スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「明石 タコ釣り 船」 進撃の章魚 第8話 早潮編3 
2013.07.28.Sun / 20:58 
では、明石の船マダコ釣りのタックル…私の場合は?
というと…これが
まだ決まらない(トホホ)

極一部の常連でジギングタックルが流行始めたのが
丁度こちらに私が来た5、6年まえ
結構張りはあってもまだまだ穂先は効いてない、
青物のスピニングタックルが使ってる人が多かったんですが
それが、だんだん穂先の効くモノに代わってきてるのが
ここ2~3年の傾向です。

私は実は二種類のタックルをケースバイケースで切り替える
という方法で、自分の釣技の無さをしのごうと必死(笑)

で、早潮時のタックルはというと
1.5mのグラスソリッドの先調子8:2 錘負荷50号の竿です。
これは先の名人の竿に調子的には近い。

これでPE4のベイトリールを着けて使う。

前回も書いてクドイようですが(笑)
速い潮に流されないようにするために大切なことは、
バランスのとれた糸と錘を使うことです。

錘を軽くすれば乗りはわかりやすくなるんじゃ?と軽めの錘を
使う人がいますが、これ道糸が太いと逆効果。
錘を下げた分糸も細くしないとバランスが取れない。

じゃあ、太い渋糸で60号とか80号の錘を使った手釣りでも
バランスが取れてるからいいんじゃないのといわれるかも
しれませんが…そこは、小さい新子が乗った時にわかりやすい
と言えば…60号バランスより40号、30号となることは
明白ですよね…

それに、
テンヤを底に着け、糸をだして引きずる調整をすると…
ゴトゴトテンヤが海底のゴロタ石に当たる感覚が増してくる。
これが潮がだんだん早くことを手元でも感じるサイン。

これが、わかることが結構重要です。

振動が速くなればなるほど、早く船が流れてテンヤを早く引きずっている
証拠です。

この時のテンヤコントロール、実は私も全く実際にはできてい無いんですけど
たぶん名人はこうしているだろうと予測して書きます。

答えは「浮かず、引きずらず。」

まず、テンヤが底から浮いてしまってはタコは乗りにくい、
これはわかりますよね。

でも、引きずると…ゴロタ石に当たってテンヤが跳ねるんです。
高速で引きずられ始めたテンヤ跳ねると、もうタコは暴れ馬に乗る
ロディオ状態

つまり、引きずられる速度でできるだけ底をなめるように
テンヤを移動させる。
これが、たぶん早潮時にS級者がやっているテクニックだと推測しています。

そして、やっぱり「郷に入れば郷にしたがえ。」なるほどなあと感心したのが、
明石でつかわれるタコテンヤの形。

これ、やっぱり地元の釣具店で売られている、細身の竹製のモノが一番いい。
量販店で見かける中ではハヤブサさんの「タコのツボ タコスルー」
私的にはこれが一番でした。
そして、絶対針の間隔は広げたりしないこと、この二本ほぼ平行にそろって
ソデの長い形状が早潮時一番有効テンヤを安定させられます。

いやほんと、あめちゃんのことだから無駄な実験いろいろやってます。(爆)
紹介しましょうか?面白いから。

①東京湾、横浜タイプ
 錘がテンヤの頭にあるタイプは、頭がゴロタ石にぶつかって痛い痛い(泣)
 テンヤ跳ねまくります。

②小さければ新子が乗りやすいと試したスミイカテンヤ
 ダメです、これも跳ねまくり。

③錘直かけ針の富津タイプ
 マイナーなテンヤ知ってでしょ(笑)まあ言わずもがな。
 これはそこの硬い平根用ですね。

④初めて見たとき小踊りしって導入した正に凶器 浜名湖多かけ針タイプ。
 大きなかけ針の間に小さなかけ針があるタイプですが…
 じつは、遅い潮、新子大蛸混在の時だけ使えるんですが、
 力が分散掛かりにくい欠点もあり。それに乗りも悪いような…。

⑤その他プラスチックテンヤ
 ほぼ、おかっぱリ用と考えていいでしょう。
 テンヤの幅が広いほど早潮時は不利、例の転倒防止ウイングも私は試して
 逆効果かなあと感じています。

というわけで、軽い錘で早潮時「浮かず、引きずらず。」
ができるテンヤを理想とします。

ん?っじゃあめちゃんなんでこの日、テンヤの号数あげてるのよ?
と思われたと思います。


よし、辛抱の釣りと決めて今まで使っていた40号テンヤを50号まで落とす。

実はこれが、この日は潮が速くなってもタックルチェンジできなかった…
というわけで、次は名人の後ろに入ってしまったら…
というお話です。
スポンサーサイト
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト「明石 タコ釣り 船」 進撃の章魚 第8話 早潮編3のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。