スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日のにゃんタロ情報-風速は? 
2006.10.01.Sun / 23:20 
和船

「金田湾の和船で釣るデカイイダコ探査隊」がKさんのブログの中の「イイダコ情報掲示板」でダゴG89さんによって立案されてから7日間、あっという間に「イイダコKチーム」は結成され本日実釣りとなりました。
雨の中どたばた帰り支度だったので正確な釣果数字は不明なのですが、竿頭「タコキチ(フグキチ)さん」が(120超)チーム総監督「Kさんが(100弱)、立案主催の「ダコG89さんが(72)、ダントツスソのオイラが(51)という結果。
最後は雨でびしょぬれになり、お尻はかなり痛くなったけどとっても楽しく釣らせていただきました。
ダントツスソのオイラが釣果報告まとめるのも何なんですが、笑える事件続発の今回の釣行、しばし回数をいただいて楽しく書かせていただきたいと思います。

さて、今回スタートのシーンは午後4時45分 帰りの車内から…
始まり始まり
本降りの雨がバラバラと落ちてそれでなくても、渋滞でピクリとも動かない横浜駅付近の交差点でオイラはかなりいらいらしていた。

(心の声)「家まであと2~3km無いのに~」

横浜駅でダコG89さんを降ろして、Kさんにいただいたイイダコを、盟友しゅうさんの家に持っていったところまでは時間計算ばっちりだったのだが、そこからがこの渋滞に巻き込まれることに。

今日は釣りのあと、なぎさと買い物に釣れて行く約束をして特別許可をにゃんタロ様にもらっての釣行だったので遅れるわけには行かないのだ。

「金田湾の和船で釣るデカイイダコ」ああーなんという憧れ甘美な響き、(奇貨置くべし)をもっとうとするオイラが飛びつかないわけが無いが問題はサラリーマン釣り師としての月2回の制約…

先月最終の「カットウ河豚」と「金鯵ツアーIN椿丸」の間に当たる今週は普通なら釣行の許可が下りない週なのだが、粘り強い交渉の末上記の条件により特別許可が下りたのだ。

しかし、このことでにゃんタロ風速は8mまで上昇去年の夏秋タコに明け暮れて吹いた風速15mには及ばないものの限りなく出船不可能の近い強い東北風が吹いている!
ちなみの今年オイラはにゃンタロ風速10mを越えたら砂にもぐって出てきません。

やばい、やばいぞ家には10分遅れで到着
きわめて明るく元気よく
「ただいまー」とご挨拶だ。
すると、にゃんタロ

「お帰り~」ときわめて優しく(でも目を見ると風速5mはあるか?!)
で「Kさんは釣れたの?」と聞いてくる!

(心の声)「おいおいのっけからKさん?オイラの釣果は期待されてないのかよ~。」と思いながらも、イイダコに関してはKさんについていくとお土産が増えると思い込んでパブロフの犬となってる家の嫁には反論せず。

「うん、いただいて帰ってきたよ。でもハルちゃんとしゅうちゃんにも分けたからあんまり無いけど、オイラも少しは釣ったからオカズには十分だよ。」と答えておいた(笑)

さて、それからは速攻で今晩のタコ飯の準備をしてお風呂を洗って、一時間半、近所のショッピングセンターへなぎさと二人で買い物へ。
その間にゃンタロは資格試験のお勉強。

ちょっと遅くなったけど夜ご飯は夕方にゃンタロが作っておいてくれた豚汁(とても美味しい)とイイダコのタコ飯で秋の晩餐会。

タコ飯完食


なぎさもタコ飯いっぱい食べました。

ご飯を食べたらなぎさとお風呂に入って、寝巻きを着せて髪を乾かして、歯を磨いてあげて…この間にゃんタロはゆっくりお風呂。

で、なぎさを寝かしつけたら、夫婦二人で紅茶の時間。

オイラ:「今日はなぎさのめんどう見てくれてお疲れ様でした。」(ペコリ)

オイラが余りにも他人行儀に丁寧な言い方をしたので「いえいえ」と笑うにゃんタロ。
もはやその笑顔から風速は0mとなりました。

さーこれでまた夜なべしてブログ書くと風速があがりそうだから、明日早起きしてかーこうっと。

 では、「カットウ河豚交流戦」の時から開発に7日間。爆釣必死の新釣法「金田湾のカットウメゴチ」のお話は明日からです。カットウメゴチ

あれ?なんか違うぞ、なんだこのなぞの写真は???しかし見事にアッパーカットでかかるんだよねえ~
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
--凪--

にゃんタロさん、ナイでこられたようでよかったね。

しかーし、今日がここで終わるということは、
まだまだ先は長そうだね。
それにしても今回は笑えるネタ盛りだくさんでした。

- from k -

--カットウ--

フム。
カットウと聞いたら、黙っていないよぉ~

- from ホンビノス貝 -

----

ココからが、ビックリドッキリのはじまりはじまり~?

- from ハル父 -

----

あめちゃんの記事は面白いです。

続きを楽しみに待ってます。

- from ゆう -

----

うんうん なんか読めてきた。
次回からが楽しみ。v-25

- from 仁兵衛丸 -

----

仁船長には最初から読めてるでしょ!(笑)
なんでにゃんタロを押し切ってまでオイラが和船のイイダコにKさんと行きたかったか!だって、お互い釣れなキャラで超理論派どうし?!(笑)
やっぱ二人で話してたアレはほとんど正解でした。
でもビックリどきりは自爆の大失敗デボドン二号とはて、メゴチ大爆釣!いいんだいどうせオイラは色物釣り師だい。じゃあ後は神田で。

- from あめちゃん -

----

もしかして 続きは 水飴を買わないと 見れないのかぁぁぁぁ~♪~(笑)


- from ふくさん(会員番号3番) -

----

楽しく行ってこられたみたいで良かったですね~♪
にゃんタロさんが凪のうちにどんどん書いて聞かせてね♪

- from にゃみ -

--いよいよ--

連載スタートですね!
でもどうしてメゴチなの???

- from makoto -

----

イイダコおいしかったよ~!ありがと~
しかし、あの後にこういう展開があったとは。
にゃんタロさんナイでよかったですね(笑)

しかし、そのしかけ。。。。
明らかに小型カットウではないか?!

- from しゅう -

----

しゅうさん、フグとイイダコは近い釣り。そう交流戦の時に感じていたんだよ。どおりで、フグキチさんイイダコも上手なはずだ~。

- from あめちゃん -

----

昨日のフグキチさんは、1日通してコンスタントに
まくりでしたね。 
クール・・・しかし、ノリノリだったんですね!

あめちゃんは、背中がぶつかる仲でした~
あめ劇場観てたらもっと釣れなかっただろう・・

kさんは、やさしかったっす。
怖い人とおもってましたが。
kさんと私、場所が逆ならよかったかもです。
そうしたら話っぱなしでしょ。
私の波受けに・・・ごめんなさいw・・・・・w・

高○船長、芸能人の誰かに似ていたけど感じE!

ハル父さん
皆さんに会いにきてくれたんですねー

ハルちゃん
うちの息子と同学年だ。
へんなGさんをよろしく~v-15



- from ダコG89 -

   非公開コメント  
スポンサーサイト本日のにゃんタロ情報-風速は?のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。