スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金には¥がなかったか!? 
2006.02.11.Sat / 23:21 
午前5時横浜出発。
車は快調に横横から逗子新道を抜けて葉山へ!って?
佐島なら横横から三浦縦貫道でしょ?

そうなんですよ、佐島の港は休日お神楽だとお休みになるんです。
でも、釣行日をなかなか自由に選べないのはサラリーマン釣り師の
辛いところですよね。
と言うことで今年は、佐島のお隣芝崎港の五エム丸さんに
はじめてお邪魔することにしました。

昔の定宿、茅ヶ崎も考えたんですが、竿頭10。
むこうは外道が多彩でヒラメの確率も高いし
でっかいカサゴが釣れるのはメリットはあるんですが
やっぱりここは金メバルを数釣りたい!

意外と近いな芝崎港。。。鎌倉は道路が混むから遠いって
感覚があったが、お隣逗子は横浜から40分でついてしまった。
でも、早々に港の駐車場はもう車で埋まり始めている。
人気あるなあ、今日はオイラの小心が功を奏したようだ。

港に向かうと、水色の船が五エム丸さん。
今日は満員なんので二艘出しになるらしい。
左舷みよし一番は船長からも愛称で呼ばれている常連さん、
二番は。。。おお~~漆塗りも目にまばゆいメバルの和竿さん、
オイラは三番、これは厳しいかなあ。
レベルの高いメンバーが前に多いと、前からポイントに突っ込む
ことの多いメバルは苦しい。

この日のためにあめちゃんが行った工夫は二つ。
一、確実にイワシをカジメの上に飛ばすために、
0.8号20cmのすて糸。
これを通常に仕掛けと、オモリの間につけて棚取りをしやすくし
根がかりの時も、仕掛けは損傷せずに
オモリを捨てて一発脱出計画。

二、アブ5500にはナイロンを30m先糸としてまき、
「それ、先糸じゃ無くて道糸じゃん!」計画
ナイロン道糸で食い込み重視だ。

さて、昨日は時化で出られなかっらしいが、
今朝は天気もよく風もない絶好のメバル凪ぎ!
(だと思ったのよこの時は。。。)
意気揚々と7時に出船と相成った。
朝日


さあ船は波をけたてて、朝を浴び、沖の鳥居に合掌、
雪をかぶった富士山にも合掌。
相模湾の釣りは風景が良いよね!
で、船は走る、走る。佐島を超えて荒崎へ。
あー佐島の船とポイントは同じだったのね。

第一投、ビビビ、ビビビ、おー早速当たった。

ピーン。んーなんか弱いなあ。。。ビシッとならない。
しばらく様子をみて半信半疑、ゆっくり巻き合わせにはいる。

ククッ、ククク。よかった竿をもって入ってくれた。
第一号20cmだ。上針に食って来たから棚上げよ。

船内順調に釣れ上がり、船長はデジカメで写真を撮る。
みなさんの分取るみたいであめちゃんも一枚とってもらった。

さて第二投、ビビビ、ビビビ、おー当たった。
食いがいいなあ。でもビビビが続くばかり、

うーむまた巻き合わせで対処だ、クイイイ。
なんかクイイイーーーーのまま上がってくるぞ?
こらなんじゃあ?

仕掛けが海面まで上がって来たところで、
海底からイワシをくわえて来たメバルちゃんが
ぱっとイワシを放して、海中にバイバイ!
なんだとー。
むむむーくやしー。

この当たるけど釣れないのが、カワハギ同様たのしいだな。
この釣りは。

しかし、調子の良かったのはこれまでだった、
40分ぐらいして当たりが止まると、
ぐらんぐらん、立っているのが辛いほど船が揺れだした。
いや、当たりがこなくなってその状態に気付いたのだ!

天気は良く晴れて風も無いのになぜ?
かなり波には高低差が。。。。

船長「昨日の風のうねりが残ってるんだよ。まだ大島あたり
じゃあ風がふいてるんだよね。でまだこっちにもうねりがきてるんだ。」

しまった。船の揺れのせいで棚キープがうまくできない。
初期あたりがあっても、食い込ませられずに、外してしまう
竿をコントロールして船の上下にあわせようとするが、
穂先を見つめながらやってると。。。。
あれれ、なんか気分が悪くなって来たぞー。
ふっ船酔いだー。

ちなみにオイラは決して波に強い方ではない(>_<)!
鹿島のヒラメ釣りなんか毎回ゲーゲー吐きながら、
それでも必死に手持ちで330とか360の長竿を操っていた。

げー気分悪りー。
そうだいつも非常用にとアネロンもってたな、と遅まきながら飲む。
朝の二時間、決定的にこの船酔いで出遅れてしまう。

う~そして子供のようにもう涙目。。。もう帰りたいよー。
出ばなをくじかれて戦意喪失。

ただここでミヨシの常連陣がメバルを上げいたなら、
あめちゃんの魂も再び竿に戻って来たのだろうが、
見るからに手だれの方々も2~3匹上げたあたりで止まっている。
さらに、高水温か?キタマクラ、ササノハベラの猛攻が始まる。

かわいそうにイワシちゃんはお腹だけ丸くかじられたり
しっぽだけかじられたり。
とっても悲惨な姿で戻ってくる。

お昼前にはアネロンがきいてきて、波も収まり始めてやっとべた凪になったが、
メバルからの当たりはピタリとこなくなってしまった。

船中見渡しても、ぽつり、ぽつりどころか、たまーに、ポツ。
また、たまーにポツ。と上がるていど。

オイラは落としたとたんに、カサゴが釣れたがそれだけ。
12時を回っても最初の1匹だけ。
俺頭の17なんて数字すっとんで別世界へ。

二匹



もうこうなったら、お菓子でも食べてひなたぼっこと
船酔いも収まったのが嬉しくて、
チョコむしゃむしゃむしゃ。
チョコ

おにぎりむしゃむしゃ。
おにぎり

あーもう棚もなんでもいい。



夢の世界でぼんやり考えながら。。。。
あーうちは家族三人だから、あと一匹つれたら
にゃんタロ、なぎさちゃんと煮魚がたべられるのになあ。
後一匹釣れたらいいのになあ。。。
神様お願い。

ビクビクビク。
三匹

あーなんか樽にメバルが増えてるぞ。

また、夢の世界でまどろみながら。。。。
あー家族三人で一人だけカサゴはかわいそうだな、
三人で一匹づつメバルが食べたいなー
あー神様お願い。

ビクビクビク。
おーなん~か樽のメバルが三匹に増えた。
四匹

神様感謝します。
やっぱり家族愛だあなあ。

まだまだ、夢の世界でもう幻覚なんぞみたりして。。。。
あーでも今日はケロ美がウチにご飯食べにくるんだよね。
ケロ美はカサゴでもいいけど。
神様、ケロミにもご慈悲の金メバルを与えてください。

フォン!
「はい!すいません、これで上がらせてもらいます。」
船長の放送で我に帰ったときは既に遅し。
もう納竿時間であった。

やっぱり神様はケロ美には冷たいようだ。
また今年も嫁に行けないだろう。

釣果は。。。常連の方々が5とか8とか言ってるぞ。
今日は駄目だったんだね。
風の後は底荒れするから、浅場の魚は食いが落ちたりするんだよね。
メバルも濁りを嫌ったのかなあ?
でもメバルは濁りって言わないかい?

本日は竿頭15~3でした。
えー15って竿頭だれよ!死角になってた右舷オオドモ?!
がーん、おいら裾頭!
うーん、参りました。

沖上がりすると、五エム丸さんでは女将さんがお茶を
入れてくれてコロッケとお団子をふるまってくれた。
サービス大好き。
さーもー、ころっけ二個食べちゃう。
えっ?!お土産に生わかめまでいただけるの!
幸せ。
あーやっぱり相模湾はいいなあ。
あーはるるだなああ。くしゅん。

本日の釣果は金メバル15~20cm3匹、カサゴミニ1匹
魚単価は金メバルの意地に掛けて395円!1185円なり。
まな板

でも生ワカメ、とコロッケでプラス500円だ。
セコいって?やっぱりオイラ金には縁の無い男ですおいら。

釣り評価は、本来なら限りなくオデコに近いDDクラスだが。
五エム丸さんのGOODサービスのお陰でD評価。
女将さんありがとん。
スポンサーサイト
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
----

あはは、おもしろかったです♪
自分も釣りに行った気になっちゃいました。
なるほど~、うねりで数が伸びなくての『撃沈』なんですね。たいへんお疲れさまでした。
リンクの件、あんなしょーもないブログですがよろしくお願いしま~す。こちらもリンクさせていただきま~す。
★次回は鬼カサゴですか!?ん~、はぁ~、そーですかー。「勇気あるな~」とか言って♪

- from ガー -

----

ガーさん、リンクさせていただきました。
ガーさんのブログは写真が奇麗でいつもびっくりさせられます。
アングルとか表現力あるっすよね。
オイラも携帯で取ってないでちゃんとデジカメ買わなきゃ。
次回オニカサゴは3月5日の予定だったんですが、羽田から船が
出なかったので乗れてません。
あー、釣り禁断症状が。。。。。

- from あめちゃん -

   非公開コメント  
スポンサーサイト金には¥がなかったか!?のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。