スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金田湾 釣行記 その最後 
2006.11.07.Tue / 21:14 
見釣り

第二回デカイイダコ探検隊では見釣りをすることも出来ました。これは私の水中デジカメでとったガーさんのスッテの写真です。
このあとにガーさんのすってめがけて黒い影が…。

それでは最後に「あれ」のお話です。いままで「あれ」と言ってきたのは浮きスッテの事、もうバレバレですよね。

去年からあの方がスッテ釣法を行われたことは、忍ぶさんからうかがって知っていましたが、自分には扱えないだろうと思っていました。
釣り情報誌などても少しだけとりあげられて居たので自分でも実験したんですが、これでイイダコが乗るとは思えなかったからです。
きっとあの方の浮きスッテには特殊な加工がしてあるか、特殊な操作方法があるに違いない。
だから自分はもう少しちゃんとテンヤで乗りを捉えるようになってからにしようと思っていたのです。

でも第一回金田湾デカイイダコ探検隊でダコGさんが72杯の成績を収められた!?彼もスッテは初めてなはずなのに!!

ではなぜ私がそう思ったか実験写真を見てください。
水深70cmのお風呂にブルーのお菓子の蓋を沈めてその上で、水中デジカメで撮影しています。

まず7cmの浮きスッテ糸を張った状態。
7センチ

ほれ、これですでにお尻が浮いているでしょ!
これでは、砂にもぐっていくアサリとは到底思えない。
さらに、糸を緩めると

7センチ浮く


完全と浮き上がります。
それでなくても糸をたるませる釣り方をなさるあの方がいったいどうやってスッテを使っているのかまったく解らずに、自分では手を出さなかった原因はこれなんです。

でも、第一回金田湾では私だけが50台、あとは皆100前後。
しかも私の残り半分はフグキチさんのスッテを借りて釣った物なので、借りていなかったら約35くらい、つまりダコGさんの半分だったと言えるでしょう。
つまり、これだからつれるとしかいいようが無いのです。

さらに面白いことがあります、第二回で竿頭だったガーさんの5cmすっての動き見てみましょう。

5センチ

初めは、浮き気味では有るが横に寝ています。これなら理解できますよね。
次に緩めます。

4センチ浮く


浮力が小さい分頭から持ち上がり浮き始めます。
これが、7cmと5cmの浮力の差によるだと思います。

じつは私、第二回金田湾でダコGさんとの勝負もあったんですが試したものが有ります、

エギ


そうこれ、これでもかなりイイダコは乗ってきました。

さて今夜はここまでにしておきますので、みなさんでこの実験結果をどう捕らえるかしばし頭をひねって置いてください。
私も一生懸命考えて見ます。

そして、緊急ですが18日19日23日の内人数がまとまる日で第三回金田湾デカイイダコ ワカメ突撃隊の隊員を募集させてもらいたいと思います。今期中に考えをまとめたい!ご協力よろしくお願いします。
スポンサーサイト
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
----

スッテの浮き方がこれだけ違っても乗るんだから、動きが重要なのですかねえ?
浮いたカンナにも掛かるんだから、イイダコは横から攻めてくるの?

- from ハル父 -

----

こ、これはスゴイ写真ですね!
ミッドスッテが、まさかあーゆー風になってるとは思いもよりませんでした。
頭が浮いた状態でシェイキングすると、ちょうどテンヤがパタパタしてるときと似てる動きになるんでしょうね。
で、スッテの方がよりフリーに動くし。
7cmの方の浮いてても釣れるというのは、「イイダコはわりと遊泳能力がある」ということだと思うのですが、どーでしょう。
それにしてもこれらの写真すごすぎるので、ちょっと公開するのもったいないような…。

- from ガー -

----

ハル父さん
しゅうさん経由で釣りビジョンの画像がてに入り次第この続きは書きますがどちらから乗ると言うことは無いような気がしています。
ただ、浮いていると言うのはとっても大事なことなんでしょうねきっと。
それを確かめるために第三回ワカメ突撃隊です。

がーさん
いや、がーさんテンヤではこの動きは出せない!これがスッテで釣れる味噌だと私は思っています。7cmの方はやっぱり糸がはった状態の時に乗るような気もするし、うーんうーんって感じです。

- from あめちゃん -

   非公開コメント  
スポンサーサイト金田湾 釣行記 その最後のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。