スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外道でもいいじゃないか!? 
2006.03.17.Fri / 20:58 
関東最後の釣行になるかもと考えた時に、
やっておきたい釣りがあった。

勿論、大貫のマダコ、富津のイイダコはシーズンオフ
だから夢はかなわないとしても、今出来るものでなら…
やっぱりヒラメだな。

ほれ竜宮城でも鯛や鮃の舞踊りというくらい
二大スターだし。

鮃と言えば、オイラは日立、鹿島、銚子、南房、東伊豆
と結構いろいろなのポイントを経験して来た。

最大記録は2.3kg、一日最高は4枚とあんまり胸は張れないが
多分、これまで一番軍資金を投入した釣りだろう。

まあ、年二、三回しか行けないから10年トータルでも
20回くらいしか行ったことないんだけどね。

そして、ここ二、三年は全く行ってないんだなあ。
釣り場が遠くて一人だと交通費でもう一回の船代かかるから。
うーむさすがサラ金(サラリーマン金太郎飴の略)的理由。

でも、今回は二週連続の釣行を許可してくれた家族の
ためにも頑張って遠くでも行ってみよう。

あーしかし、今は三月。
「三月鮃は犬も食わん」とか「猫またぎ」とか
言われるあの三月。

まあ、これは旧暦の産卵期をさしてるみたいなので
その点はまだ、お味の方は大丈夫なのだが。

やぱり、この時期釣果はどこも芳しくないというか、
出ても一発勝負!まあもともと一発なんだけど。
もう、釣期も終盤だもんね。

でもやってみたい。最後に夢が見れるから。


で、俺頭は0でもいいんだけど、正直夢で65cm以上一枚としておこう。

この飲ませ釣りの釣り味はとっても面白い。
イワシが逃げ始めて、ビビビと竿先が揺れ始め
ガガガとあたりがあってから食い込むまではらはらドキドキ。
最後にビーン。ビーンと竿が突っ込んで、
さーヒラメとの大一番。
あー最後くらいこのドキドキを感じたい。

でもヒラメ釣りの楽しさはそれだけじゃない。
多彩にアタックしてくるフィッシュイーターたち
アイナメ、ホウボウはもとより

中でもオイラが好きな魚は!
マトウダイ
マトウダイを釣りに行く!

そう、鮃釣りではよく上がるあの外道。

そう「この外道!」なんて、かっちょいい響きなんだ。
おいらちょっとこのピカレスクロマンに憧れていたりする。

道の外と書いて外道というが、価値の無い魚ばかりではない。

確かにマトウダイは日本では魚市場に並ぶことも少ない
マイナー君だが。

関西でキュウセンを捨てないように!
韓国でイシモチが高級魚なように!

マトウはヨーロッパ、
おフランスでは鯛以上の高級魚なのだ。

さっき調べた情報によるとニュージーランド
でもそうらしい。
それが証拠に紀元前のフレスコ画や
バロック絵画にもマトウは描かれている。

オイラは何度か刺身で食べたが、小骨も無く
本当に身がモッチリしていて食べやすい。
最高の魚だと思うのだ。
肉っぽくてお子様向きのお刺身だしね。

今まで魚は火を通してから食べさせて来たが、
なぎさもいよいよマトウで刺身デビューだ。

そして、あのカワハギ並にデカイ肝!
よし、マトウを釣ろう。

お腹に真ん丸に目立つ奇異な的(マト)模様を持ち
餌を取るときビヨーンとのびる馬面の異形な風貌。
釣れると美味しい魚なのに「なんだマトウか。」
って言われるところ。
まさにキングオブ外道。

ビジネス海を泳ぐ外道リーマンのオイラと同じ
シンパシイを感じるじゃないか。

そして、最後は一度やって見たかったあの
マトウのバス持ちにチャレンジだ。

どうなるのかなーどうなるのかなー
やっぱり、口はびよーーーーんとのびるのかな?

ヒラメはだめでも、こんな楽しい外道と遊べたら
言うこと無しじゃないか!
目標!馬頭(ウマアタマ)1匹だ!

さて、マトウが釣れている場所は…
おー伊東でけっこうコンスタントに釣れているじゃないか。
じゃあ早速予約乗り合に電話しーようっと。
スポンサーサイト
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト外道でもいいじゃないか!?のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。