スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終戦 胴突き VS テンビン 北淡のカットウフグ 
2013.11.27.Wed / 06:42 
なすすべのないまま急流と強風の中で釣りが
だんだんおさままって来たのは開始から2時間ぐらい
経過してからだった。

籤運よく左舷後ろから2番目にいたせいで、糸を繰り出すことが出来
わからないながらも魚の活性で釣れていた状態から、
だんだんと糸が斜め45度くらいで着底すると同時ぐらいで
ほとんど餌をツンツルテンにやられる状態となった。

今回船宿さんから提供があったエサは5cmほどのウタセエビ
自分で持ち込んでいるのは昨夜剥いて旨味調味料をしたアサリと
カットウ用にアルゼンチンアマエビだ。

ウタセエビは一番食いが良いが餌もちが悪い
アサリだと着底後、数十秒は持つ感じ
海の中はカワハギでいっぱいなんだろう、トラギス、ササノハベラ等
外道の当たりは一切来ない。

ここは、基本に忠実にカットウフグ+カワハギの底釣りの釣法コラボで
やってみる。

①まず、着底と同時にタタキを入れる。
☆これは誘いというより、着底の糸のたるみの間に餌を食われない防御のためだ。

②タタキから聞きあげて、テンションを+2ぐらいまでかける。

③ここからキキ下げてテンション0でとめ、そこからテンション-3ぐらいまで
 たるませ釣り。

④ここで糸が流れるあたりがでなければ、テンション0にもどして30秒

⑤そして、タイム釣りの空合わせを入れて、竿を頭の上まで持っていき停止で
 フグのサワリが出ているかを確認して、サワリがあればそこまでフグを連れ帰り
 ながら、着底後合わせを入れて掛ける。ダメならまたタタキを入れるが
 今日はもうこの時点で気づかなければほとんど餌はないと考えた方が妥当だ。

フグとカワハギの当たりの差はオイラにはほとんど判別つかないが、
カワハギは②と③の間でほとんどが食ってきた。
まあ、カワハギ釣りとしては非常に楽な展開といえる。

フグはテンション0の時とカットウで掛かるが、胴突きのカワハギ仕掛けに掛かった
時が大変でほぼ80%糸を食いちぎって逃げてしまう。
これが無ければフグだって30近くはいったはずだ。

むむむむ。

これは、胴突き仕掛けにも工夫が必要だぞ…

試しにフグ針の野毛屋胴突きフグ仕掛けをつかってみるが…ぱたりとアタリが減った
やっぱり針がフグ針だとカワハギが吸えなくて、餌をついばまれてアッという間に
ツンツルテン。

カワハギ仕掛けのハリスに蛍光パイプを入れるのが一番初めに思いついたが
それでなくても短いハリスの胴突き仕掛けでどうなんだろうな…と周りを見渡してみる。
風も収まり、だんだん薄日が差してくる寒冷前線も過ぎたようだ。

そういえば…と思いついたのが、12月船釣りクラブでお邪魔することになった加太の
三邦丸さんでつかわれているテンビン仕掛なんかは?

東京湾や相模湾みたいなハードコンディションでテンビン仕掛けでカワハギやフグをやったら、
あっという間に丸坊主だろうけど、これだけ魚がいれば我先に食おうとする高活性が
生まれて、ガンガン餌を吸いに来るせいでほぼ向こう合わせで釣れてしまう。

となれば、張りがあって吸い込みにく胴突き仕掛けよりハリスがふけているテンビン仕掛け
の方が俄然アタリが出やすいわけだ、さらに瀬戸内の潮の速さもこれに手を貸す…

うさぎ屋のちらしカットウも荒川屋のキス胴突きももとわといえば、いかに釣りやすくするか
考えて作られた仕掛けだもんなあ…。

こんなことを考えているうちに、ほぼ潮も止まり今度は今までトモ方向に流れていた潮が
払い出し方向に流れ始めところでジ・エンド

釣果の方は途切れることなくカワハギは30、フグはハリス切れがあまりにも多く6でとどまった。

俺頭はカワハギ30フグ10だったのだ下
初めての釣行で仕掛けをいろいろ試しながらこの釣果は合格点としましょう。

次回はこれを踏まえてまた対策立てて次回…と思って、今日の釣果を確認していたら
れれれ?フグが増えてカワハギほとんど釣れてないぞ??

あーそろそろカワハギいなくなってきたな…やばい次回行ったらまたまた違う世界が待ってるの?
まあこれも
釣りの面白さの一つです。


スポンサーサイト
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト最終戦 胴突き VS テンビン 北淡のカットウフグのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。