スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金鯵カイワリ様釣行記(その1) 
2006.10.09.Mon / 02:18 
午前5時すぎに横横道路を南へ走りながらオイラは凄く緊張していた。

横横


この10月7.8.9日この三連休で釣りに行くことは有るまい。
月曜から週末の天気予報をにらめっこしながらそう思った人も多かったに違いない。
予報は雨続き、二つの台風が南海上に鎮座している。

だから、金曜日一気に速度を上げた台風が関東沿岸をかすめて通りす
ぎたあとも、オイラは全然気持ちの切り替えはきいていなかったのだ。

夢にまで見た、椿丸のカイワリ
やはり最高のコンディションで迎えたかった。
当日もまさか、船は出ることは無いと思っていたのに、幹事さんからは「出船します。」、そして「オニカサゴ準備」のメール。
とっさにオニの仕掛けをバックにねじ込んでの出発だった。

オイラは血液型A型の動物占いは「ひつじ」である。
そして、この二つの占いはものの見事にオイラという人間を言いあてている。


まさに、勤勉生真面目を絵に描いたような一昔前の日本のサラリーマンにはうってつけのこの性格は、非常に「小心者」という本性に裏打ちされていることを皆さんはご存知だろうか?

「小心者」?えーあめちゃん「カットウ河豚交流戦」の時あななにしゅうさんそっちのけで一人で司会してしゃべってたじゃん?と思われる方もいるかもしれないが、それは逆に「小心者」であるからこそ用意周到であり、自分がベストで用意できたことに対しては目をつぶって一直線に前向きに行動できるのと言える。

しかし、今回は幹事では無いのだ!一般参加者なのだ。
ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル…慣れない…。(すでに万年幹事病が発病?)

さらに、金鯵ツアーと言えば、メンバーの中にはメディアで紹介されたり、雑誌で記事を担当するライターの方々にも多くつながりを持っているかたも多いと聞く。
ネットの沖釣り愛好者の集まりでは老舗的存在ではないか!

そんなところにブログかけだしの、釣りの腕も初級から中級を行ったり来たりするオイラったった一人で行っていいものか?
「しかも、みなさん初対面の方たちばっかりだー!」

今回金鯵ツアーさんに呼んでいただいただけで、緊張もいつもの3倍だったのに、このとっさに変わった状況で緊張度は10倍以上にアップしていたのだ。

そうこうしているウチに椿丸さんの船宿に到着。
椿丸


オイラ:「む、鍵が掛かって誰もいないぞ」
(ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル緊張10倍から20倍にアップ)
とにかく、幹事さんにメールを打って港まで行ってみよう。
港の駐車場を一回りするもそれらしい人は見えず。
(ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル多分緊張のせいです、ハイ。)
とにかく、車でまって見ようと思うと、幹事のとしぼうさんから電話があったので、ようやくお集りのみなさんに気付くことができた。

港


ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル深呼吸して車を降りる、(緊張度30倍)さあ、ご挨拶だ。


(心の声)
この挨拶は失敗できない…ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル。よってまずは日本人の美徳といわれる「控えめ」にたよるしか…ないか。

(緊張度50倍)
右手と右足が同時に出ていたかもしれない。
ご挨拶もあっさりと、名乗るだけの控えめさ。
おー我ながらなかなか控えめだったと満足していると。


あんまり緊張している様子を、心配したのか幹事のとしぼうさんがオイラの紹介をしてくれた。

「あめちゃんさんは、サラリーマン金太郎飴の釣り日誌というまあまあ面白いブログを書いているんですよ。」

(オイラの心声
「まあまあって…まあまあって…まあまあって… (エコー)ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル」

すると、お集まりの皆様の中から

「ああ、あれですか!」とオイラのブログを知っていただいている方もおられたようで返事が返ってきた。

(オイラの心の声
「でも…あれって?…あれって?…あれって?…(エコー)ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル」


なんだか、どうとらえられているのやら?正直わからん。
ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル、緊張度100!

しかし、オイラの心とは裏腹に風はぴたりとやんで、海はドンドン凪のほうへ、これはもしかしたら沖のカイワリ場までいけるかも。

さらについていることに、釣り座選びで引いたくじはミヨシ。
隣は「まるかつ釣り日誌」のまるかつさんで、後ろが「八王子釣りし隊」の美代さんだ。
このお二人なら事前にHPを読み込んでからお話もできるし、この椿丸の釣りは上手だからよく見て、誘い方とか釣法の勉強も出来る!

準備


 船上で準備が始まる頃には、美代さんが皆にお菓子をくばってくれたりして、おかげで次第にオイラも落ち着きを取りもどし。
(エサを与えられると尻尾振ります金太郎飴

 港から船がでて、沖へ進む間皆がミヨシに集まってまるかつさんのアカムツの話や深場談義に花を咲かせたもんだからオイラも興味深く聞かせていただいた。(次回の釣行ではオイラ、波崎のアカムツ予定してるもんで!

そして、空は晴れわたり船は進む!
そう、小坪のはるーか沖、カイワリ場を目指して。
taiyou

台風一過の太陽がまぶしいぞ!
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
--次はアカムツ?--

次はアカムツとな?
場所は波崎、船宿は何処だい?仕掛けには注意が必要、決して市販仕掛けではいけません。
ポイントをお教えしたいのだけど...。
ソノ気があればメールでコンタクトを!!

- from まるかつ -

----

ガクガクブルブルの楽しい釣行だったのですね。
始めてづくしで緊張するわなあ。

でも、本命ゲットだからOK!

それを言うと、一人で行く乗り合いも、ある意味緊張するよね。

隣の席のオッサン(自分もオッサン)の服装とか道具見て、「おお!こりゃやりそうだなあ?」とか「これなら勝てる!」とか考えたりしてね。

- from ハル父 -

--あれ~ぇ~--

あめちゃんて、静かな人なんだぁ~
この間の交流戦の時、青ちゃん船長のマイク取り上げてしゃべっていたのになぁ~。
あの船のマイク、一回しゃべってみたいよねぇ。(笑)

- from ホンビノス貝 -

----

 初めては何でも キンチョールだよね♪~
交流戦では わしも キンチョールでした♪~

 ハエハエカカかにも キンチョールですね♪~(笑)

- from ふくさん(会員番号3番) -

----

まるかつさん
その気バリバリ有るので「まるかつ釣り日誌」のアドレスの方へメールしておきます。よろしくお願いいたします。v-436

ハル父さん
そうそう、オイラ乗合船に一人で乗って名人を探すの得意ですよ。初めての釣り物は割り当てが減ってもうまい人の隣でやったほうが確実と考えています。
ちなみにKのご隠居もそうやって見つけたご縁で、今はこのようにv-411

ホンビノス貝さん
じゃあ、次回オフ会では大将が、献立の発表を船長マイクでやっていただけますか?
「本日のメインディッシュはフナムシとアオイソメの書き上げです。」なんちゃって。

ふくさん
はい、交流戦の時はふくさんとも余りお話できませんでしたよね。でもまあ今度はゆっくりと。フナムシとアオイソメの書上げを食べながら…くどい?

- from あめちゃん -

----

初めての船、初めての出会いはやっぱり緊張しますよね!
アカムツすでにわくわく状態です。
仕掛けはやっぱり自作したほうがいいのかな?

あ、それから、今週末はイナダ決定。(のつもり)

- from しゅう -

----

しゅうちゃんへ個人通信になってますが…

オイラは土曜はやっぱ半日船じゃないと風速上がりそうで…。
アカムツ情報収集中もう少しまたれよ。

- from あめちゃん -

----

しゅうさん、仕掛けは自作ですよ。

- from 井上 -

   非公開コメント  
スポンサーサイト金鯵カイワリ様釣行記(その1)のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。