときは困った~。

だって、関西の乗合船に乗ってきずいたことはオイラみたいな中間層が薄くて、少数のS級とほぼC級以下って層で構成分布ができている。

なぜかというと関東よりボート釣りも盛んで上級者が手前船頭のプレジャーやミニボートに行ってしまうとうのがあるんでしょうね。




FuneDuriCLUBに入ってよかったと思うことは、やっぱりこの数すくないS級の方々と竿を並べて釣れること。

今回、やまさん(仮名)がご欠席でも自らミヨシをえらんで、今回の両隣はもちろん年間釣行回数100回は十分経験されているであろう「ドS」なお二人だ。




といことで、「ドM」と「鎧のイワシ」のキーワードを残したままで~

TO BE CONTINUE~(ノ゚ο゚)ノ

スポンサーサイト
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイトFuneDuriCLUBはドS!とドM?のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。