スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
びっくり男鹿の超ロングハリス真鯛-1 
2006.08.24.Thu / 23:23 
 突然やってきた嵐にびっしょり濡れ鼠になった釣り人三人は、船出から三時間後這々の体で釣宿の斉藤釣具店さんに戻って来た。
常連Sさん、盛岡からやって来たTさん、そしてオイラの三人だ。

20060818103312.jpg


九州に上陸した台風から続く気圧の谷がここ男鹿半島まで伸びてしまったらしい。
天気予報では朝からの雨が回復方向に向かうはずだったのにいきなりの雷雨と波浪警報発令となってしまったのだ。

おかげでカッパも持っていかなかったおいらは直角イカTシャツも体にぴったり張り付いてしまっている。

「飴さんは着替えもってないの?じゃあこれ着て。」
女将さんは奥からMARUKYUさんの販促Tシャツを渡しておいらに着替えるように勧めてくれた。

続いて船長も片付けを終えて店に帰ってくる。
「今日は悪かったね、三時間しかやってないし3千円バックしてあげてよ。」
女将さんは皆にお金を払い戻してくれた。

ううー秋田の人ってなんて親切で優しいんだ。
(また言ってるがほんとうのことだ。)

それからは常連のSさんを中心にしばしの釣り談義。
もう滞在一週間近くなるオイラは秋田弁にはなれたけど…
まだまだ話には30%も参加できない。

と、船長が
「でも、にいちゃん最後の当たりあの嵐の中で良くとったな
あれで解ればたいしたもんだ。まあ、鯛釣りってーのはこげなもんさ~。」
ニッコリ笑ってこう話をふってくれた。
(秋田弁なので訳すと多分こういってると思います。)

「はあ?こげなもんですか!」とオイラ
すると一同大爆笑の渦。
さらに…

「はっきり言って、こげな仕掛けと餌であそこに貼ってあるメーター近い真鯛がつれるとは、ビックらこきました。
というとまた大爆笑。

女将さんが最後に
「また機会があったらたぜひチャレンジしてみてくださいよ。」
とにっこり笑ってくれた。


                    


とここで話は前日に戻る。

能代で夢の電気釣りを体験したオイラはもう一日と家族に許可をとって、八竜丸さんに乗る予定だった。

ところが、タイミング悪く仕立て船が入って八竜丸さんに乗れず、
ギリギリのタイミングでここ二日、乗れる船を探すはめに陥っていたのだ。

ところが、秋田の予約乗り合いのシステムは3人以上お客がそろわないと出船しないことに成っているらしい。
18日といえば既にお盆休みも終わっているところもある平日だなかなか電気で出ている船が捕まらなかった。

最後ののぞみを掛けて電話した、男鹿の斉藤釣具店さんも明日は電気では人が集まらないという。

しかし、親切な女将さんは
「常連さんに声をかけてみましょうか?」とまで言ってくれた。
一見さんの異邦人のオイラのためにである。

ううー秋田の人ってなんて親切で優しいんだ。
(また言ってるがほんとうのことだ。)

しかし、話しているうちに午前11時から出る真鯛船ならあと一人で人数が三人そろうという。
おいらは、迷わず御願いしますと申し出た。

それから、女将さんにひつよな道具を聞いた。

電気釣りの常連さんがやっていたあの鯛の仕掛けとあんまり変わらんのだろうと推測していたのだが、どうやらまったく違うらしい。

オイラ:「オモリは何号ぐらいですかね?」

女将さん:「50号から150号まで二、三個づつ用意して来てください。その時の潮の流れで船長が使用オモリを判断します。」

オイラ?

オイラ:「「仕掛けは船宿においてますか?」

女将さん:「無いんですよ。簡単な物なのでみなさん船上で作ります。」

オイラは確か電気釣りでも常連さんはその場で作ってたなあと思い出す。

オイラ:「ハリスは何号何メートルなんですか?」

女将さん:「ハリスは4号か5号、15ヒロです。針は海津17か18号です。」

オイラ:「へ??いまなんと言いました?15m?」

女将さん:「いえ、15ヒロです。」

オイラ計算して…22.5メートル????

オイラ:「じゃあ水深は何メートルなんですか???」

女将さん:「40mから深いところで70mぐらいまででしょうね。」

オイラじゃあ、水深の半分はハリスなの???????7

この時点でオイラの頭の中はパニクっていた。

女将さん:「道具はあります?」

オイラ:「270の真鯛竿と電動にPE4号300メートルがまいてありますけど…」

女将さん:「それなら大丈夫です。道糸は300メートル以上巻いてないとだめですから。一流し200m使うこともあります。」

40mの水深にハリス22.5mと道糸200m!?

もう何がなんだか想像がつかないが、とにかく
上○屋に行って、フロロカーボンハリス100m巻きを買ってこなきゃ。
電話を切るとおいらはそれだけを考えていた。

スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
----

読んでてもどんな釣りか想像付きません。ご当地釣りは奥が深いですね。
オフでカットウやるんですね。いいな~、一度やってみたいんですよ。

- from あきぶー -

----

あめちゃんいったいなんなんですか?それは。
トローリングでもするような。。。

想像力がかき立てられても、想像がつきません。

- from ハル父 -

----

タナ取りが難しそうな釣りですね。

- from 井上 -

----

???

そんなに長いんですかぁ~~???

100m巻で4つしか仕掛け作れない(笑)

- from にゃみ -

----

15ヒロってすごいなぁ~
完全ふかせ釣りに近いのかな?
興味深々v-411

>あきぶーさん
まだまだ空きありますよ~是非是非ご参加を!

- from しゅう -

--しゅう様--

ありがとうございます。
是非とも混ぜていただきたい所ですが、生憎土日祝に
休める身分ではございません。。。
興味津々で指咥えて見てますので頑張って釣ってくださいね。

あめちゃん、続編UP待ってますよ。

- from あきぶー -

----

あきぶーさん
いらっしゃいませー。ほんとカットウ残念です。かといってやっぱりオフ会は、土日になっちゃうんですよね。おゆるしください。
もっとさむくなったらけんさんに御願いして火曜日ミニオフででますんでその時は!

ハル父さん
トローリング!近いかも知れない…でもどっちかといううと船の力より、早い潮の流れを利用してるから、しゅうさんのふかせ釣りの方が近いと思いましたよ~。

井上さん
たしかに!オイラもあんまりハリスが長いんでむっちゃ棚取りむづかしいと思いましたが、じつはオモリが底をはねているので意外と簡単でしたよ~。

にゃみさん
とにかく、ながーいんです。(笑)

しゅさん
正解者に拍手。地元京都の宮津にふかせ釣りの釣り船あるの知ってる?それ用の電動のあたんだって!こんど関西で一緒に成った時行って見る?

- from あめちゃん -

   非公開コメント  
スポンサーサイトびっくり男鹿の超ロングハリス真鯛-1のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。