スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イサキ料理 
2006.06.20.Tue / 09:58 
イサキの塩焼きうまー。

塩焼き


白子もうまー。
(画像省略)

お刺身うまー。
(画像省略)

最後にイサギ飯うまー。
(画像省略)

こういう魚はシンプルな方が美味しい気がする。

にゃんタロはちょっとひねって
煮物とカルパッチョ。

カルパッチオ


たいへん美味しくいただきました。

台所


そして、ただいま干物製造中にゃんたろもこのごろは手慣れて来て、鱗取りが上手に、とったらパス、オイラが腹開き。

なぎさはまだまだ、ベビーゲートに掴まって二人の様子をのぞいているだけだけど、はやくお手伝いできるようになってくれるとうれしいな。

家族で手分けして何かいっしょに作れるってとっても楽しことだと思う。ただ、あいにくの天気でななかいい乾燥状態にならないぞ。

こういう時は冷蔵庫干しがいいかな?
とラップせずにそのまま冷蔵庫へ。

家族三人でしばらく食べる分なら、これで十分な量なのだろうが、ひさしぶりにご近所や会社で干物を配ってみたかった。

いまだに「先輩あのときの干物うまかったっす。」って三年も前のことを言ってくれる後輩とかいて、たまにはオイラも近所に干物を配って「えっへん」としたかたのだ。

そういえばもう、暴釣ではや上がりなんて経験もここ何年かしていないよなあ。
記憶にあるのはずいぶん前の相模湾のかったくりイナダ。

もともと、オイラの関東沖釣りは相模湾のコマセ釣りから始まっているから、昔はくさいのを我慢してコマセの釣りばかり行っていたよね。
コマセ釣りが大好きな先輩に引き連れられて行っていたと言うのも有るが…。

アジ、ワカシイナダ、ウィリーシャクリ五目、イサキ中でもイサキは小物釣りの要素が一番大きいから好きになったんだと思う。
だから、コマセアレルギーでコマセのにおいにゲロりそうになっても、イサキ釣りだけは毎年細々とやってたような気がする。

ヴィーン、ヴィーン、ヴィーン、ヴィーン。
(オイラの携帯は常にマナーモードだ)

にゃんタロ:旦那さんメール来てるよ。

オイラ:ん、こんな時間に誰からだ?
「あめちゃん、今日東京事務所に電話したら有休だって言われたぞ、まさか俺を差し置いて島に行ったりはしてないだろうな~。」byオオアミ

げ、バレてるよ。
やっぱ会社でスーツ姿でもどこからかコマセの匂いがすると言われるオオアミ先輩。
コマセの匂いを嗅ぎ付けるのも早い。

といううことで今回釣れなかったのはこの人のタタリだったのか!

To Be Continued
スポンサーサイト
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
--いいな~--

あめちゃんの奥さま魚料理やるからうらやましい。
ウチのは姫なもんで私が料理番と毒見役。
長靴はいてビニールエプロンのイワシを手開きするオバチャンよりはまだいいかな。
でも刺身ぐらいは切ってよ。(泣。。。。

- from 仁兵衛丸 -

----

バケツで浸けるとこなんざー、豪快でサイコー!
おいしい干物ができましたか?
冷蔵庫干しでもじゅうぶんウマイのができますよね。
うちは小アジの干物も食い尽くし、イサキもラスト2枚だけになっちまいました。
あー、イサキまた行きたいな~。

仁兵衛丸さん
船長の奥様なのに魚やんないんですか?世の中はそんなもんなんですかね~。
うちのも同じく、魚臭いのがダメで捌きません。獣医なのに…。
なので、シロギス束釣りとか、ああぞっとするわ~。
あめちゃんはいいな~。

- from ガー -

--魚料理--

仁兵衛丸船長とガーさんへ

 うちのにゃんタロさん、猫だけにもともと魚が肉より好きなんです。
 出会って7ヶ月のスピード婚で、結婚する前はそういうことを考慮に入れるまもなく、結婚したんですが、これがどうして、料理がうまいのでありがたいですよ。
大きな魚や蛸の塩もみは私がしますが、そのあとは任せられるし、小魚や青物はやっといてくれます。
おかげで基本的に釣りという趣味には肯定的、義父がゴルフ狂なんでそっちよりずーっと良いといわれます。

- from あめちゃん -

--ガーさん そんなもんです--

そんなもんですよ。
できてたらこんなに嬉しいことないんですが。

獣医さんとは解剖の世界ですね。
魚ならオモチャなのでは?
昔オヤジがヤマバトとってきたんですが、毛をむしってるのを見て全身トリハダになり、ニクはさばけません。(笑

あめちゃん
ソレはラッキーでしたね。
ウチのは嫁入り前に料理学校に行ってたのに丸っこの魚はさわりもしませんヨ。v-40

- from 仁兵衛丸 -

--ウマーーーーソウ!--

いやー!!!
美味しそう!!!
いいっすね~、白子もいいっすね~。

イサキの干物とは、なんて贅沢な~!食べてみたいーーー
2ch風に言うと テラウラヤマシ

- from 釣りっ子 -

--御同輩--

イサキの塩焼きを昨日食べたけど、旨かったす。
嫁自慢じゃないけど、
ウチはウロコのあるもの出禁。
実家で捌いてお持ち帰り。
生魚焼いて頂くのも、ご機嫌見ながらね。

キッチンで魚でも捌いたら、
出て行かれるなぁ、違う
追い出されるか俺が、きっと。

- from k -

----

kさん なんかウチのと似てますヨ。
ウチもゴッキー出没で電話かけてくる勢いですから。
毎日顔色見ながらビクビクしてます。
姫なもんで。

- from 仁兵衛丸 -

----

どちらかができればいいんですよ♪二人ともできなかったら食べられないもんね。
本当は私だって誰かが捌いてくれた方が嬉しいんだけど、仕方ない・・σ(^◇^;)
父がやっぱり調理師なので非常に私が疲れている時はやってもらいます。ただ料理人なので見た目はとてもキレイにしあげてくれるけど、美味しそうな所(頭とか骨とか)をポイしちゃうから怒ります。
手伝って怒られる可哀想な父です(笑)

- from にゃみ -

----

仁兵衛丸船長へ
うちの猫殿は姫というよりは、灰かぶり姫でいじめられキャラだったみたいです。だから、根性と耐久力はかなりありますよ。
しかし、魚にうるさいおかげで、今度は何が食べたいとよく言われます。
ちなみに今日は「タコはもういいよ~。赤い魚が食べたいよね。」だそうです。
と言うことで明日は家族会議になりそうです。

釣りっこさんへ
今月中にはまた利島へ行くので、今度釣れたらお送りしましょうか?
「投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます 」
で住所入れてくれたらマジ冷凍物をクール宅急便しますよ。

Kさんへ
うーむだからkさんは軟体系と、うろこなしサーベル魚なんですね。
もしかして、練り物なら大丈夫ですか?
大丈夫なら、船上でさばいて即フードプロセッサとか?

にゃみさんへ
お父さんに教わったんですか?うらやましいですよ。うちも父は料理人なのに、さっぱり教わってませんから。今は昔の父の姿を思い出しながらやっています。偉大ですよおとうさん。
あまりしからないであげてください。

- from あめちゃん -

--あめちゃん--

イイダコもってくんの期待してますよ。
家庭内の力関係は言わずもがな。

- from 仁兵衛丸 -

--私の読みは--

とりあえず15日に出てみて感触が良ければそのまま続行じゃないのかな。
一発勝負的かな。

- from 仁兵衛丸 -

--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- from  -

   非公開コメント  
スポンサーサイトイサキ料理のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イサキイサキ生物の分類|分類界:動物界Animalia門:脊索動物門 Chordata亜門:脊椎動物亜門 Vertebrata上綱:魚類|魚上綱 Pisciformes綱:硬骨魚綱 Osteichthyes目:スズキ目 Perciformes亜目:スズキ亜目 Percoidei科:イサキ科 Haem
2007.02.12.Mon .No13 / ギョギョギョでうぉっと驚き / PAGE TOP△
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。