スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新世紀サバンゲロ、いやん♪ 
2006.06.19.Mon / 01:42 
明日香ラングレー

コマセシンクロ率急激に低下中
「しんじのバカ!そんなところにぶちまけたら~直撃が来る!」
BY 明日香

(オイラ釣りっこさん世代のアニメも見てました。でももう10年前)

ということで、最後の残り一時間、浅場に暴釣をかけた若船長と我々は鯖の猛攻撃に苦しんでいた。

深場ではどうしても「算数イサギ」の拾い釣りになる。
かといって、浅場は猛烈な潮流で、糸が立たずに何度も操舵室から舌打ちが聞こえてくる。

そこで深場を丁寧攻めるの状況が昼まで続き、このままでは数釣りは万事窮すかと思われたその時、
大船長はおもむろに再び浅場に船を進めるように指示したのである。

おー今度は潮の流れが緩んでいる!
若船長がすかさず放送を入れ
:「最近は昼からの食いがいいので、時間を延長させて釣らせていただきます。イサギは食いが立てば30分あればかたがつきます。みんなさん頑張ってください。」

おおー、なんと粋なはからい。
若船長ありがとう、そして、いつもぼやいている大船長こうゆうときは黙っているのでそよけいにその偉大さを感じ、見上げると40階立ての高層ビルの高さに見えたりして。

そして、一頭目からイサキはダブル!
やはり、大船長のにらんだ通りここは大きな群の固まりが居るようだ。

しかし、前出のしんじ君たちが投入直後から見当違いにガンガンコマセをぶちまけるため、一気にそれを嗅ぎ付けた鯖の猛攻が始まってしまう。

怒り!しんじ君同乗者で船力マイナス30点!コマセ撒きすぎ

若船長は流し替えのごとに、ポイントを移動し鯖の群をさけるが追いつかない。

オイラももう、鯖のせいで仕掛けを幾つ失っただろう。
仕掛けが降りさえすればそこにイサキは居るのに!

そうだ、こうなったらイチかバチかだ、
下田南伊豆用のイサギ仕掛け4号4本針のウィリー仕掛けをハサミで切り取って空針にして、イカタンを装着。

竿を海面に垂直に突き立てて
落ちろ、落ちろ、落ちろ、落ちろ!

コマセは鯖に気付かれぬため、ほんの半さじ分で、シャクリ一回で無くなってしまう。
この一回に賭けろ!

やった第一関門クリアー、タナ38M到達。

しばし、仕掛けが降りるまでじっと静止して、
作戦→そのままの位置でコマセ降り出し!
上がってこいイサキ!

クン、クン、!よしきた一つ目、
1M上げ

クワン、クワン、クワン!よしきた二つ目、

1M上げ

ゴン、ゴン、ゴン!さあさあ三つ目、

1M上げ

ガガガガガガ!キター4つ目そりゃーー!

よっしゃ、これで取ったー!

しかし、どうしたことかお隣さんのしんじくんがもう
鯖をダブルで釣って大きくハリスがオイラの道糸に絡み付いてくる~。
わー万事窮す!オイラはイサギなのに巻き添え事故かあ~。

ところが、お隣のしんじくんにらんだオイラのマジ必死の形相にビビったのか?
すぐにぷっつりハリスを切ってくれた。

偉いぞしんじくんやればできるじゃないか!
怒りゲンドウみたいに、怖い顔して釣ってることもたまには役にたつじゃん。

お陰で、オイラは一匹は落としたもののトリプルでイサギを上げてこれで、大船長との約束ー30は抜けたか!

しかし、この方法も二度目はなく次からは10Mでストップ。
今度は鯖のトリプル。

延長時間40分。状況を見かねた若船長から最後の放送が
[emoji:v-208:「すいません。鯖の群が止まりません。昨日はこれが止まって、釣果を上げられたのですが申し訳ないです。本日はこれにて終了させていただきます。」

くくく若船長そこまで言ってくれなくても解っておりますよ。
次回必ず再チャレンジしてこの恨みはらしてみせます。

本日の釣果は私としても悔いが残る32匹で多分次頭。
竿頭がオオドモさんの36匹だったんで、
あとすこし自分の釣りの修正が早ければと悔やまれてなりません。


イサキ



俺頭は30だったのでとりあえず結果はぎりぎりセーフ辛勝B評価とさせていただきますが、今後は釣りの精度を上げる必要がありますね。

利島覚えてろよー!
今日のところはこれぐらいにしといてやる~!!

さよなら島



そして、網代港に帰ってみればもうしとしとと雨が。
そういえば天気予報も危なかったけど釣りの時間は雨も降らすにギリギリセーフだったなあ。

帰り道雨の伊小田厚道路でも、前のクルマ追い越そうかなと思っていると追い越し車線からピューット黒いスポーツカーが猛スピードで走り抜けて行く。

あーまた乗り遅れたよ、おいら釣りも車の運転も流れに乗るタイミング遅せーなーと思ったその時だった。

今度は前の白いクルマが急速にスピードを上げたと思ったら
屋根の上に赤いランプをペタリ。
ウーーーーーーーーッツ!とサイレン。

ずっと、覆面パトさんの後を走っていたのね。

ということでギリギリ災難もまのがれたのでした。
うーん人生塞翁が馬。



スポンサーサイト
* テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
----

お疲れ様でした。
コマセ釣りはみんなが協力しないとダメですよねぇ~。
そういう意味では技量の揃わない乗合い船はつらい。
僕は平日釣行なので、大抵の場合少人数ですし、
平日に来るぐらいですから、ビギナーさんは少ないですね。
東伊豆のタイ釣りなんか、少量のコマセで釣らせるし、
撒き過ぎや、タナボケする人がいると釣果があがらないです。

- from 井上 -

----

いるいる~
あっち方面は1本道だから、イライラして抜いちゃうと、ハイごちそうさん。
次頭ご立派ですよ。
欲を言えばゲストが何か欲しかったってとこじゃないの。v-63

- from 仁兵衛丸 -

--このごろ釣りよりブログ書く方がつかれます(笑)--

井上さん!
そーなんですよ。平日釣行はサラリーマンの夢。めくら撃ちで有休とっても、お天気がドはずれすることもしばしばです。
さらに。小物釣りは一人で初めて船で名人と出会ったってパターンは有りますけど、
コマセ鯛や深場の釣りはいい師匠や先輩に恵まれないと同乗者に迷惑がかかるんで私にはなかなか足を踏み込めません。
台風それるといいですね。三宅島がんばってください。
頑張れ太平洋高気圧。

船長!
そうなんですよ。でも、ハリス切れやってるんでこれも私の不徳のいたすところ。
若船長も、70mを攻めてた理由に外道を出したかったって言うのもあるとおもいます。


- from あめちゃん -

----

お疲れ様でした。
コマセシンクロ率・・・わかります!
ねぇ!みんな~!今やろうよ!
って叫びたい時もある。そして
サバはイヤでもかかるんだから協力して逃げようよ!
って気分にもなる。

- from にゃみ -

----

コマセ鯛も深場釣りも独りではじめました。σ(^_^;)アセアセ...
なんとかなるもんですよ。
とくに深場師はおおらかな人が多いですから、
あまり心配する事ないですよ。
それよりも懐の方が心配ですね。w

……三宅は、ちょっと無理っぽいですね orz

- from 井上 -

--サバンゲリオン!--

コマセシンクロ率の低下は残念でしたね~。w

あめちゃんさんのおかげで、遠征の楽しさが伝わってきました。
利島っていいですね~。
早速網代港の船宿のHP除いてみました。

楽しそう~~~。
でも、私がチャレンジするには、まずコマセ酔いを克服せねば・・・v-12(爆

- from 釣りっ子 -

--帯広より戻りました--

にゃみさんへ
井上さんもおっしゃってますがそれが乗合船のつらいところでは有ります。返って自分が迷惑をかけないようにもがんばらねば。
相模湾や東京湾で船tごとの釣果を争う、団体船宿戦なんかをスポニチがやってくれるともっとみんな考えるようになるのかと思います。

井上さんへ
深場一人で始められたんですか!すごい!私も今年は夜キンメあたりでデビューしてみようかな。キンメ、キンキ、ムツなんでも美味しそうですものね。

釣りっこさん
コマセ苦手は私も同じです。さらにコマセアレルギーでカイカイになるので、仁兵衛丸船長のように手づかみこまつめなんてとうていできません。
前から書いてあるようにコマセは本当にくさいし苦手なんですが、イサキだけは小物釣りの要素が多くて面白く、好きなので毎年必ず行ってしまうんですよね。

- from あめちゃん -

--お帰りなさい--

夜キンメの前にもう少しまったり手返しできる釣りがいいのでは?
あ、でも秋田でオキメバルやったから平気かな?
手軽という点では、網代の要作丸から夜ムツなんかいいですよ。
針数も4本で錘も80号ですから、
中深場用タックルじゃなくても平気ですしね。
ムツは30cm前後と小さいですが、
外道も豊富でなかなか面白いですよ。

- from 井上 -

--井上さんへ--

やっぱりムツですかね!今年の冬ははぜひ中深から深場の釣りにチャレンジしようと思っています。
アカムツは無理でもシロなら、いやクロ釣りたいです。鬼ササゴも何度か行きたいし、そのためにも今年のイイダコはがんばらねば。

- from あめちゃん -

----

アカムツ行きましょうよ、平日に。w
秋になれば、銚子沖で釣れはじめますよ。

オニカサゴ用のイイダコは食用に売られている
サイズよりも小さいものを使うといいですよ。

- from 井上 -

--井上さんへ--

えー本当ですか!有給とっちゃいますよ。
ぜひご一緒してください。
イイダコはたぶん、あのひらひらがいいんですよね。生タコベイトとして重宝してます。

- from あめちゃん -

----

あ、平日休みをとるなら火曜日にしてください。w

- from 井上 -

   非公開コメント  
スポンサーサイト新世紀サバンゲロ、いやん♪のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。