スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「つう」の店とは?! 
2006.07.17.Mon / 22:20 
通の店


「つう」の店と聞けば皆さんはどんなお店を想像されるだろうか?

「つう」は漢字で書けば「通」。
その道に精通している、人ぞ知る名店と言うわけである。


レストランにたとえるなら住宅街にひっそりとある、オーナーシェフの店。
店のたたずまいは決して派手でなく、こじんまりしたたたずまいだが、中に入れば、他の大型店では食べることのない手の込んだ、上質な料理でもてなされる。

また、「通の店」といううからには、メディアに大々的に取り上げられたりする前でも、口コミですでに評判になっており、すでに予約は二ヶ月先までいっぱい。

しかし、オーナーシェフはその品質と料理の楽しみを守るため。
さらに売れるための小手先のコマーシャリズムに落ちいたりせずに、
かたくなに自らの信じるポリシーを守り続け、日夜新しい料理に挑み続けているのだいるのだ。

そんなオーナーを慕って集まってくる食通たち、「士は己を知るもののために死す。」の言葉通り、作る方も真剣勝負なら、食うほうも真剣勝負!それが通の店。

「へーあの店を知ってるんですか?お宅も「通」ですなあ。」
こらが食通同士の会話。
心の中で:(お前もなかなかやるじゃん)とい意味と解す。

食通を目指すものにとっては食通仲間にに見とめられたような…
なんてああなんて甘美な響き。

そう、釣り宿さんにもこんなレストランのような「通の店」が有る!
ではまずオイラが、行ったことは無いけど「通の店」とビンビン感じる船宿さんを上げてみることにしよう。

始めは「宇佐美港 稔丸」さん
おー!これは私がとやかく言うよりは、
FC2釣りブログの重鎮:まっちゃんさんの「はまちゃん的生活」
を覗いていただいた方が情報が確です。
はーあマッちゃんさんのブログを見させていただくたびに、大きなカサゴやカイワリに涎垂だったっけ。
おいらも、あんなの釣ってみたいな~。また料理の写真がいつもうまそうなんだよなあ~。あーでもおいらには稔丸さんに行く機会はきっとこれからも無いだろう。

次は、「小坪港 椿丸」さん算数イサギの回にコメントをいただいた「としぼう」さんのグループが最近仕立てられたそうだ。椿丸さんのカイワリ五目といえばそれこそ相模湾の「通」の中ではあまりにも有名。
二ヶ月先の仕立て予約もびっち埋まっている船宿さんだ。
はーあカイワリうまそう、冬は、おおアマダイも…あーでもおいらには椿丸さんに行く機会はきっと一生無いだろう。

なぜか?

なぜなら、おいらは常に男一匹。
これらの船宿さんは主に(仕立て船)を操業する船宿さんであるからだ。

ぜひ、行ってみたーい。でも一人じゃ仕立てられない~。

オイラの場合、同じジャンルの釣りが好きな釣り友達がいねー。

こういう船宿さんの中でも、始めの予約者に対して釣り物を決め、(予約乗り合い)で船を出されている場合も有るのだが、これでもなかなか初めてで一人は行きにくいものがある。

そしてオイラはいつも涎垂のまま指をくわえて、京都の料亭のように高い敷居を見上げて思うばかり。


そう!「三崎港 角田丸」さん
もオイラの中ではそれらの船と同列に有る「通の店」。

角田船長が独立されてから、まだ日は浅いが。
中、深場ライト系を中心に次々面白い釣りを開拓されているのを情報誌でみては、いつかはこういう船で、友達を集めてオニカサゴや深場釣りに行ってみたい船だと思っていたのだ。

もちろんこのチェックは仁兵衛丸船長がブログで紹介される前からですぞ。あーこんなに早く角田丸さんに乗チャンスが来るなんて感激。
浅場釣りばかりやってきたオイラではあるが、実はその反対の深場釣りすっごく憧れが有る。

だって、深い所にいる魚って美味いんだもん!

毎回、井上さんのFishing Diary From SAITAMA こころぐ版を見るたびに、もう釣れてる魚が美味そうで美味そうでよだれだら~。

さらに、上記二件の船宿さんと「角田丸」さんに共通する釣り物が有る、それがカイワリ
やはり「通の宿」には「通の魚」なんだろうか!?

角田丸さんでは「ライトタックル五目」となっているが、コマセを使った底の五目釣りであがるこの魚。かの最高級魚シマアジを越える美味しいらしい!
(食べたこと有る人ぜひ教えて!)

こんな船宿さんとはぜひ、この機会にお近づきになっておきたい!

ゲロ好きの船長につづけ!よだれ犬アメタロウというわけで、

仁兵衛丸船長のおつきの者募集への応募。
真夏のオニじゃなくて、角田丸さんにビビビと来て応募!だったわけです。
スポンサーサイト
* テーマ:船釣り - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
----

あらまぁ、宣伝していただきまして、ありがとうございます。w
カイワリ食べた事ないですか?美味しいですよ。
乗り合いで、でかいカイワリが釣りたいなら、
(千葉県)館山の真澄丸さんなんかどうですか?
カイワリは午後船になりますが、1人でも出してくれますよ。
ここで以前1.5kgを釣った事があります。
午前はオニカサゴ、午後はカイワリ五目の通しなんていう贅沢コースもありです。

- from 井上 -

--椿--

 実は10月にも椿丸の枠があります(最近の椿丸は、週末・休日の仕立て希望は年末に翌年の希望を出して、割り振られます。 
今年は4回の枠をもらいました)。
 ご希望あればメール下さい(この後、管理者閲覧カキコにメアド載せます)。

- from としぼう -

--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- from  -

--仕立て--

仕立ていいですなぁ~
釣り好き同士で、和気藹々と(*゚ー゚*)。・:*:・ポワァァン
通の船宿にも行ってみたいです・・・
今のところ、我が家の釣りポイントは2箇所に限定されているので(理由は無いのですが)
楽しく釣って、美味しく頂きたいですσ(~~~、)ムシャ

- from ミンミン -

--三崎のオカシラに--

この記事送っておきました。
あの翌日キンメの写真出てたよね。
あの日のオカシラから聞いたこと。。。。
あ~コレ以上は言えない。

- from 仁兵衛丸 -

----

日時さえあえば私にも声をかけてくださいな~♪
あまりにもよそに行かない箱入り娘(?)なもんで釣りのハバが狭いんですよね~
でもカイワリは外道でしたけど釣って食べた事ありますよ^m^ ウマウマでしたよん♪

- from にゃみ -

--コメントありがとうございます--

井上さん
さすが!井上さんは中深「通」ですなあ~。
(やった~一度でいいからこう言ってってみたかったんです。)
千葉は富津までなのでぜんぜん知りませんでした、早速調べてみます。貴重な情報ありがとうございました。
ほんと一度でいいからカイワリ食べてみたい。

としぼうさん
そんないきなり声かけてくださっていいんですか?ワクワクしちゃいますよ。v-238
あとでお返事します。

ミンミンさん
じゃあ、8月6日ご夫婦で江ノ島萬司郎丸仕立て船ご一緒しません?ここのコメンテーターの方たちの集まりです。
kさんは当然頭数に入ってますよ。ねっkさん。

仁兵衛丸船長
あーオカシラ船長に怒られないかな私。
次回実釣偏では少し書いちゃうかも。
私ど素人だしゆるして~。

にゃみさんへ
いつも声かけてるけどにゃみさんが虫取りに言っちゃうんだよ~。(嘘)
今度はマネージャーのあるちゃんと直接交渉で落としてみるかな?
カイワリ食べたの?キー悔しい。

- from あめちゃん -

----

もしかしなくても、ゼンゴのある幅の広いサカナは全部ウマイんじゃないのかな?
シマアジは大好物だけど、カイワリはお客さんが釣ったのしか見たことないんだよね。
タベタイヨ。

- from 仁兵衛丸 -

----

仁兵衛丸 船長!ぜひ今度またライトタックル五目行きましょうよ!カイワリ、カイワリ

- from あめちゃん -

   非公開コメント  
スポンサーサイト「つう」の店とは?!のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。