スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嘘つきで親不孝息子のテンヤタチウオ釣り その7 
2012.12.08.Sat / 12:01 
今回の船宿さんは、海新丸さん。
ビックフィッシングなどでもよく取材協力されている、泉佐野では老舗的存在。

①老舗→②長年の手練れの常連多し→③一見さんの新規参入は難しいという状況がある場合も考えて
おいら自身は、代替わりした若船頭の宿とか、新興勢力のに居つくことが多いが、
昔は、ハル父さんほかスーパー常連さんのブログ仲間がいたので、老舗宿にも大手を振って〇〇さんのご紹介です~。と最初からワンランクアップでいける特典を生かせた。

そういう意味では、「TURISOKU FUNEDURI CULB」に入ったことはそれを補っていただけているとおもう。
初めて知らない海で船に乗る場合、船宿選びは大変で、まだまだお客をお客と思ってない船頭さんもちらほらのこっているからなあ…。
おかっぱりの人が船に乗ったら釣れるだろうと思って船釣りをやってみようと思っても、一人ではなかなか敷居が高いのは、大阪湾に船の数が少ないのと同時に環境が整ってないことも強いと、サンちゃんと話していたことを思い出す。

さて、船に乗り込み準備だ、準備!

使用の竿は前回ご紹介したが、リールは10年前の…リョービのSS500とした。
まあ、いつものようにハイパーレギュレターバッテリーでアンペアを上げてやれば、古い電動でも十分高速対応。あとドラッグ性能ではこれに勝るものは無い!

そして、仕掛けは関東式にフロロカーボンを3ヒロをリーダーとして、FGノットで連結。
関西に来てジギングもやるようになったので、ラインシステムを覚えたことは釣りおやじとして一番の進化かな(笑)

ワイヤーやヒカリ物は装着なし。
そして、テンヤは…これ必死にさがしたんですが、ヘッドの形もごつごつしてなくて、イワシを固定する突起が前一本だけのやつ。

丸おもりで40号の重さを探したんですが、どうしてもないのでこれとしました。

20121111080959.jpg

そして、イワシの取り付けかたなんですが、
針を頭だけしか巻かない、いままでだれもやってない新登場オイラ式(爆)

えーそんなことしたら、タチウオに噛まれたら一発でイワシがバラバラじゃん!!

ソノ、トウ~リ!!

つまり、この時点で釣りの中で一番大事な「手返し」の部分を排除する大英断地下鉄。

釣りが下手なオイラは、どうせ数でいくと竿頭の1/4程度の釣果が俺頭なんだから、実家のかあちゃんに指5本以上のタチウオを食べさせるべく、確実に大きなタチウオの小さい「モタレ」をとらえて掛ける一発勝負。

頭だけしかしばってないから、イワシはフラフラ自然にうごいてアピール力は抜群だし。
イワシはだめになたらすぐ交換できるように、自前でも30匹準備したし。
餌ばっかり替えて時間がとられても、それは重税としてあきらめよう。

とまあ、ここまで出船直前に考えてやっぱ…

弱気になった。

そして、とりあえず…


邪王真眼のサーバント!!
ニョロニュルハンマー~~打っときましょう(爆)





20121111081134.jpg

はい、おとなりで〇本さんが不思議そうに、「これなんですか?」と聞かれていたのがコレ。

「どうゆう針なんですか?」

「こうゆう針です。」

「いやだから、どういゆう針なんですか?」

「いやだから、こうゆう針なんです。」

「ええい、だからどないやちゅうんねん

というCMでおなじみの(ないない)こうゆう針です。

これ、新安浦のこうゆう丸さんが、食い渋りのタチウオに対抗するために開発したアシストフック。

ただ、オイラがこれを使ったのは尻尾をかじられた時でも掛かると言うよりは、頭しかテンヤにくくっていないイワシの姿勢をきれいに保つため、かじられた時の身くづれを防ぐためといったことが目的でした。
と弁解しておきます。
結果→1/7で一匹だけアシストにかかりましたけどね。

20121111152259.jpg

ということで、いよいよ大荒れの小島沖に到着、一投目投入です!!

スポンサーサイト
* テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
----

禁じ手を使ったわけですね w

- from けんさん@埼多摩 -

   非公開コメント  
スポンサーサイト嘘つきで親不孝息子のテンヤタチウオ釣り その7のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。