スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
船釣りフェスタ と アリゲータ技研さん 
2013.09.12.Thu / 00:06 
8日の日曜日 京セラドームの船釣りフェスタに行ってきました。

子供たちは「ちりめんモンスター」が大好きで、去年に続き大喜び。今年は綿菓子、型抜き、すくいモノ(スパーボール他ザリガニまで)とパワーアップしてたので楽しめたようですが…

とーさんは、ん~となってアリゲーター技研の営業さんと話し込んでいました。

文化としてカスタムロッドが無い関西、営業さんご自身どんな釣りに使えるんだか…わからないとおっしゃる。

いやこれ、本当にはだしの国にやってきたセールスマンの話。
誰も靴を履いていないんだから、靴は売れないと考えるか?それとも履かせられたらブルーオーシャンか?

もし、あの時のアリゲーター技研の営業さん、このネットの海でとどくかどうかはわかりませんがお手紙を便に入れて流します。

問題は商流とプロモーションだと思います。
従来のメーカー ⇒ 卸問屋 ⇒ 小売店 じゃだめ。
だって小売店が、提案営業できないんだもん!!それこそこの竿なんにつかうの??ってなる。
だけどそれが答えです。

いままでになかった販売先で販売してもらいましょう。
それは、船宿。

あめちゃん流、マーチャンダイジングならこうです。

まず、アリゲータ技研の竿で関西の船つりにあてはめ、使える釣りを探します。
私のお得意な釣りでいうとそう、椿の深海釣りで「バチスカーフ」としましょう。
たとえば代々丸さんあたりに直接持ち込んで試釣りしてもらって、釣り宿のHPに掲載
ネット販売とする。
物流は相模原の倉庫からエンドユーザーに直送、伝票は代々さんを通して船宿にも
マージンが落ちます。

これ、今までの釣り具にない商流。きっと船長も目の色変えて竿売ってくれると
おもうけどなあ。
これ、カスタムロッドのメーカーだからできること、ゆくゆくはその船宿の
釣りの竿をアリゲーター技研さんがつくれば、ちょっとしたチュウニングで商品開発費用を
押さえて、確実に売れるものが完成!!

さてここでもう一つ問題
2002年 1670   2006年 1290  2008年 1120 2010年 940
最後は2011年 930 ってなーんだ。

単位は万人

これレジャー白書の釣り人口の数字 確実に減っている

というわけで、船釣りフェスタの釣りガールトークショーがさびしかった
お客さんぱらぱらしかいない
美人さんなのに売れないアイドルほど可哀そうなものはないです。
朝のタチウオの生態の話は、満員の人だかりだったのに…。

ん~これも、ターゲティングの誤りから起きてるような気がする。
ザ・ゴールじゃないですけど、客はすでに見えている。

釣りフェスタに入ってくるお客さんは…ライトユーザーはいない。そう考えると

ヘビーユーザーばっか、だから、タチウオをどう釣るか?ってことにはすっごい興味ある
けど、かわいい女の子がいくら、釣り初めてやって感動しましたって言っても興味ないんすよ。

だから、彼女たちの立ち位置は外。
もし、あんな綺麗な娘たちが釣り竿もって、京セラドームの回りうろうろしてみ!
皆注目するよ「釣りガール」ってやっぱはやってるんだって。(笑)
これは、ライトユーザーを市場に引き入れて、購買用を高めていくこと。

まえに、大阪湾の船宿さんはヘビーユーザーマーケティングに偏りすぎてて行かんと書きましたが、このごろどうして、釣り人家さん、上丸さんのグッドプロモーションでここらへんの流れが急速に変わりつつありますし。

とか、自分の仕事の領分でついつい物事を考えてしまします。






スポンサーサイト
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト船釣りフェスタ と アリゲータ技研さんのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。