スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こっそりと行く夜メバル 
2006.09.16.Sat / 23:47 
(9月16日土曜日)今日は良く働いたなあ~。
夕焼け横浜



朝から部屋の掃除でしょ。
(オイラは二週間に一回ぐらい「男掃除の日」として家具を移動させて掃除機を掛けたり、床を水拭きしたりしている。机の下からは必ずなぎさのおもちゃが発掘される。)

次はお昼まで、なぎさのベビー水泳教室。
(オイラは「海事訓練」と呼んでいる。前に足の届かないプールで落ちて沈んで行くなぎさに「自力で上がってこい!」とむちゃなことを言って先生に極悪パパのレッテルを貼られてしまった。でも今から慣れておかないととっさの時に役にたたんじゃん!と思う。)

お昼は焼きそばを作って。
(あーこれで、冷凍マルイカがなくなった~。)

午後からはサティになぎさと二人でお買い物。
(お野菜買っとかなきゃね。あと味醂これがないとオイラだめだ。)

ん?あめちゃん、とうとう釣りの行き過ぎで、にゃんタロに逃げられたな!って?シャレにならんことは言わないで皆様。

 うちのにゃんタロさんは10月に資格試験を受けるので、予備校通いと勉強が忙しく、旦那としては休日ぐらいフォローしないといけないんです。
さらににゃんタロさん日曜日は友達の結婚式でお出かけでいないから、ガーさんのお誘いは涙を飲んでことわらざるを得ない。

まあこの3連休は月曜日の午後船、黄色の蜂蜜狙い。
だけど台風「サンサン」がやってきそうだし…不安だなあ。
去年も秋は雨に泣かされたし、ぼやぼやしていると休日釣りに行けなくなっちゃうんだよね…。

と思ていたところへ、近頃各船宿の荒行で名を馳せている「覆面釣りレスラー ルチャ・リブレ氏」から携帯メールが入る。

ルチャ氏:「午後アジやってるよ~しかも夜メバルまでいっちゃうよ~来る?今日は凪ぎだし釣れるかも~」
オイラ:「凪ぎ!」
ああ、おいらこの言葉大好きだから娘の名前も凪ぎの字を付けたんだよね。
と思って可愛い愛娘を見るとオイラの腕のなかで、うとうとと眠りに落ちかけているじゃないか!?

じゃあ布団を引いてと…遅いお昼ねになってしまったけどちょうどいい、このまま行くと二時間は寝てくれる。

あとはにゃんタロに任せて今から黒川本家に直行だ!
にゃんタロも朝からのオイラの頑張りを評価してくれたんだろう二つ返事で許可してくれた。

では、高速にのれば山下まで15分。さあルチャ氏に電話して席を取っといてもらおう!
そうそう、ルチャ氏をちょっと紹介しておかないといませんね。
 彼はメキシコ出身の覆面釣りレスラーで必殺技は甘エビ固め。

日本には釣り修行にきてるんですけど、ブログをメキシコの妹さんに発見されてから、情報が筒抜けになり。
故郷のお母さんがあまりの骨身を削る修行、荒行に心配するので、今後はたまにブログに釣行結果を乗せずに覆面を付けて活躍するそうです。F丸の常連さんに似た姿形の人を見かけたとしてもそれは全く別人とのコトでした。(笑)

本家


 そして、あっという間に黒川本家に到着、しかし行くと決めて30分でこの行動、おいらもいよいよ末期患者に近付いて来たか?
 とおもいきや、もっと重い重度で末期の釣り依存症ルチャ氏が笑顔で迎えてくれると、オイラなんてまだまだですとシャッポを脱いでしまいます。

このときルチャ氏はすでに、今日の午後アジで竿頭、10枚集めれば一回券を既にげっとされているたのだ。

賞


(竿頭の人に出るこのサービス、釣り客のやる気を起こさせていいですよね。釣宿さん)

ライトアジでも夜メバルでも竿頭の写真が残ってるし、マゴチをやらせれば半日3本で坊主なし。
ほんとにここ黒川本家にくればルチャ氏は強い。しかし覆面を脱いでF丸に行けば…っておいおい!

そんなルチャ氏は迷わず、左舷オオドモから並びの席を取っていてくれた。
オイラは「オオドモ?メバルはミヨシじゃあ??…」と言いかけて口をつぐむ。
前回、マゴチの時はルチャ氏の忠告も聞かずオオドモに行って失敗しているからだ。
ここは常連、竿頭経験者の力を信じるしか無い。

 さて、船は夕闇迫る横浜港を出発一路根岸方面へ、本牧不当を越え、埋め立て地をぐるりと回って根岸、磯子方面へ出た。
最初の釣り場は住金の岸壁あたりであろうか?船はお尻を岸壁に着けて横流しのスタイル。
左舷オオドモのルチャ氏がベストポジションとなる!(流石!)

岸壁


オイラは、明るいうちはカサゴもと考えて、下部誘導天秤仕掛けをセットしたるませ釣法で狙うがスグ根がかりでオモリを取られてしまった。

…根は少々荒めのようだ。これは胴突きで丁寧に穴探しした方がいいかなと考えを改め攻め方を変える。

ルチャ氏はストラクチャギリギリを好調に攻め、早速15cm級のメバルを取り込んだ。
オイラの初めてのアタリは30cm級のアジがかかって来て、これには船長もビックリ。

面白ーい!アタリはそこそこ有るようだ。
オイラもルチャ氏も続いて同級のメバルを上げる。

でも、かなり底で食って来るなあと思っていたら
ルチャ氏:「二番目に食ってますけど…」と

やっぱりストラクチャーよりはやっぱり棚が高くなるのかな?
かわいそうだが護岸から遠くは離れたミヨシではいっこうに竿が曲がらない。
ここではルチャ氏4匹、オイラは2匹とメバルを上げた。しかししばらくするとアタリはさっぱり途絶えてしまった。

次のポイントは、対岸ベイサイドマリーナ近くの沖堤。
ここも船はルチャ氏居るの方向から突っ込む。
散発で当たるが、いかんせん5cm級が混じり魚にさわらないように注意してリリース。

キープサイズの勝負はルチャ氏は3匹追加して7匹。
オイラは2匹追加して4匹うーん渋いなと二人で愚痴。

後ろ右舷の常連さん達はここでつ抜けしたようでルチャ氏が情報を聞きに行くと
ルチャ氏曰く:「たるませだって。」と一言。

あーやっぱりそうか!
オイラ一発目の根がかりを嫌ってたるませをやめていたが、やっぱり活性が低いときはメバルいえど底にへばりついている。
オイラもチャレンジしてみるがまた根がかりで良いとこなし。

ボヨヨ~ん。
夜メバル釣りってこんなに難しかったけ?

近頃やってないからなあ、お隣のH屋さんで31cmの魚拓サイズを上げたのは何年まえだっけ??
でも、普段と違って妙に焦らないのが安近短のこの釣りの良いところかもしれない。
まあいいかあ♪この凪でいい夕涼みができたんだしと、あきらめモードでのこり30分とあいなった。

船長が選んだ最後のポイントは戻って埋め立て地との間の水路。

今度は逆に右舷ミヨシ側から突っ込んだが、浅~こんなところで釣れるの?って感じ。

だけど油断大敵なんだよね。
スズキもマゴチもこの場所でガーンと来たりするのを経験している。

だからメバルだって…と思って投入すると。
これがばっちり、突如船中入れ食いになった!!

オイラはダブル三回で一気につ抜け、底に付けてたるませ、誘い上げるとすぐ針がかりして来る、5cm級の小さいのやキスも混じるがいい調子だ。
やはりオイラの最後30分に強いジンクスは生きていた、
前回マゴチで一度死んだと思われたがここで復活だい!
メバル釣果


結果リリースは小メバル6とウミタナゴ1、キープは15cm以上でそろえて14メバル。アジ1。キス2。
うーんなかなか十分な煮付けようのオカズ材料は釣れました!
感じで終了!
オイラは上機嫌で帰港となりました。

え?でルチャ氏の結果はどうだったかって?聞かないでやってください。
だれか友達と行くと最後に競り負ける癖がついて来てるようでご本人気にしてますから…。
ルチャ氏

哀愁の背中ルチャ氏。


スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
--良い釣でしたね--

 いや~
なんか楽しさが伝わってきますねぇぇ~

沢山釣れたし 楽しめたし 美味しいし♪~

やっぱり アオイソ君は 良い仕事してくれますかぁ~♪~(笑)

- from ふくさん(会員番号3番) -

----

そうですか、奥様は受験勉強中でしたか。
じゃあ、10月の平日釣行は難しいかな?
10月は外房のヒラメが解禁するし、アカムツもどうかなと思ってたんですが……v-388

- from 井上 -

----

「凪ぎ」から「なぎさちゃん」!!
いい名前ですね^^v
ん~、メバルでタルマセ、怖いな~。
メバルおいしかったですか?

- from ガー -

----

ふくさん
そうなんです、やっぱり暗闇で光るからですかね、アオイソ君。モッチーにも効くのは当然泥底付近で餌を狩るから、つまり砂に潜むあいつにも効果は絶大なはず!釣り情報で工藤さんが書いていたこと証明するのはオイラだ!

けんさん
大丈夫です。試験は一周目なんでそれまでです。そろそろメール書こうかなと思っておりました。オイラ的にはアカムツ一押しですが、ヒラメでも。
剣崎DとX4は誕生日自分へのプレゼントとしてOK出てます。もーいくつ寝ると…てんびん座ですから。

がーさん
「なぎさ」は娘のハンドルなんですが、本名にももちろん「凪」の字がついてます。子供の名前は親が始めて送るプレゼントですから、いろいろ悩んでつけました。メバルはにゃンタロが煮付けにしてくれて埋まったですよ。

- from あめちゃん -

   非公開コメント  
スポンサーサイトこっそりと行く夜メバルのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。