スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金鯵カイワリ様釣行記(その2-これで終わり) 
2006.10.10.Tue / 23:40 
 船は港を出てからすでに1時間はゆうを過ぎ、ここはどこじゃいな?と言うあたりでようやくスローダウン。
南に大島、西に伊豆半島っと北に湾口、城ヶ島、うーんしかし、まったくどこか解らん!

ここが噂のカイワリ場なのか!水深は95mから100前後までかけ下がって行く。
105mを越えると奈落の落ち込みとなる。
船長は放送で「反応が低く出ています。棚2.5(底から)でやってみたください。」と付け加えた。

オイラ今回カイワリ様釣りに関しては意図して予習無して挑むことにしていた。
えー用意周到をもっとうとするあめちゃんらしくないって?
それで知らないからと言ってビクビク、ブルブルしてたら釣りにならないって?

ちがうんです、これは知らないと言う状態が読めているからビクビクブルブルはしないんです。
そう、狙うは一発のビギナーズラック

ビギナーズラックって出し方があるの皆さん知ってます?
実は、闇雲にやって出た結果がビギナーズラックじゃないんですよ。
オイラはそう思ってます。

じゃあ知らない人にはこっそりここで教えちゃいましょう。
オイラ流ビギナーズラックの作り方

まず、最低限の知識は除いて、あまり専門的な知識と先入観は持たない。
これが第一のポイントです。

そして、その場で船長や常連さんに言われたコトを素直にその通り実行する。
これが第二のポイントです。

以上二点でOK。大事なことは複雑に考えないこと。
疑問んも持たず、自分から余り質問もせず、ただひたすら、釣れなくても言われた通りに無心にやり続ける。ビギナーズラックを釣りで出す方法はこれだと私は思います!

とくにオイラみたいなA型のひつじさんはとにかく理論先行になりがち。頭じゃ解っているんだけど体がついてこないことが多く成ることもしばしばです。だから、考えれば考えるほど悪い方向に行く。与えられる情報が単純で基本的なほど実行しやすいはずですよね。

仕掛けはもちろん船宿支給だし、ビシも御借りしたもの、誘いは(写輪眼)でお隣のまるかつさんの動きをコピーだ。オイラは(コピー忍者かかし)になろうと始めから決めていました。

第二投目、着底、棚を取るとすぐにアタリ!
すこし送り込んで聞き合わせ。すると微弱な引き込み!
あっなんか掛かった
しかし、あんまりひかないなあ~

上がって来たのは…ヒメ
ひめ3

聞いてはいたが早速税金の払い込み。

朝のうちは潮の流れも速く、アタリが取りにくかったが昼に近付き凪ぎになるに従って、この小さなアタリが取りやすく成り、重税金に苦しむ。

船中では、オキメバルが上がったり、レンコダイやオニカサゴが上がったりしているのに、オイラはヒメ、ヒメ、ヒメ、ヒメのオンパレードだ。

ああーまた。
ひめ1

ヒメ、ヒメ、ヒメ、ヒメ

ほれまた。
ひめ2

ヒメ、ヒメ、ヒメ、ヒメ、ヒメ、ヒメ、ヒメ、ヒメ。

午前中だけで何匹ヒメを釣っただろうか?つ抜けは確実
それでも、ビギナーズラックの法則を信じ棚2.5mでひたすら誘いつづける。

しかし、さしもにヒメばかりと見て、幹事のとしぼうさんがわざわざトモからオイラのミヨシまでお見舞いにやって来たくれた。
としぼう:「すいませんね、わざわざご招待したのにこんな状況で。」
オイラ:「いえいえ。」(オイラもしばらく後に続く言葉が無い)
    「でも、ヒメがつれないと…税金ですよね。」
としぼうさん:「そうですよね。」(としぼうさんもつづく言葉が無い。)

(心の声)
「うーん、まわりをよく見てなおかつ行動力のある幹事さんだな。小心なオイラなんて、交流戦の時釣れてない人に限っては解っていながら怖くて話書けられなかったよ~。(すいません後悔してます。)こういうところ見習わないといけないなあ。」

前半戦はお世辞にも好調と言えない船上であった。
しかし、驚いたことがある。
金鯵ツアーの面々はこのくらいでは持ち前の明るさは失わないのだ。
 かつまるさんのHPをのぞかれてお気づきの方もいるかもしれないが、仲間になろうと題したコーナーには三つのルールが書かれていて。
1.海にゴミや仕掛けはは捨てない。
2.釣れなかった人にはオカズをまわす。
3.釣れた人へのヤジは積極的に。
…とある
これだけのコトだが、ちゃんと実践しているとすごく船の上の雰囲気が違うのが目に見えて解るのだ。
 特に3から2への流れのスムースさは御見事で、釣れた人をやじりながらも励ましてるし、それでいてその魚が本人に取っているかいらないかも判断している。つまりいらなければその魚は釣れてない他の人にするする自然に回って行く。
リリースする是非を問うまえに、魚を粗末に扱わないこんな方法が有ったのかと感心させられた。

また、「見たことの無い魚が釣れたら、美代さんに写真」というのも見ていて楽しかった。
美代さんの八王子釣りし隊のHPの中には、お魚リストがあって。すでにかなりの量のお魚たちが収録されている。
これを作るための美代さん努力も大変な物だと思う…でもその大変さがが楽しいんだろうなあ。
釣りが好きと言うことから広がって行った、もう一つの楽しみを増やす美代さんの視点、それがまた協力する人たちへの魚への興味を高めることに巧く働いているような気がする。

そう、この人たちは楽しく釣る名人なのだ。

さてさて、幹事研修はこのくらいにして竿に集中しなきゃ。

お昼を回って、空は秋晴れ、風もないで絶好の釣り日和となった、小坪づーっと沖会場は汗ばむくらいのいい陽気だ。

同じことを集中してバカみたいに繰り返すオイラに、ヒメとは明らかに違うアタリが来たぞ。
中乗りのしょうごさんがやってて、タモを構えながらやり取りを指示してくれる。
やった結構良い型のレンコ鯛だ。

続いて美代さんも同じくらいの型を上げる。
美代さんレンコ


この頃になると、大型のウマズラハギやマトウダイも上がり始めて船の上が一気に盛り上がって来た。

すると、まるかつさんが手巻きで慎重に巻き上げに入ったぞ。
きた、きた、きた、きた!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?
カイワリ様だ!!

まるかつさんカイワリ


それを見た全員、カニ食いザル状態ウッキー

沈黙と真剣な竿さばきの中、流しか替えのたびにぽつりぽつりと船中カイワリ様が上がり始めた。
カイワリ様が上がるたびに船長は「3十何cmカイワリー」とアオリ文句を告げて行く。

むちゃむちゃ焦って、そこで前にも無して真剣にコマセを降るオイラ。
でもまたヒメだーーーーー!(>_<)!ーーーーーー!

とそこで、隣のまるかつさんオイラに一言
「棚4mに上げて、3mでコマセを降って4mで待つ、そうすればヒメは食わないよ。」

おおーそうだったのか、確かに午前から活性は上がっている、言う通りにやってみる。
しばらくすると、ヒメとは全く違ったアタリが。

よし、聞き上げて魚をかけてたのを確認してから、電動巻き上げ超低速でスイッチオン!
ククククク、ビビビッビビ。と断続的な震えるような強い引きこれはもしかして!
ところが、あと40mまで上がったところでテンションが抜けた~。

ガーンw(☆o◎)wガーン
カイワリ様ーーー

実は、その後の流しでもう一回これをやる。今度は巻き上げが始まってすぐ。
都合二回
カイワリ様ーーー

それで、さしものオイラもがっくり来ていた…。
おいらやっぱりダメみたい。あきらめないことで有名なオイラが最後に…

辞世の句)
ふっと消え ふっと無くなる テンションに
  カイワリさまなんて夢のまた夢 

(秀吉の辞世の句の真似:掛かったときの天国から突き落とされる悲しみを唄ってみました。)

と放心状態。

そこで、エサの付け方もゾンザイになっていた。

それをめざとく見つけたのがまた、お隣のまるかつさん。
「オキアミ、曲がってたら食わないんだよね~エサが回っちゃうから。」と一言
本当にこの一言がなかったら、とオイラまるかつさんに感謝し得るんですよ。
これで目がさめました。オイラは自分が恥ずかしかった。そして大きく反省して、
「ハイ」と大きく返事をして、オキアミをさし直す。

そして、ここで初めて考えてみた。
今までのアタリはコマセが撒かれてから、潮にしかけがなじむ過程で出ている。
なぜなら、これは仕掛けのハリスの真ん中にはジンタシズが打たれているからではないか?
イサギやコマセ鯛の仕掛けと違って、ジンタシズ付きの仕掛けが沈むのはあっという間で、潮にもよっぽどでないと仕掛けは横になびかない。
真下にたれている。
つまりコマセとしかけが同調している期間が、最初の投入の仕掛けが落ち始めるこの一瞬しかないということは、カイワリが食う瞬間も一回の投入でここしか無いはずだ。
さすれば、とにかくコマセを撒いてからはあまり、待たずに手返し早く何度も上げ下ろししていく方針に変えよう。

そう判断してからスグ、一投目だった。
やはり同じように、コマセが撒かれて仕掛けが棚に落ちて行く途中でアタリは出たのである。
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?
とにかく最初はゆっくり手巻きで上げる。
そして、途中から電動スローにしようとすると。
中乗りのしょうごさんが、「だめーつかれるけれど手で巻いてー!」と叫ぶ!

ひえー104m手巻きですか~。とにかく手で巻き始めたが脇挟みで竿をもっているので辛いー!
ひいひい、ふー。
ひいひい、ふー。

ひいひい、ふー。
ひいひい、ふー。
オイラ妊婦さんか!?

途中でこりゃたまらんと竿尻をお腹に当てたが、脇挟み型のロングパッドなんで見かけが超ヘッピリ腰!
超かっこわるーいい

それでも、背に腹は代えられないから慎重に巻き続けて…やったーカイワリ様がタモに収まったぞ~。

思わずでた、ガッツポーズと「カイワリ様とったぞー」の声。デカ旦那さんじゃ無いけど吠えました。
これが有るから釣りはやめられないんだよね~。

そして、その流しの最後は…としぼうさんの竿が突っ込んだぞ。
としぼうさんカイワリ?


さすが、金鯵の幹事たるものは船中だいたいカイワリ様が釣れ上がったの確認してから、自分が釣るのか?!
とおもってカメラを構えてこっちもドキドキしながら海を見つめる。
さあ、上がってきたぞー。
あれ?しょうごさんがタモを引っ込めた????
はにゃ?

どうやら、鯖だったみたいです…。でもなんで鯖なら下に突っ込むのよ???
残念。

そして、それからは最後の流しまで誰もカイワリ様の顔をみず。
タイムアップとなりました。

港につくと船長がカイワリ、レンコ鯛の写真を撮りますと言うことでみんなで記念撮影。
オイラは各一枚づつでしたがこんなに一匹の魚が大事に思えたのは久しぶりのことでした。
しばし感動に浸りながら片付けが終わると歩いて船宿へ。

お土産にイカの一夜干しももらって、おにぎりとお茶が用意されていて、船長を囲んで今日の釣り談義に一花咲かせます。

この雰囲気が椿丸たる所以なんでしょうね。
それにこれでこの料金、信じられません。それりゃあお客さんが集まるわけです。

なんだオカミさんきてるじゃん


丸がついているところが予約てもう押さえられているところ。土日は二ヶ月分はいっぱいですよね。とここで見慣れた顔が有るのに気がついた。
「あれ、女将さん来てたんですが?おつれの方も一緒にニッコリしちゃって。今日は宴会の仕込みでこれないって残念がって言ってたのに?よっぽど来たかったんですね椿丸のカイワリ」
どうです?うらやましい?今度あったらさんざん悔しがってくださいね。そしたら次もまた、としぼうさん誘ってくれるかも

幹事のとしぼうさん今回は不肖サラリーマン金太郎飴、金鯵ツアー椿丸のカイワリ呼んでいただいて本当にありがとうございました。
そして、金鯵ツアーのみなさん。また一つ釣りの楽しみを教えていただき本当にありがとうございました。


スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
----

えぇ~ あめちゃん カイワリってわかってて電動巻上げしてたの?
そりゃあ イカンでしょう e-464

次回のアカムツは電動巻上げOKですよ
でもドラグ調整をしっかりして、竿も手持ちでやらないとバレます

- from 井上 -

--やっぱりですか--

こればっかり(笑)あの距離を手巻きで一定速度で上げる自信がなかったので、超スローなら手巻きより糸を緩めることなく確実だとおもったんですがだめでしたか。オイラ判断間違いの多い中深初心者何ですってば~。アカムツは過去二年分の釣り丸と釣り情報を読んでいま勉強しているところです。手巻きでは魚が浮き上がる速度にまけて外れることもあると書いてましたがけんさんが電動でとおっしゃてるのはそのこですよね?いちどイメージトレーニングと称してまとめをブログに上げようとおもいます。またその時にでもチェックくださいお願いします。

- from あめちゃん -

----

カイワリは引きの強い魚ですが、口はシマアジやマアジなどと同じで弱いですから、手巻きでテンションをかえずにゆっくり上げるのが基本です。

アカムツの場合は口の膜の部分に針が掛かると、針穴がどんどん広がってバレてしまいます。したがって電動のスピードを中速やや遅めくらいにして、ロッドを手でコントロールしながら一定のテンションで巻くのが基本です。
またアカムツは水圧変化に強く、大型の場合は浮く時もありますが、スローで巻くと浮く事はまずありません。

- from 井上 -

----

あめちゃん、ビックリどっきりメカキャラから、基本形キャラに変身してしまったのでしょうか。。。

ふ~む。実に緊張していたのが、伝わりますです。

- from ハル父 -

--w--

ハル父さんへ
オイラのブログを紐解いてもらうと解るのですが、びっくりドッキリは自分が多少知っている場合のみ炸裂しています。「イワシメバルの捨て糸しかけ」「イサキの五本針」「イイダコのアオイソメテンヤ」なんかがそうです。
または、誰かが言ったのをそうだ!と思ってやることもあります。仁船長からは「アナゴジェット」「タチウオジグ天秤」なんかがそうです。
実ははじめての釣りではまず基本に忠実を心がけてるんですよ。だからはじめて時は意外と釣れるが、二回目からオリジナリティーが出てくると釣れなくなります。

- from あめちゃん -

--すいませんけんさん--

けんさんすいません私の勘違いでした。
「ゆっくりあげすぎると、巻く速度以上に魚が上に泳ぐとばれてしまう。」と書いてました。浮き上がるとは私の勘違いです。失礼しましたv-436

- from あめちゃん -

----

ぷふふ

椿丸さんはサンスポの大会でお目にかかってるんですよね~実は・・。
でもカレンダー。そっか・・当たり前だけど顔だけは出してたんだ・・私(笑)
また運悪く(?)10月だし・・・

次は体ごと出ますから!!ぷんすか!

- from にゃみ -

----

ポイントは沖の瀬ですかね?

カイワリ、最高ですよね。
私の親父は縞鯵より旨いと言ってました(私はあいにく縞鯵食った事ないもんでよくわかりませんが(笑)

真鶴でアマダイやってると外道(失礼)でよく掛かるので、毎年楽しませてもらってます。
伊東の船が冬になるとカイワリ乗り合い出しており、今年は専門で狙ってみようと思います。
なんせ旨いから。。。

- from あきぶー -

--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- from  -

----

にゃみさん
今度はカレンダーにからだが出るんですか?ビキニ?それは期待しています。

あきぶーさん
オイラ真鶴でよくアマダイやりましたけど、イトヨリしか釣ってません(>_<)伊東に船あるんですか?どこどこ?

管理人のみ閲覧できますさん
やっぱり、オイラその事態を予測して…。難しいけどがんばってねv-406

- from あめちゃん -

   非公開コメント  
スポンサーサイト金鯵カイワリ様釣行記(その2-これで終わり)のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 さて、金鰺Toursとしては本年最後の椿丸さんでのカイワリ・アマダイにいって参りました{/cars_red/}。 いやな予感ちゅーものほど的中するみたいで、まさにこの日を狙ったように発生する台風が二つも{/kaeru_ang3/}、おまけに自宅のパソが逝ってしまうは、仕事は試作で死
2006.10.13.Fri .No6 / としぼうの釣り日記 / PAGE TOP△
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。