スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お魚を買いに行こう!(第一回) 
2006.02.24.Fri / 23:50 
お昼にうちの猫殿からメールが入る。
「今日の晩ご飯はなにがいいですか?」

しばらく釣りに行ってないなあ~。
二月は結局1回しか行けなそうだし…
オイラは速攻で返信する。
「赤いさかな。

うちのにゃん子におつかいを頼むとすぐ
鯵アジ、鯖サバ、鰯イワシ、鰤ブリ、鰆サワラと猫まっしぐらに
青い魚を買ってくるので
名詞の前に『赤い」と言う形容詞をつけておいた。

帰宅前、また猫殿からメールが入る。
「お魚買ったよ。ピンク色で下唇べろんちょっとして、
悲しそうな目をして買ってって訴えてるの!
おっきいよ~どうして食べよう?

「なんだそりゃ?」
意味不明のまま、帰宅して冷蔵庫を開けるとこいつが
ぐったりと寝ていた。

ぷるぷるぷる!ぷるぷるぷる!(全身が震える音)

シロアマ


もしやこいつは!かの家康公が名付けたと言う、興津鯛!
相模湾では釣り人のあいだで、幻と言われるシロアマダイでは?!
「にゃんタロ!これいくらで買って来た!」
思わず、にゃんこの背中の皮をつまみ上げて、ぶらーんと
させながら、顔をまじかに聞いてしまった。

「おろおろ、1500円にゃん。」

「この魚単価が1500円?!うぬぬぬぬ、そんなバカな!敵は!やはり、魚幸水産か!!」


「敵じゃないです。家計の味方です。にゃんにゃん。」

魚幸水産、それは...
「釣り人を愕然とさせ、しばらく釣りに行く気力をなくさせる強敵、
釣って来た魚に匹敵する品質とコストパフォーマンスをもった魚屋」である。

国民的アニメサザエさんで、波平が釣りに行き、
オデコだったので魚屋で魚を買って帰って釣れたと言うと。
サザエやカツオにすでにバレている。
と言うのは何度も使われて来たオチだが、
釣り人なら買った魚と釣った魚の違いは必ず解るはずだ。

まして、スーパーで売っている魚は安ければ成田空港で
水揚げされていたり、冷凍の舶来品だったりする。
このごろ問題になったので詐称もすくなくなって来たが、
以前はホントに魚の名前がむちゃむちゃだったもんなあ。

良心的で魚が得意なスーパーでは、美味しい地物の魚は、
綺麗にラッピングされた、えーこんなにするの!
ってびっくりする値段で売られいる。
知っている人ならいかに物流費がかかっているか解るはずだ。
そして、そん時釣り人は密かに優越感に浸れるのである。

さらに魚好きな人なら、本当に美味しい魚は買いつけに行くだろう。
何も築地まで行かなくても、神奈川県民なら、
生麦魚河岸通りがあるし、
漁港の近くでは漁協が直販をやっていたり、
地物を扱う魚屋さんがあったりする。
ここんところの魚は本当に新鮮でお買い得だ。

しかし、そこまでいかなくていいい!
横浜駅からほど近く、
天王町と言うとっても偉い人が居そうな名前の駅から歩いて5分。
こんな都会の真ん中に、30年はタイムスリップしたかと思わせるように存在する
浜のアメ横、松原商店街

アーケード



このオープエアモール最大の集客力を誇るコア・ストア
魚幸水産は漁港のお魚屋さんとためをはれるぐらい、
新鮮な季節のお魚を格安で提供してくれるサプライズショプなのだ。

(独白)
「魚幸、オイラ釣り人として君に素直に負けを認めるよ、
昔、相模湾の甘鯛釣りはハマったことがあってね。
何度も腰越港に通ったが、
数は上げてもサイズはついぞ40cmの赤アマどまり。
君の白っぽいヌボッとした顔とは最後まで出会えることは
なかったよね。
君には僕から愛をこめて、西京焼と潮汁にして上げよう。」

「あー旦那様がお魚としてまつ!」

はっ。「にゃんタロ!明日も特売日だったな。
 そうだ、明日は家族で松原商店街に行くのだ!
スポンサーサイト
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイトお魚を買いに行こう!(第一回)のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。