スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メキシカン義兄弟のビバ!アカムツ!(パート3) 
2006.11.30.Thu / 06:26 
そこで取り出したる技ものは。
深場釣り界のカールゴッチ!マルカツ印のコピー仕掛けと、秘伝の付けエサ!

そして、タチウオのときにコッソリ仁船長に教えていただいた、あのピカピカ!ハル父さんもエサ自体に浮力があるから鬼には効くとおっしゃっていたから、こういう短いピッチの誘いにも有効なはずだ!


誘い上げ


もう、外道のアタリは解ったからそれと違うアタリがでるまで、ピンポイントの棚間隔をオーバーしないようにふわふわ、ふわふわ誘い続ける。
こりゃ、中オモリを使わない、底を切ったカワハギ釣りの聞き上げ釣り要領だ。

ようやく左舷胴の間が騒がしくなったと思ったら本命が取り込まれたぞ!!

魚神は必ずここに居る!
諦めずにシツコクやっていると棚を取ってから1mフワリと浮かせた頂点でゴンゴンゴンゴンと竿先をたたくアタリが!

すこしアタリは弱いがこれは本命に違いない。
オイラの慎重な巻き上げが目についたのか、めがねっ子の中乗りさんもすっ飛んで来てタモ取りしてくれた。


小さいがアカムツ


やっぱり本命、チョと小さいがとりあえず神様から一本ダッシュだ!
しかし、これは三本勝負!まだまだと気合いを引き締めて勝負にかかる。


さらに30分今度も、アタリの出方は同じパターンやはり棚から誘い上げでポーズを取った瞬間。ゴンゴンゴン!

今度はさっきより大きい~。

しかし、どうしたことか順調に巻き上がって来るがお助けめがねっこちゃんは後ろのお祭りをときに行っていて不在!

カナーリやばい

アカムツの横口に掛かった針の穴ははもうかなり広がて居るはずだ。

あせって回りを見渡すと、釣れたの?釣れたの?とはしゃいでいるルチャが居るではないか!

アチャ:「ルチャ頼む救えー!」

ルチャ:「へー義兄ちゃん!俺がやるの!??」

アチャ:「いいからやれえー!」

魚が水面に上がるか上がらないかの瞬間ルチャのタモはまにあった。

そしてタモに収まった瞬間針はアカムツの口からぽろり!
セーフ、メキシカン義兄弟はホッと胸を撫で下ろす。

あわててオオドモから飛んで来てくれためがねっこさんもほっ。

アチャ:「ルチャでかしたー!」
本当に他人の魚をタモとりするのはいやな物であるが
ルチャはみごとこの重大な任務をやり遂げた。

船中とても渋い中だから、回りの皆が注目している。船宿関係者もこんな時水面でポロリをらられるとは釣り人以上にショックかも。
とりあえずこれで二匹は二人。
あと一匹が三人くらいいて残りの乗船者10以上はオデコ…なんですから。
さて、それからもサバンゲリオンの猛攻は続く。
他の外道としては美味しそうな中鯵が上がるくらいで船中沈黙の時間が気が遠くなるほど続いた。

秋も晩秋に入ろうとしているのに日差しは暖かく熱くけだるいムードが漂う。

そして、恒例の最後の流し…。
くーう!メキシコ魂を背負ってここまでやって来た、このアチャリブレもここまでか!
ケッツアルコアトルさま、すいません。

とそのときだった、
我が心の中の扉が開かれ翼を持った蛇が現れたのだ
:「何をもうすかアチャリブレ!お前の最後の技を出すのは今この時ぞ!!!」

赤眼!
砂漠に沈む太陽の用に赤く萌える両眼は最後の最後まで諦めをぬアステカ魂!

ちょうどそのの時!
おお、隣ではルチャが大興奮で巻き上げに入ったぞ!

ルチャ:「義兄じゃ!こんどこそアカムツのアタリじゃあ!これはゼッタい魚神様じゃああああ!

すると間もなく、オイラにも誘い上げたところでゴンゴンゴンのアタリ!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?

見よこれぞアステカの魂の必殺技、メキシカン義兄弟のダブルヒット!!

とところがである!オイラは巻き上げに入って100mを切った時点で明らかに、竿の引き込みが変わったのが解った!

ヤバい、残ったもう一歩の針にサバンゲリオンがくらいツキやガッタ!!うーこうしたときは。

新必殺技、メキシカン腰グラインド!

一瞬思たことに体がついて動いた。

解説しよう…さっきのように水面近くまできたアカムツの口はかなり穴が広がっている。
ここではサバの引き込みでピンの貼った糸が、また反対方向に鯖が走って急激に緩む瞬間が一番恐ろしいはずだ!

これを防ぐためにはサバが急激に引き込むたびに竿を立てたまま状態で膝のバネと両腕を使って、竿を下げてかわす。

おーいつぞや仁船長が行っていた高等テクニックポイ?


さー最後の一匹が上がって来たぞ、めがねっこさんも固唾をのんで見守る中さっきと同サイヅのアカムツが、上針のサバに従えられながらあがって来たぞ!!!!

やったー最後の最後で三匹目!ケッアルクワトル様ついに日本の魚神様を粉砕てメキシカン俺頭達成です。

そして、船中頭一つ抜けてようやく、船中三匹の竿頭も決定

船長とめがねっこの中乗りさんに囲まれて、竿頭撮影会だ!うれぴーーーー。

アカムツ


もしかして、今年初の竿頭!しかも、幻の魚神様で達成なんて
ビバ!メヒコ ビバ!メヒコ ビバ!メヒコ

っとところで、ルチャは???

ルチャ:「オイラのは上げたら、サバになってたよ。しゅん。
アタリは5回くらいは確認できたんでけど、上げる途中でなんでアカムツがサバにばけるんだよ~。」

はい、そういゆことです。これがこの釣りをさらに難しくするんだよね。

港を降りて、残念賞としてはデラックスすぎるさシャケの冷凍半身をもらっても肩を落としているルチャの後ろ姿を尻目に。

アチャ:「ふふふふ、ルチャ!まだまだ日本で激しい釣りレスリングの修行は必要でおますな。故郷のおっかさんにはそう伝えておきまっっせ。」胸をはるアチャリブレであった。

さよならめがねっこ


さあ、オイラはさっさと故郷メキシコに帰るとするか。

(おしましい)
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
----

ルチャ3部作、おつかれさまでした~。アンド、トップおめ!
いやー、アカムツってそんなたくさんボ○ズ出ちゃうんですか。知らなんだですわ~。渋いんですねー。
日本海側では『ノドグロ』っていうみたいなんですが、あのエチゼンクラゲが網を破っちゃって、ノドグロ不漁だそう。
貴重な3匹だ~。

- from ガー -

----

腰をグラインドしながら全身ショックアブソーバーですね。
金田のイイダコでガーさんが撮ったあめちゃんのナイスショットとは違う?
何回見てもハラが。。。

- from 仁兵衛丸 -

----

やっぱり幻の魚赤ムツだったのですね。
日焼けして黒くなっちゃうんですね。

変~~~~~~~身~~~!!!

- from ハル父 -

----

残念賞でもらったサケの半身はもちろん身餌にしたんですよね? w

- from 井上 -

----

タモトリナラマカセテヨ。
ハリガハズレタシュンカン
トッタカラ、ルチャノさかなダー!

- from ルチャ -

----

アッシは タモ入れは 嫌だなぁぁぁ~ 自信が無いもん♪~(笑)

タモ入れも成功してもらって 竿頭 言う事無しですね おめでとうございます♪~


- from ふくさん(会員番号3番) -

----

ガーさんへ
やっぱ、幻の魚ですからアカムツ。っつても今度こそ伊豆か外房でキロオーバーを上げてみたいっす。

仁兵衛丸船長
腹がよじれますか?いや盤洲のときもスーパーミヨシでやってましたが、腹がよじれたせいで流しもよじれた(笑)

ハル父さん
幻という割りに、波崎からならヒラメや真鯛並に釣れますよ~。


- from あめちゃん -

----

井上さん
 ケンさんオイラはシャケもらえませんでした。その代わりにピカピカ仁徳シール。35リットルクーラーに張りました。

ルチャさん
 そういえばあのシャケどうなったの?

ふくさん
 まあたまにはこんなこともないと、これからオデコ話のゲロが始まりますので。

- from あめちゃん -

----

サバイバルな、アカムツ釣りだたようですね~
って、発言がオヤジくさいなぁ・・・(汗)
竿頭、おめでとうさんで~す。
てか、今年初だったんだ?
そいつは意外です。
そろそろ、納竿かな?
もう一回、竿頭取れるかなぁ~(笑)

- from 投魂 -

   非公開コメント  
スポンサーサイトメキシカン義兄弟のビバ!アカムツ!(パート3)のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。