スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風の日はお魚を見に行こう!葛西編3最終 
2007.01.09.Tue / 23:50 
東京湾の大水槽を見終わればそこはいったん野外。
ペンギンさんたちがいるんですが、まあそこは適当に見して流して再び屋内へ。今度は企画展示の大ホールです。今回はクマノミの生態ということで紙芝居をやってました。そう、水族館は教育の場でもあるんですね。

★話は横道にそれますが、私神奈川県茅ヶ崎市にお願いしたいことがあるんです。
それは、服部名人コレクションを中心に日本の遊漁の歴史を納める釣り博物館設立
雑誌上でも連載されてますがぜひ実際に展示されて見れるとすばらしいと釣り教育の場になると思うんですけどね。
投げ釣りの歴史「キューバ」「ホノルル」と「93」「純93」とか!
ちなみに私博物館学芸員の資格持ってますのでその節はぜひ学芸員としてお雇ください

さて、その反対側では東京湾をモチーフに企画展示水槽が並びます。
今再生が叫ばれるアマモ場の再現があったり。
京浜運河の再現水槽には長靴が沈めてあったり芸が細かい。

そして、おやこれは珍しい
アオリイカじゃないですか!

アオリイカ


イカもすぐ死んじゃうのでなかなかタイミングが合わないとお目にかかれません。

なぎさは驚きの声を上げて
「おっきな~目目~」と騒いでいます。
親ばかなんですが、なぎさのこの一言にはちょっと感動。
そう、普段われわれはイカの眼は大きいと見慣れているからそんなことでは感心しませんもんね。
でも、娘はいままでは「おっきー」「ちいちゃい」ぐらいしか言えなかったのに、ここで初めて、初めて見たアオリイカという生物に対して自分の感性で捉えてその特徴を言葉にできた。これは人として大きな進歩だよねなぎさ君。

そうして水族館を後にしました。
もちろんお土産を買ってからね。

じゃあ、もう一箇所葛西といえばという場所に行きましょう!
ほんと、葛西まで来てこの仕上げがないなんてク○ープを入れないコーヒーのようだ!!
観覧車へ


さあもうすぐ到着。
そう、いつぞやも申しましたが
観覧車は男のロマンです!!

あー昔はこの観覧車で熊本産のおぼこい夜オナゴとか岩手産の女教師夜オナゴとかをじゃんじゃん釣りまくって…いやいや。
でもこの風景東京湾を一望するんでホント一見の価値ありなんですよ。

じゃあ、心の中では独身に戻って「碇ゲンドウ」さんのなり替わりに語ってみましょう。

風景


ゲンドウ:「ほら、○○○さんあそこに何が見える?」

○○○:「えっ?あっつさっきまでいた水族館?」

ディズニー


ゲンドウ:「そして、その上に見えるのは?」

○○○:「ディ○ニーラ○ド!」

ゲンドウ:「たまには(魚&軟体動物)をやめて(鼠&アヒル)でも行ってみる?」

○○○:「ううん、私やっぱり海がいい。…あそこへ」

あれ


ゲンドウ:「ああ、また行きたいね。あの二人でくぐった第5橋脚の下。なんちゃってブラック船長のマイクがやけにひびいててっけ。来年はイイダコ当たり年だといいね。」

東京湾横断道路


そして手をとり寄り添う二人。

ねっねっいいでしょ!観覧車!!ほらやっぱり行っとくべきだった

はい、では家族連れはこれにて退散するとするか。

一番星~みーつけた。今日はよく遊びました。
一番星


で、水族館のお土産に買ってきたのは
釣りゲーム
釣りゲーム

お風呂が湧くまでもうひと遊びだねなぎさ。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
----

お土産ホの釣りゲームに、洗脳教育の一端が現れてると思ったよ。

- from ご隠居 -

----

そう言えば あそこのこの観覧車には 一度も乗っていなかったような??

まっ 高い所はあんまり好きじゃないので・・・

昨日 ウマズラのフライを食べました 美味しかったぁぁ~

- from ふくさん(会員番号3番) -

----

そういえばハルちゃんも昔釣りゲームしていたような。。。
磁石で釣るヤツね。

洗脳してたんですね。知らない間に。

- from ハル父 -

----

ご隠居さんとハル父さんへ
えっ!いつも鋭いご隠居が何を世迷い言を!釣りゲームだけじゃなくて、水族館に釣れて行くのも、魚を食べさせるのも全て計画的洗脳教育じゃないですか(笑)
えっ!ハル父さん意図してやってなかったんですか!それであそこまでハルちゃんを、まさに自主性に任せてあそこまでやれるなんて教育者として凄い。そういえば男のお子さんはあまり釣りされませんものね。
子供の教育論については私自身、教壇にたち人を教えたこともあったので語りだせばとまらなくなるのですが一言でまとめろというなら…
「自分の持っている物は全て君にあげるけど、それが重荷で君の人生足かせにならないようにちゃんと注意はしてるよ。」ってことですかね。

ふくさんへ
乗ってください!東京湾三大観覧車では回転が一番安定しています。
ウマヅラはウマいってシャレ?





- from あめちゃん -

----

たまたま趣味があっただけなんです。
第3子は今から、「僚ちゃんもちゅりイチュ~」って言っているけど、本当だろうか???

なぎさちゃんと一緒にチ「ちゅり」できるかな?

長男は食べるの専門。釣るより食べるのが好き。
ハルちゃんは食べるのはずっと嫌いで釣るほうが好き。
本当は長男が弟子入りするはずだったんだけど、何故かハルちゃんが弟子入りしたの。。。

うまくいっているわけではないんです。

- from ハル父 -

----

ウインドウズXPにある釣りゲームはムキになって自分がやってました。
半分徹夜に近いほど。。。。

アイナメは釣れるけどマグロが釣れないの。

すぐにラインがプチっ。
血管もプチっ。v-42

- from 仁兵衛丸 -

--子供さんなら--

なおさら。まさか結婚してから釣りを始めるとは、あたし自身思いもしなかったですから。
大人でもちゃんと洗脳されます(笑

大学はこの辺から電車ですぐのところだったので庭の筈でしたが、観覧車が出来たのは
卒業してからだったっけ。v-406
周りで某テーマパークの年間パスポートを持っている友人はたくさんいましたが。

- from noa -

----

水族館でアオリとはめずらしい!
水族館では、タコは飼えるのに、イカはすぐに死んでしまうらしいですねぇ。

私も水族館大好きですが、品川のEPSONアクアスタジアムも行ってないし、、、
でも一番行きたいのは沖縄のちゅらうみ水族館!

- from 釣りっ子 -

----

ハル父さん
 うちはにゃんタロも魚が大好きだったので、釣りはお土産があるからいいでしょと洗脳し、なぎさは健康によいとお魚を食べさせ水族館やゲームで魚好きに洗脳中です。
洗脳の結果としてちょっとやばいかなと思ったのは…
キンギョを見た娘が「キンメ!キンメ!」と騒いだことぐらいです。

仁兵衛丸さん
 コツを伝授します。あれはなるべく船の近くでヒットさせることです。遠くでヒットさせると糸が出ているのですぐカジキが画面の端にかかってきられたり、巻き上げが大変。なるだけ船の近くでヒットさせるといったん話されても糸に余裕があります。
なんか手返しを早くするためにイカをなるだけ高い棚で乗せる話が出てましたが近い!

ノアさん
 私はにゃんタロを洗脳するまもなくなぎさが出来たんでそれは鉄人さんがかなりうらやましい。
だだうちの夫婦は二人で料理を作ったり掃除したりするのは大好きですよ。そこの役割分担はなぜか出来ませんでした。

釣りっこさん
 ふふふ、エジプトまで行った貴公がちゅらうみに行ってい無いとは面妖な、
まず初めの大水槽はそれこそマンタやジンベイサメmが飛び交い仁兵衛丸船長のブログの上のようですぞ!ぜひ行ってみてください。
あと、大阪南港の海遊館、大洗水族館などお勧め水族館はまだまだあるのでまたの機会にレポートいたします。

- from あめちゃん -

   非公開コメント  
スポンサーサイト風の日はお魚を見に行こう!葛西編3最終のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。