スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そろそろ秋ですね~ 
2007.09.03.Mon / 23:40 
カットウ河豚交流戦


あれから一年…いよいよ季節がめぐってきましたね…。

 そして今年はコレ!!

参加賞




 皆さんがんばってください、今年は影ながら応援しています。

そして先週、かもめ亭にお集まりのみなさんありがとうございました。
そして、あれから数日後、ちょっとお休みをもらってやっとデビューしてきましたよ。

 関西沖釣りの雄!明石海峡


明石デビユー

そう、あの屋根のある船!!

屋根のある船


狙いは8月一杯で最終となったマダコとやっと大阪湾に入ってきたばっかりのシーズンインしたてのタチウオリレー船

結果は双方一杯一匹の型をみただけだったんですが…竿頭も双方一桁だったのでこんあもんかな?と…

それにしても空母のような屋根のある船に満員の43人乗るのが普通。

マダコは水深8mでオモリ25号のまるでイイダコみたいな竿釣り。
タチウオは逆に50号のでっかいテンヤにイワシを丸ごとさして水深55から45mで、誘いもなくただズル巻き…。

という、今までとは常識がまったく違う釣り場にどぎまぎするばかりでした。
うーんこれからやっていけるだろうか…

こちらも9月からイイダコはシーズンイン。すでに100を越える釣果が出ています。
さて、次はどこにいこうかな?

今年は行ける回数も少ないので、とりあえず広く浅くやってみるつもりです。

スポンサーサイト
* テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
----

お~!やってるね~!!!

しかし文化が違うと釣りスタイルもちがうものですね。

- from ハル父 -

--ところ変われば--

 ふぅ~ん、全然違うモノなのですねー。江戸前を持ち込んでは太刀打ち出来ないモノなのでショーか?

- from としぼう -

----

屋根付・・・・遊覧船みたいですなぁぁ~♪~(笑)

釣物が同じでも 場所場所で 仕掛けが違うんですよねぇぇ~・・・なじぇ??♪~(笑)

水深、潮の流れ等が 変わらなければ 同じ仕掛けでも 良いと思うんだけれども 錘の重さ勝手に変えるのは いけませんものね♪~
 

- from (ふくさん(会員番号3番) -

----

タチウオは地域によっていろいろな釣り方があるみたいですね
駿河湾じゃあ、マダイを釣るみたいに置き竿釣法だし。
こっちじゃあ、積極的に誘って食わせる釣り方だし。
せっかく関東の釣りを覚えたんだから、そっちで試してみては?

- from けんさん -

----

へぇ~面白いですねぇ~
数少なくても濃いレポート楽しみにしてますね。

それからまた出馬表をつくってくれるのかなぁ?にひひ

- from にゃみ -

----

ハル父さん
 そうなんです。文化の違いコレはとてつもなく大きい。こっちは阿波藩が武士に磯釣りを奨励して居たことからもおかっぱり天国。江戸前の旦那衆が培った文化とは…。

としぼうさん
 で、基本的には太刀打ちできない…なぜなら船の流し方…操船が…違いすぎます。
これはタチウオでは明確でしたねえ…。


ふくさんへ
 そう、潮の流れ違いが大きいと思います。東京湾では走水並みか以上の潮流が海峡全体を支配します。

けんさんへ
 でも、けんさんの言うとおり応用は出来ると思います。それは、地元の釣具やでイイダコの話を聞いていても解りました。

にゃみさんは
 下馬評?今回はメンバーシークレットじゃあ??

- from あめちゃん -

   非公開コメント  
スポンサーサイトそろそろ秋ですね~のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。