スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嘘つきで親不孝息子のテンヤタチウオ その6 
2012.12.06.Thu / 23:23 
20121111192817.jpg

いよいよ、釣行記に入ります!

時は11月11日日曜日 朝から雨が降ってるよ~と思いながら出船の確認電話…。

「出るって…」とにゃん太郎に言うと、ああ行っといでとキッチンから冷たい視線で手を振られた…。
まあ、雪が降っても、台風が来ても取り合えず、船さえでれば海にいくそれが修行といううものだ(爆)
ならされちったなあ…雨男の師匠をもったばっかりに…。

しかし今回の「TURISOKU FUNEDURI CUB」にも嵐を呼ぶ男がいるんだろうか?
と思いながら、湾岸高速を南へと走る。

とにかく、コンディションはすこぶる悪い、東風も吹くからさしもにスパンカは上がるだろうけど、トモ流しかなと読んで、右左は下げ潮?上げ潮?でもポイントわかんないから、まあこれも無策でいいや…と、まことに、潮風は大雑把にしか考えなかった。

だた、気をもんだのは道具

その5でも書いたように、タチウオがテンヤにかみつく瞬間がわかる竿がいる…。
ここで選択したのが、「リーディングXリアル195Ⅱ」まあ、ありタックルの中ではこれが精いっぱい。
もともと、ヨヨさんのアンダーベイト用に買った竿だが当時で出した変調子の竿。
40号負荷なら、一応穂先は効くだろうが…
たぶん、複雑なあたりはとれないだろうなあ、と予測する。

そして、スタートの日記でも
理由②
湾フグ同様、前あたりを採って掛ける釣りは、シューティングゲームべたな
私には、授業料が高くなりすぎて、釣価が上がんない…。

と書いたように、運動神経悪くて、もともと「掛ける」釣りは大の苦手オイラ。
ここはヤマをハル手に出た。
これ、やると外れると怖んだけどね~。





私が取れるであろう「モタレ」の出方は、穂先が少し。それこそ1/3程度沈んで戻らなくなる、約1秒間くらいの間。これ、タチウオがテンヤを銜えた瞬間ホバリングをかけた状態と想像しておこう。

あと食い上げたり、首ふられても、たぶんわからないし、合わせるタイミングは計れない…。

それと、コツン!と出るあたりでは合わせない!
これは、離す時に出るあたりと想像して、逆に合わせると次の銜えるチャンスを減らすことことになる。
いろんな当たりが出るだろうけど、素人なんだからそこは、見極める基準をもって試してみよう。

というのをまず決めた。

さてされ、何年ぶりだろか?小学生のころはよくカレイ釣りに来た食品コンビナートに到着。
「TURISOKU FUNEDURI CUB」メンバーの方々はとさがすと。

あれあれ?あれって阪神〇釣クラブのメンバーの方々じゃないの?
自他ともに認める釣りオタクあめちゃん、釣りメディアは欠かさずチェックしているので、テレビや雑誌によく出ておられる方々は見覚えがある。

わーこんな上手い人の中で二回目のテンヤタチウオやるの恥ずかしい…と緊張しだした。
間もなく、編集の方々もそろわれてごあいさつ。
これからみななさん1年よろしくお願い申し上げます。

うーんこの中から新しい釣り友はできるのだろうか、できれば一緒に、オニ、アカムツ、キンメにご一緒してくれるような。
スポンサーサイト
* テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
----

時化でも細かいあたりが取れるものなの?
っていうか取らないと釣れないのか (-_-;)

- from けんさん@埼多摩 -

----

いやこれを取るのに必死だったわけですよ。
ハルちゃんが言ってましたが、風のある時は糸では取れないから、やっぱり穂先だって。そのくらいのもんです。はい。

- from あめちゃん -

   非公開コメント  
スポンサーサイト嘘つきで親不孝息子のテンヤタチウオ その6のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。