スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
道具に対するこだわり!いやちょっとずれてる? 
2006.10.17.Tue / 22:40 
いよいよ、迫ってきました「魚神様捕獲計画」!
それに先立ちましてまじめに、基本通り(船宿仕掛け同等)の仕掛けをキチキチ作ってたわけなんですけれど、ちょっと疲れてきたのでこの秋に入ったうちのニューファスのご紹介をさせていただきたいと思います。

まずは夏から家計に予算計上をすること三ヶ月!不足分をコツコツお昼のお小遣いをためて来て、ついにこの秋のフィッシャーマンのバーゲンで買いました。
おかげで、この三ヶ月もう平日なんて使うお金200円とかざらでしたよ

これが本当のコマンドー!CX4HPジャーン!
コマンドー


今年の春秋田のテリ(オキメバル)釣りでレンタルしてからはや半年、ついにマイ・コマンドーを入手、これでいよいよこの冬、深海へとデビューが出来る。

でも、波崎のアカムツ釣りでは使わないんだけどね~。

次!竿!

こちらは本当に悩みました、釣具店に通うこと10数度、最後は取り寄せてもらった竿にオモリをぶら下げてから拒否するわがままさ。店長ごめんね。

でも深場の入門用となると一本目が非情に大切。
150号から200号のオモリを中心に使う、中深釣りからライト深海までを網羅できるようにと考え、やや先でとらえてもちゃんと胴に乗る7:3調子を選択。

アカムツ様ならもうちょっと長い方が良いかなとも思いましたが、軽くて誘いが楽そうなのでこれに決定。

リーディングXネモノ205H!
リーディグぺけ根物


これで、館山や伊豆の重いオモリを使う鬼カサゴも行ける!東京湾口の深場船にも乗れライトタックルキンメも狙える!
いや~久しぶりに道具に投資しました。

オイラ、昔っからオオアミ先輩にも「あめは道具から入る技術屋タイプだよね。」と言われ続けてますが、それは単純に竿やリールがあふれかえってる道具マニアとはちょと違う。そこをお解りいただきたい。

どちらかと言えば、道具マニアな上に節約マニアでもあるのだ。

それをもっとも表す特徴は絶対衝動買いで釣り道具は買わないと言うところ。一本の竿を買うのに最低でも三ヶ月は考えてます。
リールなんて欲しくなってから何年目に買ったと言うのもある。

なぜなら、自分が持っている竿や道具は頭の中にマッピングされてあって、同じ調子同じ負荷の竿のダブりが無いように。どうしたら、少ない竿数で色んな釣りが楽しめるかを考える、その計画を立てる事自体が楽しいからです。
野球の監督みたいチーム作りってやつですね。

だから、同じ系統の竿は10年近く買わない。それはこのブログの、小田原のオニカサゴ、秋谷沖のメダイを読んでいただければ解るところ。

そう、もうそろそろまたイシモチやりますけど使う竿は10年前のインナー竿ですよ。(リールは変わりますけどね

だから、竿地獄なんて縁遠いものだったんです。
カワハギだって昔結構こりましたけど自作改造の硬い9:1調子の竿と柔らかい目8:2の調子竿二本有のみ、もうこれで十分と高い竿など買う気も起らなかった。

しかし、イイダコだけは…。なんとノベ(途中で改造したものも数えると)、いままで6組×2対=12本を試しています。(泣)

はっきり言ってこれイイダコ釣りに行った回数より多いという、無限地獄にハマってしまったわけす。

はい、これでオイラがイイダコ釣れない理由もう解りましたよね。
(お前そのくらい気付よ~とあんまり馬鹿だっていじめないでください~。)

だからなんでしょう、一昨日あんなに引っ張ったのに、アクセス数は上がらずコメントも数すくなく読者からはあんまり反響無し。(ありがとうね、フグキチさん、ハル父さん、ガーさん竿の話に乗ってくれて。)

どうせイイダコ釣れてないオイラが講釈たれても説得力無いよね~

しゅん。

もう、イイダコの竿の話なんて書かない!
とも、思ったんですが…
あくまでも、自分の失敗を戒めるためだけに書くことにしましょう。
(だからここから先はイイ坊さんも篠さんも読まないでねイジイジ

では、一昨日ご紹介したマトリックスに従って、イイダコ名人たちをご紹介して行きましょう。

竿マトリックス


まず、
赤の領域:肉弾ファイターの戦士タイプ。短くて硬いアナゴ竿使いのイイダコ名人とは?

ズバリ、手の早さナンバー1目にもとまらぬ早業で、イイダコの活性が高いシーズン初期から中期に掛けて、それもイイダコの数が多いアタリ年に力を発揮する名人です。

なぜか?硬い竿はイイダコをテンヤで掛けることに対しては有利で、竿の短さからも一番手返しが早くなる。実、オイラも去年は偶然ですがこのタイプの釣法からイイダコ釣りをはじめました。

結果は9月23日午前船31杯(竿頭はあの方が47杯)その日の午後船60杯竿頭、10月に入って午前船、雨風のコンディションで58杯で二号船竿頭。
そう、この三回までが自作アナゴ兼用手バネの成績です。
けっこうすごいでしょ!初めてイイダコやったに等しい素人があの方と16杯差なんですから(笑)これも重大な落とし穴でした。

私このとき何をやっていたか?思い起こすにこれはカットウ河豚で言う「タイム釣り」だったんでしょうね(笑)
「タイム釣り」?ごぞんじ無い方はブラック予想屋さんに解説してもらってください。
つまく、平たく言うと時間を決めた空アワセの連続でタコを掛けて行きます。乗りがあやふやでもとりあえず掛ける、これで掛けながらタコの乗りを習得して行き名人となられる方もいます。
ただしこの釣法有効で有るのはヤリノリ君が多く活性の高いタコが多い時期つまり手数には一番有利だということです。
ビジュアル的にはかっこいいので、うぉおおおー釣れてるって感じがします。(笑)

次に
緑の領域:スキルを使って釣り上げる商人タイプ。柔らかくて短い竿を使うイイダコ名人とは?

正確にイイダコの乗りを捕らえ、外れなくイイダコをしとめるので、シーズン通して強いオールラインダーな名人です。そしてイイダコの湧きが少ない年はこのタイプの名人の釣果が目立つはずです。

まずワカサギ竿は短くてやわらかくてこのジャンルの究極アイテムなんですが、今回の私の話からは除外します。
 なんでーってフグキチさんが泣きそうですが。
いや、ほんとこれを考え付いたフグキチさん?やはりただ者ではない!
ずばり、テンヤを使わずあれを使うなら…いやこれ、あれを使うための入門者ベストセッテングかもしれません。そう、この竿ならもはやあれ限定、イイダコテンヤは軽くても6号だし、普通は8号なのでとてもとてもこの竿ではそのポテンシャルが発揮できない。
いや、1号のオモリの差でも、釣るのに大きく影響するのがこの柔らかく短い名人の特徴だからです。

オイラも二号船竿頭のあと、忍さんやあの方に手バネの不利さを教えられ自分も体験したので、ここはリール竿と次の盤洲でわざわざ大阪へいってテトラ竿を買ってきたのですが、これに船宿の10号テンヤをつけたからさあ大変(笑)
あの時フグキチさんみたいな人が隣にいて一言言ってくれてたら

ではテトラ竿やチヌ(黒鯛の関西での呼び名)のイカダ竿を使う名人はどうやって釣っているのか?
ズバリ、竿の曲がりだと思います。
考えるとすぐわかるように、タコは魚とは違って引っ張ることはありません。ただ、テンヤの上に乗るだけなのでアタリというののが無いんです。ではどこで判断するか?
マダコの場合は小突いている時の手の感触で判断しますが、イイダコの場合は竿に伝わる重いなって感触を感じてからではもう遅い。
つまり、ここでオサワリ君はもう逃げ去ってい居るのです。
では、オサワリ君が触っていたり、半乗りしていたりをどこで見るか?
まず感覚で覚えるより視覚で覚えろといわれているそうです。

つまり竿の曲がり。
オモリだけのときの曲がりと、イイダコが乗ったときの重みが加わった竿の曲がりは少し違う。これを2から3センチの聞き上げで判断してタコを掛けるタイミングを計はかっていると思われます。

ただ、このタイプの欠点はどうしても、ゆっくり竿を上げないと竿の弾力に合わせの力を吸収されてタコが掛かりにくいことにあります。
つまり、正確にあわせて、ゆっくり掛ける以上やはり手返しでは、同じ短い竿でも硬い竿に劣るのではないでしょうか?
イイダコの場合半日船で100以上の数を釣ることになりますので、一匹釣り上げるのに掛かる時間はやはり重要な問題となるようです。

さて、続いては
黄色の領域:なんですけど…もう聞かなくていいよね、オイラのイイダコ話なんて グスン。どうせアクセスあがんないし。ということで反響あったらこの続き書くことにして今日はここまで
スポンサーサイト
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
--被害妄想?--

いいとこ見てるんじゃないの。
勉強になってるよ。

- from ご隠居 -

--禁断の世界へようこそ--

コマンド手に入れましたか!!
これで中深場と言わず深場までターゲットを拡げられますね。600mコースをやってみたくなったら声をかけてくださいな、いつでもご案内いたしますよ。

- from まるかつ -

----

ご隠居~
ご隠居は全部書き終わってから一言ズバッとおっしゃるとは思っていたのですが…
はい被害妄想です。でもイイダコ盛り上げないと思っているのに、こう乗りが悪いと…。
確かに書いてる話はとても基本的に言われていることなので、イイダコマニアさんたちには当たり前のことなんでしょうが、ちょっとは篠さんとかイイ坊さんにもいじって欲しい(笑)本音

まるかつさんへ
メールとても参考になりましたv-436
今週で私も悪い大人への第一歩をふみ出します。
600mコース是非ご指導よろしくお願いします。深い魚は油がのっておいしいからなああ。


- from あめちゃん -

----

あめちゃん

やっぱり凄いね。俺なんか考えて無いもの(笑

ワカサギ竿だってテンヤの時から使っていて、スッテに変えてから『軽い仕掛けにはぺなぺなな竿がいい』って気が付いた位だからね。

感覚の人だから、理論には弱い。

実釣レポ楽しみだな~(笑

- from フグキチ -

----

ちゃんと見てますよ。
早くつぎつぎ。
気になって一日10回ぐらい開いてるんだから。(笑)
たのんます。v-10

- from 仁兵衛丸 -

----

中深場から深場に使える竿を何本も持ってる僕は変態ですか? w
今、というか以前から欲しいのは、アリゲーター バチスカーフですね。
あのティップの繊細さは、ひじょうに魅力的です。
ただ、あのプライスが・・・…。v-409

- from 井上 -

----

今日、Sさんとご一緒できたので
竿の話をいろいろ聞いてきましたよ。

- from ご隠居 -

----

う~ん ごめん 自分がやったことが無い釣の道具・・・・わかりましぇん♪~

 深場の釣って どんどん深場に落ちるって 聞いたけれども 落ち着いて道具をそろえたんだから 当分は大丈夫そうですね♪~

- from ふくさん(会員番号3番) -

----

我が家にも使ってないコマンドがありますよ~。
8号800m。これでワラサ釣ったら楽勝かと思ったけど、やっぱりやめちゃいました。

あめちゃんも、あと3年もしたら、娘に高級な道具を揃えるようになって、家中釣り具地獄に陥ること間違いなし!!!

我が家だって電動だけで6個。竿はたくさん・・・・・

で、イイダコの竿は何本用意すると???

2本竿は、ハルちゃんと合計4本になるのでツラいっす。。。

アナゴの道具揃えた時は単価は安くても涙がでました。

- from ハル父 -

----

あめちゃん深海釣りもやるんですか!?
すごいっすね。
アカムツ爆釣!なんってったらもう最高♪

- from 釣りっ子 -

----

あめちゃん、ヤバイよ、大時化だよ。v-12

ハル父さん、うちにも電動6個ありますよ。
竿もたくさんです。
もう、バカまっしぐらです。v-394

- from 井上 -

----

ふぅん・・

全部読まないとわからないから続き書いてね。

途中で終わっちゃったら何かお腹くすぐられてるみたいで・・(笑)

でもほら!みんな期待してるから!!
コメントいっぱいでしょ?ふふ

- from にゃみ -

----

で、ワカサギ竿で行くのか、アオリ竿で行くのか、キス竿で行くのか、フグ竿で行くのか思案中なんですけど。。。

で、2セットは必ず要るので釣り具屋にレッツゴーです。。。

- from ハル父 -

--イイダコ用の竿--

自分は4セット有るよん! 最近使ってるのはスペアが有るからから全部で9本。類ともかしら?v-12

ちなみに、私は竿先の曲がりはあまり見てません。
よそ見してても釣れちゃいます。v-8

- from 篠 -

--おぉついに一歩を--

 ついに踏み出してしまいましたか。ぼくも興味津々なんですが、歯止めが効かなくなりそうで怖い・・・。

- from としぼう -

----

イイダコ関係
フグキチさんへ
フグキチさんの定宿Y屋さんは名人の宝庫だから上達するのも早いような。やっぱり定宿っていいですよね。しゅうさんみててもそう思います。

にゃみさんへ
いえ、初めてやるならこのどちらかなんで、最後まで読まなくていいです。(笑)
今年はダントツにつれないから硬い竿から入るとダントツにのりが解らず不利でしょう。

ハル父さん
やっぱりお得意の竿からがよいのではとなるとフグ?

篠さん
それはもう、感覚記憶が出来てるからですよ。そこに行くまでかなり経験をつんで釣らないとだめでしょ?
オイラは素人なんだってば、イイダコまだ7回しか行って無いんだし。

- from あめちゃん -

----

深場関係
井上さんへ
その通りです。ちなみに休日のほとんどを釣りに費やし、でも竿はキス竿一本のしゅうさんもまったく逆のタイプですが釣馬鹿です。かかる費用はうーん。けんさんに軍配が上がるかな?

ハル父さんへ
コマンドーあるなら深海オフ企画しちゃいますよ!

釣りっこさん
魚の味に負けました。鬼、カイワリ深い魚は美味しいです。それに道具のおかげで今深い釣り面白くなってますよ。実感。

ふくさん
湾奥からもいける深場船あるんですよ、生麦で言うと夏は蛸船のA3丸!今年は初めて深場で行こうかな。

としぼうさん
さあ、いっしょに踏み出しましょう。
としぼうさんならコーチングしてくれる人はいっぱい居るはず。

- from あめちゃん -

----

仁船長へ

私のところは、あんまりコメントが会話形式にならないように意図して、自分のコメントを打つのを最後にしているところもあるんで、一日3回ぐらいでいいとおもいますよ。でも仁船長のところは、一日20回ぐらいは見る日が私もあります。

- from あめちゃん -

   非公開コメント  
スポンサーサイト道具に対するこだわり!いやちょっとずれてる?のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。