スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リールの方がガンダムだったのか!(小田原のオニカサゴ前編) 
2006.03.11.Sat / 20:26 
うっ、冷や汗が出て来た。

小田原港


午前6時 小田原港
船上で準備を始めながら固まったオイラ!

ところで、皆さん地球連邦軍のジムってモビルスーツ
お解りになりますか?
RX-78のもとに作られた連邦軍の量産タイプMS。
RGM-79。
カッコイイプラモのジムファンのかたにはすまないが、
「シャーに邪魔だ!」と一喝されるだけでボカンと
撃破され宇宙の塵になる。
ファーストガンダムではショッカーの隊員みたいな、
ジムはいわゆるやられ役です。

なぜいきなり、こんな前振りかと言うと…
オイラの竿、白くてのっぺりした先がなぜかオレンジの
インナーガイドの240のヤリイカ竿。98年製。
ごっつくって、カチカチで先調子の野太い竿。
ジムそっくりのカラーリングです。
そう、オイラの竿ごっつい割にはすぐやられそう。


そして、その上にノッかて居る電動リールがこれまたぱっとみ
「それ!ミヤエポックの最新型コマンドーCX4Rですか? 」
って言われそうなくらいデカイ旧式のスーパータナコン500S。
これも98年製。
ちなみに、 昨日の夜から異音を発しています。

オイラだって沖釣り師の端くれ、周りを見回して
雰囲気が読めない男では有りません。
それどころか、タックルと見の振る舞いのぱっと見で
その日乗船された人の中から竿頭さんを予測っしろって
いわれたら結構ぴったり当てられる自信あり。

そんなオイラが船上を見渡して一目瞭然。
こんなヘビータックルでオニを釣りに来たなんて、
誰が見てもオイラのこのタックルは、
あんた何釣るつもりですか?って感じで周りの人と明らかに違う!
タナ500s

オニカサゴ釣りが解ってない素人まるだし。

この時点でオイラ泣きながら船を降りたくなって来ました。
船べりに並ぶ 他の皆さんのタックルいえば、
最新式の専用竿と最新型の小型電動リール。
うっ!グラスムクのカスタムロッドのかたまで!

居並ぶ


だれも古いインナーのイカ竿でイーカなんて
だじゃれてる人は居ません。

ほらあのおじさんなんかはアナリスタにシーボーグ!
 全体真っ赤でシャー専用。

あっちのお兄さんはシマノで統一、
 全体ブル~のマ・クベ大佐ですか!?

ほんと近頃の電動リールってデザインもペイントもかっこ良く
て ガンダムみたいだ!!

この最新式のモビルスーツが居並ぶ中で、
時代遅れの旧式量産タイプにが出来るというのだ!
オイラが手釣りで蛸釣ってる間に、
中深の釣りってむっちゃ進歩してたんですね。

かのシャー少佐も
「モビルスーツの性能の差が決定的な戦力の
差じゃないってことを解らせてやる。」
と名言を吐かれていま すが、
それもシャーの1年戦争のキャリアとニュータイプ感性、
ジオンズムダイクンの息子というプライド有ってのこと。
オイラには「守るべきものなんてないんだ。」

いや守るどころか、放りだしたい!
皆さんの二倍近く重量が有りそうなこのヘビータックルを!
昔 だからイカ釣りのシャクリ動作に疲れてついて行けなくて
浅場の釣りにトラバーユしたんだよ~。

は~。今日はアネロンもちゃんと飲んだし、
海から富士山を眺めておにぎりを食べるのだ。ぐすん。
夢が正夢にならないことだけを祈ろう。

昨日はさんざんな夢だったもんなああ。
電動リールから異音がするので、
オイルでもさしとくべと思 い
リールオイルを延々探したが結局見つからず、

あきらめで寝たら夢の中で、電動リールは壊れるは。
自分が釣りをしている船に、隣の船がぶつかってくるは。
それで、びっくりして跳ね起きたんだよ。

案の上、寝ぼけたなぎさが頭から
倒れておおいかぶさって来きてたんだけどね。

お陰で三時間しか寝られずに、小田厚道路で車に酔うし!
自分で運転してる車で酔うなよオイラ。

さて、そんなオイラの心のくよくよをよそに、
定刻7時
休日はいつも満員で二艘出しとなるオニカサゴ船。
坂口丸は意気揚々と湘南の海に乗り出していった 。

オイラは、男前の若船長の操船する第二坂口丸の
左舷ミヨシ一番でまだ一人くよくよ。
スポンサーサイト
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイトリールの方がガンダムだったのか!(小田原のオニカサゴ前編)のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。