スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまた修行の旅となるのか? 国崎のヒラメ その1 
2012.12.04.Tue / 23:15 
出船するの風13m

国崎のヒラメは前置きがなくていきなり釣行記だよ~ん。

さて、午前1時に村重の城跡の前を出発して、途中バールロードで迷いながら港に着いたのが4時。
「さむ~。」
天には星がピカピカ光っていて、晴天だが…風がとってもキツイ。

北西だから、陸から来る方向だけど実は日本列島って、濃尾平野のところだけ琵琶湖あって、高い山がないから、日本海側の風が吹き抜ける。
海上保安庁に気象情報にアクセスすると…なんと 伊良子岬で風速13mじゃなイカ(イカ娘風)
これは大変でゲソ(イカ娘風)

ついに経験するのか!
あの伝説の港解散を!!

いや、元釣れ師匠との修行のなかでも、釣り時間30分はあったけど、港解散はなかったよなとこころの中で確認してみる。

うう~ん、大王崎回れば風裏で風速6mになるけど、これじゃ船が万一出ても使えるポイントが限られて苦しい展開になるのは必須だなあ。とまたまた、前回のタチウオに続き修行系の予感。

しかし、5時をすぎると船の明かりも点き始め、やる気満々の皆様が集まり始めた。

前回、ちょっとお話できた、〇〇さんと…〇〇さんは…  居られない

えーっととりあえず、まあおとなしく幹事さんが声掛けするまで待っていようとぼーっとしていると
〇村さんと常連の方がお話しているのが聞こえてくる。

 「えー今回、女性陣はだれもこないの~。」
 「そうなんですよ。急用がお有で、キャンセルになちゃって。」

うーん、やっぱりこの距離はキツイかな…(オイラの心の声)

 「言ってくれたら車出したりするよ~。」

みなさん、気を使ってこの会を盛り上げようとしてくれているのに…やっぱ…いまいちツキが回ってこないこの天気…

さああ、でも気合い入れていこうと朝の挨拶の円陣に入った。
さて、あいさつの後は釣座を決めるくじ引き、番号が書いてあってそこに座る形式だが、経験のない釣り場では潮も読めないので、ここは呪いにすがって、とりあえず気合いでジンクス=「ヒラメは〇」と心で唱えてくじを引く…2番

やった、「前」だ。
そう格言、「ひらめは前」これ単に私の迷信(潮と風で船の流れる方向は変わるから)なんですけど、鹿島から大洗にかけてやっていたころは、なぜか前の釣り座での大釣りがけっこう多かった。
ここは、過去の成功体験をイメージしながらやってみようと思ったんだけどはたしてうまくいきますか…


スポンサーサイト
* テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
----

港解散? 3回ほどありますが何か?

- from けんさん@埼多摩 -

----

えー3回しかないんですか?そのうち、AB丸と御前崎は覚えてますよ。

- from あめちゃん -

   非公開コメント  
スポンサーサイトまたまた修行の旅となるのか? 国崎のヒラメ その1のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。