スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家島の船キス  第一話 キスより簡単なわけないじゃん!! 
2013.07.08.Mon / 22:38 
いやーこの釣り面白い
テンヤタチウオと同じく、この釣らせかたのルールだから、難易度が上がってハンディ戦になるから面白い!というわけですが日曜日行ってきた、家島の船キス釣り!
これ、まじめにやるとたぶん、絶対ハマる!!

ただ今、自分の腕と知識を磨けば釣果に結びついてくる明石のタコにははまっていますが(笑)
この釣りも釣技がもろ出る釣りです。
はっきり言ってこの家島の船キスだけは釣果の方程式が成立しない。
100場力+10釣力=釣果

え?船は?=船力は0だから何を足しても結果変わらない。
行ってみて元釣れ師匠がおっしゃってた「投げると船長に叱られるからね。」の意味がわかりましたよ。

そりゃあ、スパンカ無い! キールがぺったんこ!
さらにサイドスライスター無い!船はフリーどてらしか流せないんだから、
スピードは潮、風当たりまかせ…突然風吹いたらキリキリ回るし、まして普段は乗合でいっぱい人乗せてるわけですから、風吹いたらお祭り、潮早かったらおまつり、おまつり、おまつり、おまつりですよ。

ほんと船頭さんはすっごい船で舵取りしてるんだなあと、いやこれは本当に船頭の腕をほめるべきです。
とキッパリ
で、このハンディがあるからこそ、よっぽど条件がそろわないと引き釣りなんでできない。
で!考えられた釣法が「コヅキ釣り」

中乗りさんは「関東のアナゴに近いでしょ。」おっしゃってたが、私の感覚カワハギに近い。
それも、和歌山でカワハギやるよりアタリが出るので面白い!!
そして、アタリ出るのに針乗らない!
ひーひーっと
と思った次第であります。

釣果の方は俺頭どうり34で終わったんですけど、1/3がわけがわからず釣って、
残り1/3タタキの後、出た当たりを放置向こう合わせで釣ったんですが、これじゃあ
絶対釣果は伸びない、何か秘密があるはずだと思ってうずうずしてます。
まず、いまのままだとキスが餌を吐き出そうともがくブルブルアタリしかわかんないんで
どうしたら、前あたりが(吸い込みアタリ)がわかるようになるか?
これ胆だなきっと。

あっちなみに最後の1/3は、スーパーミヨシでこっそり気づかれないようにやっていた
錘15号、スピニングリールにキス和竿を使った引き釣りの相模湾釣法。

潮どまりの時だけやれると判断して、機会を狙ってやったんですが、ばっちり
船の中アタリ止まってても、こっちには正常に穂先を抑え込むようなキスの吸い込みアタリ
がでて、スーッと聞き合わせするとブルブルっとかっかる。
快感

つまり、キス場合は相模湾だろうが、瀬戸内海だろうが生態も捕食行動もおんなじで
ただ、船の構造状、エンジン流しができないんで違う釣りになるってところがやっぱりおもしろいなああ。

いままさに、そのハンディを克服できるびっくりドッキリメカを考案中。

スポンサーサイト
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト家島の船キス  第一話 キスより簡単なわけないじゃん!!のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。