スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スズキはどうすれば美味しいか? 
2006.02.02.Thu / 21:55 
あめちゃんは、うーむ、といつも考える。
 そう、スズキさんはどう食べたら一番美味しいかなのだ。

オイラは基本的に魚は「刺身」スズキなら「洗い」なんだけど。
じつは、うちの猫殿はどうもこのスズキ特有の香りが、
お気に召さないみたいでクンクンやっている。
これはホント人の好みだからね~。

クンクン、クンクン。

で、ベストは「昆布締め」となるのだが
 昆布締めは釣りたてじゃなくて一日置いた方が甘みが出て美味しいのだ。

だけど、それだけじゃレパートリーが寂しいので、
 本日は塩焼きと干物を作ってみることにした。
 明日は昆布締め。

塩焼き。。。。。冬の油の乗ったスズキはまるでキングサーモンみたい。
       油がジュウジュウ出てマル。70点

ダイダイなぎさは超気に入ったようで、にゃんタロの分まで
 横取りしていただきました。

塩焼きは?にゃんタロ?
クンクン、クンクン。

さて干物は?にゃんタロ?
クンクン、クンクン。
クンクン、クンクン。
クンクン、クンクン。

干物は匂いを助長するみたいね。
これはもったいないし金輪際もうやめとこう。

うーん、ただいまうちの猫殿に美味しくスズキを食べさせる方法を
「昆布締め」意外に考案中。

もちろん「昆布締め」はお味100点ですよ。
スポンサーサイト
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイトスズキはどうすれば美味しいか?のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。