スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロジェクト-F 挑戦者ダチ2 
2006.09.27.Wed / 23:30 
(第三部 勝利)

インターネットという場所は非常に恐ろしい心の磁場を持っている。

それはまったく大げさではなく、人生の思わぬ夢を現実にしくれたかと思えば、気付かぬ間に人生の大切な現実を奪って行く。
 この1と0の電気で繋がった情報の箱は、人を幸せにも不幸せにも出来るのだ。

その両方を経験し実感したことの有る金太郎飴は、常に気を使いながら言葉を使って行くことを自分に強いていた。

今回の交流戦もネット上で人を集める限り、どんな人が来るかは事前に解らない。「沖釣り」が「フグ様」が、大好きな人だから良い人であってほしいし、そして人を信じたい。
しかし、もしものことはあってからでは遅いのだ。

いや、もしものことはいつも悪意から起るとも限らない、本人は良しと思っていも、人によっては悪く聞こえる言葉もはあるんだから。

もしも、本人が悪気は無くても、コメントや自分のブログで交流戦を開催した船宿さん悪口と聞こえることを書いてしまったら…。

金太郎飴もしゅうも心配症だった。だから念は念を入れるつもりだった。

なぜなら、今船宿は新しい時代に突入して、新たな目にさらされている。毎日、インターネット上でその日の釣果は発表され、船宿同士、ユーザーの厳しい目でに毎日比較されているのだ。

昔のようにスポーツ新聞で週間遅れの、それもかなり怪しい釣果情報が流れてくるのではない。
もし釣り宿が嘘の釣果を書こうものなら、その日中にどこかの掲示板でそのことが書かれあそこは嘘つき船宿だとたたかれている。
それが釣り客の流れとなって船宿経営を左右し始めているのだ。
もはや、釣り宿経営者の方々はちゃんとマーケティングという概念に立たって戦略を進めなければいけないいけない時代なのだろう。

そして、金太郎飴のこのブログも不特定多数の人が釣りの情報を見る物だ。
ロムだけしている人の中には、こんなイベントが開かれたと聞くと、面白がって、この日の釣果を他の大貫沖にいた他の船と比べたく成るに違いない。

いやそれはそれでいいのだ。しかし情報を読み込む側にちゃんとした知識と技術が無かったら?
オイラはそれを過去の自分の反省も踏まえて、「釣り情報化時代に思う」や「釣果の方程式」で訴えてきたつもりだ。

本日の釣果 
27.27.17.17.1616.1515.…数字にしてみれば

なーんだ竿頭でこれだけ?
ほかの船は38だって、フグ好きが集まったって言ってたけどこいつらたいしたこないじゃん?

わー○○丸はさすが釣らせる船宿だねトップ62だって。
やっぱりこの船宿たいしたことないんじゃん。

ローディング出来なくもない。
それが誤解であっても声、ネットの中では同じ声の大きさである、そのせいで参加していただいた皆さんと船宿さんの看板に泥を塗りかねない。

「タコ船ミシュラン」でに出てくる勘違いおじさんのように、勘違いする人に限って1.4kgのオニの首を取ったように数字が事実だというマジックにだまさる。
 よって、これだけの腕利きがのったら当然、船の下にるフグのをほとんど釣り上げて当然個人当たりの割当がへることなんて思いつかない。(笑)数字にこだわるなら、われわれの船が上げた全フグ数も目安のはずなんだけどね…。

しゅうと金太郎飴はそのいじめられっ子体質からすっごく慎重だった。
だから、交流会の船宿名と釣果はださないつもりでいたのだ。

でも、仁兵衛丸さんは素直でおおらかだった。(爆)
今回お家の事情で参加できない仁兵衛丸さんは、それでも俺タチのこと
に心を砕いて応援してくれていた。
何度もン金太郎飴にはメールでアドバイスと励ましをくれて。

そして、自分のブログでも「カットウ河豚交流戦」を取り上げてくれ。
開催は鶴見の富士丸さんですと大きく書いてくれた。

ゲ!

(いや、富士丸さんでも喜んでくれたので一緒になって喜んでくれたんですよね。オイラ仁兵衛丸さんのそういうと大好きです。)

しゅと金太郎飴は青ざめた。
しかし三秒後には真っ赤になって、これはもっと力をあわせて皆さんと富士丸さんをもり立てて行くしか無いと決心したのだ。

そして、これは後の盛り上げ記事を書くことの根本原因となり、過程を盛り上げる結果オーライを生んだと言える。

まだまだ開催には困難が続く。
でもあんまり書いてもられないからスピードアップ。

青船長の急用による日時の変更。
沢山の人が急に集まったので、その調整。

しゅうと、金太郎飴は最後の、ヒロセさんサンチャゴさんの参加の
際にはメールの取り違えをやってしまった。でこのお二人は実は本来の予定人数よりもプラスとして加えさていただいてるのだ。
でも、金太郎飴は本当にお二人参加していただいてよかったと思う。
(ねえ、しゅうさん。)

最後はあとからあとからやってくる、参加したいと表明してくれた方々を断るのが心苦しくて…。
本当ならギリギリでちびとらさんも乗せたかったよ。

しゅうと金太郎飴は外交戦略でも動いた。

ホンビノス貝丸さんに乗船して協力をお願い。優勝賞品という大きなお土産を持ち帰ることが出来きたのだ。


そして、最後の仕上げはにゃみ丸で。



当日…の朝
金太郎飴としゅうは、皆さんに楽しく釣っていただけるように幹事がいつでも飛び出せる目の届く場所、左右胴の間の船券抜き取り、握りしめた。

音楽スタート~!!
ジャッジャーン、ジャラーン(歌詞二番)

タナ底3mのマアジ  ベタ底のカサゴ

みんなどこへ行った?アタリだすことも無く

名人の釣果を追って 竿頭の釣果を追って

釣り人はオデコばかり掴む

カモメよ高空から 教えてよ海中の魚を

カモメよ海中の魚は 今どこにいるのだろ?


……「カットウ河豚交流戦」……幹事飴ちゃんの思い描いた夢の通り、シンプルカットウ名手フグキチさんとと食わせカットウ名手ホンビノス貝さんがが激突、奇しくも同数で並びたつ大盛り。
また、不利なミヨシでもやっぱり天才少女は天才で、クイーンはクイーンだったと感激させていただきました。
オデコが出なくて本当によかったです。初め一番危なかったのは主催者と幹事だったが。

今回、自分の思うような結果を残せなかった選手もおられたと思います。

 特にデカダンナさんは悪い足でデカイのに、風の中一番はねる、ミヨシの張り出し。幹事としては後になってもっと気を使うんだったとあとから反省しきりでしたが、及ばぬオイラを許してつかんさい。

 暫定名人も今回は残念でした、でも「席が悪いとか」言い訳するでもなく「そうゆう物だ」というハル父さんの所のコメント読ませていただき私もKayoっぴさん同様感心いたしました。
 そうなんです、やっぱり解ってらっしゃる。幹事として心救われました。また、次こそ(カワハギかもしれない)ガンバってその腕を披露してください。
だから、今度奴隷さんが釣れなくてもそんなときこそ優しくしてあげてくださいね(笑)

 そしてKayoっぴさん本当におめでとうございます、翌日の○○屋さんでの51フグ堂々の竿頭。カットウ河豚交流戦の幹事として貴方に出場していただいたこと本当に感謝いたします。それはわれわれが最強であった証しにもなりました。
暫定名人の言葉をそのまま体現していただきましたね。
当日は金太郎飴が決めた無茶なルールの中で、つき合わせて苦しませしまってごめんあさいでした。

…「カットウ河豚交流戦」それは主催者しゅうと幹事金太郎飴にとっては最高の喜びを分かち合い終劇となった。




-エピローグ-(愛)

これは蛇足だという人は居るかもしれない…
それは言わない約束でしょと思う人もいるかもしれない…
しかし私は書きたい。

音楽スタート♪
「ヘッドライ○・テルラ○ト」で

語り継ぐ 人は金太郎飴

吹きすさぶ 大貫沖へ

紛れ散らばる 釣果の数は

関係ないんだ

ミヨシハリダシ オオドモスパンカ

楽しみははまだ終わらない

ミヨシハリダシ オオドモスパンカ

楽しみははまだ終わらない

楽しみははまだ終わらない…

 夜のことだった。カットウ河豚交流戦を終て、ニャんタロに釣りに行かせてくれてありがとうと感謝の言葉を口にしてその日あった話を語る金太郎飴、そのとき金太郎飴の携帯が鳴った。

どうしたんだろう?「しゅう」からメールだ。

そのメールにはこう書かれてあった。

「コメント欄にとっても残念なコメントが有るんだ……。(これじゃあまるで、釣り宿さんが悪い見たいな書き方で、)釣れない船でごめんねって、書き込みそうになった。自分のブログに明日(反論)かいちゃうかもしれない。」

金太郎飴は持っていた箸を落とし、真っ青になって、すぐコメント欄を確かめる、
一番起きてはならない事が最後の最後でおきてしまった。
金太郎飴のキーボードを打つ手は震えている。


金太郎飴はそれらしきコメントを確認するとしゅうに電話した。

PM11:18分

電話の向こうでは大の男がたった一行の言葉でとてつもなく落ち込んでいる。

あめ:「コメントってこれのことだよね。」

しゅう:「ああ、オイラ大人げないかなあ。」

あめ:「うん、大人げない。だから、絶対に反論は書くな。やっぱり、心配していたことが起ったが、これくらいなら他のユーザーは気付かない、だからコトを大きくするとよけいに泥を塗るぞ。

それに、どう読んでも相手は自分の言っていることに100%悪気はない!素直にそう思って書いているだけだ。だから、相手はそういわ
れてもきっと理解できない喧嘩になるだけだ。大人はこらえろ。」

しゅう:「うん」

あめ:「ただ、しゅうの気持ちは解るよ。こんな些細な文章で?って普通関係ない人は思うかもしれないけど。
あれだけ頑張ってくれた主催者だもんなあ。…頑張ったひとほどナーバスになってよろしい。
そして、ダメ丸でも撃沈丸でも自分の通う船宿は愛してる(笑)だからか通う。それは釣果じゃなくて、そこがどれだけ楽しい思をさせてくれたかだもんな。それを胸をはっていえるだけのことを俺たちはやったんだ自信を持とう。」

電話の奥で泣き笑いが聞こえる。

「みんなに気を使いながら本当に主催者としてよくやったね!しゅさん。12フグはほかの誰かが見たら何のことは無い数字かも知れいけど。宿敵飴ちゃんを破り。自己記録を更新し。たぶんあの時大貫沖にいた誰よりも自分の心に残り、これからのしゅうさんの釣りを楽しくしてくれる12だよ。」
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
--琴線--

ここまで気を使っていたとは、、、。大人の対応が一番だよ。

誰が見てるかわからない恐怖との闘い、お疲れ様。

でも次の闘いが待ってるからね。
俺も仁兵衛丸さんの素直でおおらかさが羨ましい。

- from k -

----

幹事が一番気になることって自分の釣果より他人の釣果なんですよね。
とくに、通う宿でやると、みんなが沢山釣って欲しいと祈る思いで乗船している気持、よく分かります。

当日は間違いなく、みんなで釣果を分けあってますよ。

- from ゆう -

--落ち込んだりもしたけれど--

次の日、疲れもあって一日寝て、
月曜日に会社にちゃんと行って、
よく考えたら船中255匹だし立派な数字だよね。
しゅうはあめちゃんから元気いっぱいもらいました。
ありがとう!!

- from しゅう -

--kさんへ--

お笑い系のブログですが毎回書く恐さと喜び両方と戦ってます。だから楽しいんですけどね。交流戦始めのころkにいただいたメールにも考えるさせられて他の船の常連さんを集めるかぎりは細心の注意がいるなと思った次第です。仁船長はあのおおらかさが人徳なんですよ。だから名人とオデコ会長の兼任キャラが可能!kさんは名人とジェントルメンキャラなんで羽目がはずせなくてちょとかわいそう(^_^;ってまた生意気いってすみません。

- from あめちゃん -

--ゆうさんへ--

人に言われる前に自分で理論武装!?必殺わざです(笑)ふぐのことはさっぱりわかりませんが大きな船団になるとあとからきた船は当然不利。したがって湾奥の船は電車客まち、距離と一番不利な条件で戦っています。オイラはんがんびいきなところがあって、思わずがんばれって思っちゃいますよ。だってあれだけオイル使って船代ほぼ同じ何だもん。家から近いしね!ねえフクさん。

- from あめちゃん -

--本当にお疲れ様--

あめちゃん、しゅうさん、気を使っていただき、本当にお疲れ様でした。
東京湾で、フグ釣りしている方は、この頃増えたとはいえまだ数がそんな多くないはず。
釣り手もハンドルネームで参戦はしているが、誰だか想像はついてしまうかも・・・
そんな中で、参戦した方々にも敬意を表したいとも思う。
あの日、富士丸さんに集えたみんなが素晴らしかった。そして、富士丸さんの心意気にも感謝!
主催者&永久幹事さんの心遣いに感激です。

ぜひ、この交流戦続けてやってもらいたいものです。
アタシも、もっと協力いたしますのでよろしくお願いしますねぇ。

さあ、思い立ったら吉日、あめちゃん、しゅうさん。
早くホンビノス丸でフグしゃぶ食べながら打ち合わせですよ。 (笑)

- from ホンビノス貝 -

--しゅうさんへ--

やっぱり書いちゃたよ。事実だけね。だから皆さん、くれぐれもしゅうさんがどのコメントにカチンときたか今更探さないようにお願いします。 今週はイイダコいってくるよ、しゅうちゃんを誘わなかったわけはしゅうちゃん自身が一番わかってくれるでしょ?河豚はいいみたいよ青船長といってきな~(^O^)v

- from あめちゃん -

----

あめちゃんいろいろおつかれさまでした。
お気遣いの中で、ワタシノー天気なもんですんません。
楽しい釣りができるのが一番いいことなんですが、今回は手があったんで相当の気遣いがあったと思います。
今回のイベントでは皆さんがあめちゃんやしゅうさんに感謝してると思いますよ。
みんなで楽しくが一番のことだと思います。
うまく言えませんが楽しく楽しく。

- from 仁兵衛丸 -

--大変な--

オフ会、本当にお疲れ様でした。
主催者や幹事にしかわからない舞台裏、しっかり読ませて
いただきました。
これって、ホントにあめちゃんさんの言う通りデジタルな世界の
現実なんだなぁって。
でもね、参加できなかったオイラが結果が楽しみで楽しみで
仕方無かったのも事実です。これホント!

だから、これからもオフ会続けましょうね!
オイラも12月辺りから参戦したいと思ってます。
その時は仲間外れにしないでぇ~~~… (T_T)

- from makoto -

----

ネット上での呼びかけで集まると OFF会という感じで 自分的には受け取る部分もありまして その意味でも 交流を深められたので 大大成功でしたよね♪~

各釣り船の名人級の方方が 一同に集まるイベントとしても 大大成功でした♪~

幹事様お二人、御参加された方々、応援して頂いた方がた、船宿関係者の方方 に 改めて感謝です ありがとうございました♪~

- from ふくさん(会員番号3番) -

----

ネット上とは言え、人とのつき合いには変わらないですものね。
つい口から出ちゃった間違いや過ちや心無い言葉も一度出てしまったら(書いちゃったら)取り返しがつかない・・・
でもそれをまたやり直せるのも言葉だと思う。

世の中の人全員に好かれるなんてまぁムリだし、ぽちぽち行きましょう♪
あめちゃんに実際に会った事のある人はみんなちゃんと理解してくれるはずだからね♪

脳天気2号でした。チャンチャン

- from にゃみ -

----

その、臭いところに蓋をしないで、敢えてこの大会を開くことが出来たのは、緻密な計算と、綿密な計画。

万難排して参加した甲斐が充分にありましたよ。

まあ、いろんなところから、いろんな人が集まるけど、キーワードは釣り好き!

それだけです。

コレを大切にしたいですよね!

- from ハル父 -

----

読ませていただきマシタ。

足跡残します・・・v-17

- from ダコG89 -

----

やっぱり、キーワードは
「釣りが好き!」
ですねv-411

- from しゅう -

----

幹事は気を使うし、大変ですよね。
でも、皆からこれだけの暖かいコメントも頂けたし、
苦労が報われたんじゃないでしょうか?
ほんと、お疲れ様でした。
今週は一人でイイダコですか?
目一杯楽しんできてくださいね。

そうそう、アカムツいい感じですよ。

- from 井上 -

----

ネットというか、テキストだとニュアンスが伝わらなくて誤解を生む時もありますよね。

本当にお疲れさまでした。

っていうか、"海の中の魚" バカウケです。(笑

- from 釣りっ子 -

--いよぉっ、名幹事!--

の片割れ  ポコ♪

熱い想いを読ませていただきました
ご苦労様でした ポコ!

- from たぬき -

----

いいだこつりかたおしえてね
ふぐのときとはぎゃくだね

- from はる -

----

ホンビノス貝さんへ
第二回大会をやるとしたら、主催者は交代で船宿も変えたいんです。つまり開催地が変わることでまた条件も変わる、オリンピックやワールドカップみたいに(笑)次の主催者はどの方?さあ名乗りを!
ホンビノス丸には近々仁船長と乗船の予定ですそのときはよろしくお願いします。

- from あめちゃん -

----

仁船長のブログを読んでるといかに作者が釣りを楽しんでいるかが解ります。オイラはむづかしく自分でしちゃうので、楽しいのも意識してやらないといけないタイプ、やはりMでしょうか??

- from あめちゃん -

----

makotoさん12月は何が良いですかリクエストください。オイラは温泉かな(笑)イシモチ温泉かカワハギ温泉。(エサ○さんのHP見ると解るよ)

- from あめちゃん -

----

ふくさんへ
ふくさんの魔法にもありがとさんでした。(笑)

- from あめちゃん -

----

にゃみさんへ
能天気?うそおっしゃい!(ピシッ)
みゃみさんも仲間、もともとすごい思い込みが激しいから一生懸命に自分を自由にしようと意図して能天気に振舞う人、子供の頃は神経質だったでしょ?
でも、大人になるとだんだん自然体も見に着くよね。
おいらもよーやく不惑の年で人生ちょうどよい具合に肩肘張らないくなりました。

- from あめちゃん -

----

ハル父さんしゅうさん
「釣りが好き」いこれで共感できる限りわれわれの思いは永遠に不滅です。

- from あめちゃん -

----

井上さん
いよいよ下期に入るので仕事も楽になりそうですか?
私も出張が…でもこれで振り替え休日を火曜日に!
アカムツ是非食べたい。じゅるるる。

- from あめちゃん -

----

釣りっこさん
今度あったら全曲生で歌います(いらん?)

- from あめちゃん -

----

たぬきさん
おそれいれます。書こうか書くまいかかなり悩んだんですが、やっぱり知ってもらうことが大切、沖釣り界のweb2.0時代の集合知を目指します。

- from あめちゃん -

----

はるちゃん
フグが出来たらイイダコはすぐに中級以上のレベルにいけると思いますよ。あとはセコンドのパパの作戦ですね。小さい体で二本竿、さあどうするか?
忍ぶさんみたいに、テトラ竿にワカサギリールって手もあるよ。

- from あめちゃん -

   非公開コメント  
スポンサーサイトプロジェクト-F 挑戦者ダチ2のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。