2012年11月の記事一覧
≪10month
This 2012.11 Month All
12month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嘘つきで親不孝息子のテンヤタチウオ その5  
2012.11.27.Tue / 01:28 
今日はちょっとびっくりした2つの発見から。

まず、一つ目はご本人の許可がないので、HNほか、伏せますが、以前親交のあった釣りブロガーの方が、「小さい潮の良い理由が、「攻められるポイントの広さ(潮がゆるい時のほうが深いところもやれる)」とか、「船の流れるスピードの早さ(潮が早いとタチウオの群を通過する時間が短い)」などの理屈では説明できないと思うのだが。」というコメントと、私の知らなかった潮の変化によるタチウオの釣れ方の違い、そしてそれによる別の考察を乗せられました。

うーんやぱりこの方はすごい。

できれば、お友達として復活したいのだが…やはり、わたしが話すと周りの人に迷惑になると思ってしまう…。
昔はこの方のブログにちょくちょく遊びに行ってたんですが、この方のところに集まる方々の中では、やはり自分は異分子(異教徒)だな…(笑)と思うところもあり、自説の詳しい説明を書けないのなら、誤解を生む言動も差し控えようと、書き込みはやめて、たまにROMだけになってしまっていました。
もし、ここを見ていただいて書いてあのようにくださったのなら、とってもうれしいなあ。
私の求めているもの、そういう会話なんです。
関東時代のブログ、関西に来てからのミクシではそういう方々に出会えて幸せでした。
でもここ2年私も忙しくて、釣りしていない(月一回を割るペースは非常に少なくなった)ことも踏まえて新しい展開がない(>_<)

 こっちに帰ってきた5年前、これも正しい間違っているの意味ではなくという前提で、地動説の中に飛び込んだ天動説の学士気分でしたから。いや、おかっぱり動説の中に飛び込んだ、船動説というか…。
感覚のヅレがあって、どうも関西の船釣りの方々とはオープンマイハートになれず、ミクシ以外で情報を共有する釣り友がいなかったのも事実です。

まず、潮先って言葉が違いますよね。おかっぱりにとって潮先とは潮が流れる方向にたいして上を指しますが、船動説では船が流れていく方向の一番先端を指してますから。

関西は磯、波止釣り天国だから、船に乗ってもこの感覚で言葉を使い、釣りをする人が多いと思います。実際、かなり常連の人でもその感覚があって、ミクシからの人はみんなご存じだけど、ケーススケさんといった、明石の船のおまつり事件なんかも、この典型ですもね。

乗合船でおまつりが起こるのは当然なんですが、なぜそれが起こっているのか?わからないから喧嘩になると私はおもうんですよ、それを初心者のせいにしちゃう常連がいるのも事実。

これで、ケースケさんはトモで二本だししてた常連さんに一言「混んでる船で二本はルール違反」と文句をいっちゃうんだけど、私自身は二本両手もちは当たり前の世界(イイダコ、アナゴ、キスは二本同時の竿を扱えて初めて中級者はスタートライン)で生きてきたので全然気にならない、私が見る限り、たしかにある条件が起きるまでこの常連さんたしかに二本の竿を扱えていたから。

しかし、ある時点から急に船でおまつりが多発するんですよね、そこで、この常連さんおまつりを二枚潮のせいにするんだけど、実は船が風に押されたせいで、船が動いておまつりが起きていることに全然気づいていない。まあ、この船の場合船頭さんもちゃんと船を安定させてくださいって言いたくなりましたけどね…。悲しいねえ。

なぜ、まず船を疑わないの?

で、もう失う釣り友もいないあめちゃんは本音書きます。


▽Open more.
スポンサーサイト
* テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用 *
嘘つきで親不孝息子のテンヤタチウオ その4 
2012.11.20.Tue / 23:36 
さて、前回終わりにノリでよく調べずに「どてら流し」=「横流し」ではないと書きましたが、これに「ぶん流し」という言葉を加えて、ちょと調べてみました。

すると今はやりのティップランのエギングみなさんが「どてら流し」という言葉を使っているが、
どてら流し
私の中ではこれは、大原のヒラメ釣りに代表される「横流し」であることに気づきました。

あめちゃん的には「横流し」は
=船の腹に風(潮が強い場合は潮)を受ける形で、船長は船のバランスに気を付けながら、横方向に操船する。

横流しイメージです。

そして、
どてら流し」というと=ぼぼ、潮(風が強い場合は風)にのった状態でフリーに船が流れていることを指す。と思ってました。…どっちかといえば漂流に近い(爆)

「ぶん流し」は大流しと一緒で切り返しのない長時間流しっぱなしの状態だと思ってましたが、これも「どてら流し」や「横流し」を指してるみたいですね。
ぶん流し

ということで、あめちゃん的船釣り用語の基礎知識が入ってから、
大阪湾のテンヤタチウオ釣りの操船説明に入ります。
いや本当に正確な答えを知っていたらだれか教えてください。
…っていても実は慣習でつかわれていて、答えが無いんだろうなあ…間違った用法も多くの人が使えば意味がひっくり返る例もあるし…

しかし、正直言ってこないだの、釣行会含めてテンヤタチウオ釣りが
人生2回目のオイラに何がわかるというのだ~
でしょうから間違っていたら、どんどん指摘してください。



▽Open more.
* テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用 *
嘘つきで親不孝息子のテンヤタチウオ釣り その3 
2012.11.18.Sun / 19:32 
あー久ぶりにあの噛めば噛むほど味のでる、あの小柴のタコが食べたい!
五代目さんところの画像を見ていてホロりとあの味を思い出しました。

でもあんな美味しいマダコを北欧の人は食べない。
また、ほとんどの日本人もアボリジニの食材、ウィッチティ・グラブという蛾の幼虫を食べますか?と聞かれれば…二の足を踏むに違いありません。

これは、文化の違いです。

で、文化の違いに「正しいも、間違っているも無い!」「優れているも劣っているも無い!」
ただし環境の違いがあっても、同じ方向を目指すとみんなが判断するなら、「進んでいると遅れているは…あるかもしれない。」といことになると思います。

勘違いされないように先に前提を書きましたが、文明開化が起こる時期って、やっぱり異文化コミュニケーションが起こる時。文化人類学的にいうと「マレビト」の登場です。

関西に帰ってきてから、ぽっかり空いた20年の空白を埋めるために、いろいろ資料を探しましたが一番勉強になったのが、釣りサンデー最後?の船釣りムック本「船釣りおまかせBOOK」。
今井浩次さんが、巻頭に美味しい四季の船釣りという文を寄稿されているのですが、この中の以下の文に目が留まりました。
 ■ 釣り尽くせない …ですから、いくら船釣りが好きでも、日本全国津々浦々を釣り歩いて、船釣りの対象魚のすべてを釣ったと豪語できる人がいないのは、対象魚が多すぎて一生かかっても釣り尽くせないからでしょう。…

この本が書かれてからすでに10年近い年月がたって、私は読んでいます。時の流れというのはすごいものですね、今の時代…「そう豪語できそうな人…何人か知ってるでぇ~真鯛侍さんでしょ、HATAYANさんでしょ…元釣れ師匠も…。」
私がこれから書くことも、「マレビト」たるs級A級の諸先輩から教えていただいたことを基にしただけなんですが、なかなかわかりやすくまとまった文献が、ネットのどこにも落ちてない。(笑)
よって、「迷~B級フォロアー」を自任するあめちゃんのまとめと、させていただく次第であります。('ー'ゞ敬礼

は~相変わらずの長い前置きが終わったところでいよいよタイムスリップ。
まず、「東京湾の夏タチウオの操船」からお話してまいります。



 

▽Open more.
* テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用 *
嘘つきで親不孝息子のテンヤタチウオ釣り その2  
2012.11.14.Wed / 00:06 
さて、ここから語り始めなければ、今回のテンヤタチウオは語り尽くせません。
だから、けんさん釣行記はまだまださきよ~ん。

う~釣りって本当に楽しい~

その中でも、船釣りは他の釣りと全然違うところがあってソコがむっちゃ楽しい~

で?ソコってどこよ?


たとえば、「陸っぱり」の人から、たまにこうゆう非難ありますよね。
「船長に魚のいるところに連れて行ってもらってるんだから、釣れて当たり前じゃん!」

その通り!!
だけど、私が言いたいソコココ。(笑)

普通の釣りは自分対自然(魚)の一対一対応ですが、釣りの中で船釣りだけが、その間にもう一つ人が入る。
「人と人の関係の中で魚を釣る」釣りだからです。
もっというと、「陸っぱり」だって人との交流はありますよね。
でも、船釣りの面白さはまず、船長がどういうふうにお客に釣らせたいかという意図がある。
つまり、それを読み解く面白さがある。なんでも船長のいう通りしろという意味ではなくて。なぜ、そうなのか考えてみる。実は唯一人間が定めた答えのある釣り、これが船の釣りだからです。

また、乗合船では見ず知らずの人と隣り合わせで乗船することになります。
さあ、隣はどんな人なのでしょうか?
まず、B級者クラスなら、風読み、潮読みはやりますよね。これは湾口とかで法則があったとしてもテストでいううならば山掛け。
で、乗船順は別として初めてのジャンル釣り、あなたならどうします?

私?
迷わず、上手い人の隣に行きます。(笑)
アナゴなんかでは、マシーンの隣に座ると、お鉢が全く回ってこなくなりますが(笑)
一回の釣果がだめでも、上手い人がどう釣ってるか見るのが一番上達につながりますもの。
だから、人を見る目が大事です。タックルだけよくてもだめだめ、身のこなし、言動で名人を見分けなくては。

さらに、秋谷沖のメダイでも書いていますが

秋谷沖のメダイ

乗合船の中で感じるこの連帯感がとても大好きです。

いやあ、だから白状しますけど5番の席順を引いた時から、M村さんの近くは狙ってました。(爆)
だって、せっかくメディアに出ているS級A級の名人が同じ船に乗ってるんですよ~見なきゃそん。
運悪く対面となりましたが、やっぱりワイヤーは使わないよね~とか、竿やらけーな~とか
そして、やっぱり、このむっちゃ厳しい状況の中、竿頭。
我ながら自分は釣りは下手だが、上手い人(竿頭が誰になるか)充てるのは名人級だなと思います。

そして、今回お隣に座らせていただいたO本さん、この方もむちゃ上手い人だった。
関西に来てから、釣り姿が美しい人ってあんまり見なかったんですが、この方は釣りが正確。
すごく、状況を考えて釣っているのが観察していて解る。

恥ずかしながら、私が偶然ドラゴンを釣っちゃったのは、一投目でやばい全くわからない!
自己判断をやめて、この方のコピー釣法を二投目で試みたおかげ。
感謝。感謝ですO本さん。

まあ、その辺は釣行記に移ってから書くとして…
まずのっけからパンドラの箱を開けにかかります。

次週予告編 ↓

▽Open more.
* テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用 *
嘘つきで親不孝息子のテンヤタチウオ釣り その1 
2012.11.11.Sun / 23:06 
かなりの雨が降りしきる中、午後船で行ってきましたタチウオ釣り。
カッパの二枚重ねあればもう大丈夫、雨の中で釣りなんて慣れっこです。
それもこれも、元釣れ師匠が関西の戻って最初の3年がヨヨのオフ会で鍛えてくれたおかげです。

そうそう、最後のごあいさつで編集の松Mさんが「修行みたいな釣りになって
しまいしたが…」と言っておられましたが。

サンちゃん曰く、「出船前に日焼け止めを塗っても雨は降る。」
「船に乗っていて晴れていると不安になる。」「雨が降るとほっとする。」
など、「風の神様」と恐れられたけんさんを超える、、「驚異の雨男(雷神様)=元釣れ師匠」が
釣り仲間たちを悪天候に慣れっこにさせたおかげです。
修行を超えた荒行の成果今こそ見せるときぞ!!

いざ出船
船は一路小島沖へ
20121111131707.jpg

ハイ帰港
20121111182652.jpg

お疲れ様でした。m(_ _)m
以上 終了。












ということで…「えーん(泣)」元釣れ師匠!!
読んでるんだったらつっこんでくださいよ~。


▽Open more.
泉佐野のテンヤタチウオ(その予習) 
2012.11.11.Sun / 09:28 
20121111080855.jpg

昨日泉州の実家に帰り古い道具箱をあさってきました。(笑)

美しい形

何十年と変わらない形 これは答えとして完成されたものです。
いううなれば1+1=2

東京組のフグキチさんか、シンプルカットウのみで第一回を制したときのことを思い出さいます。
伝統へのこだわりって、私はすごくかっこいいと思う。

しかし、この1+1が崩れると自然に答えも変わらざるを得ない。
これが、仁船長の出会いとなった「アナゴジェット」です。

私、大阪湾の船テンヤタチウオについては、二つの仮説をたてて挑みます。

①使用される錘は最近まで重くなる傾向にあった。

②釣れるタチウオは年々小さく(年齢の若い魚)なる傾向にある。

これが外れていればいいんですが…
ちなみに、大阪湾で乗合の船釣りが始まって約40年
その間のすべてを知る、床の中の生き字引に聞いてみると。

①について、昔は30号だった。
②について、ふつう1m以上はあった。

でした、まあ、ご老体のいうことですので当たっているかわかりませんので、
私は素直に今風のテンヤでガンバリます。(笑)

20121111080959.jpg

ただ、やぱり
「釣りが下手な私としては、全く自信なし!!」
実はとても大切な裏ミッションがあって、どうしても指4本以上を釣らねばならぬ…。

邪道ですが、最悪の場合は
二つの「邪王真眼」を準備して、操舵室をちらちら見ながらやって見ようかな。

ちなみに以下二つ 先に公開しておきます。

★東京湾で食い渋りには皆さんよく御存じのこうゆう針

20121111081134.jpg

★駿河湾の夜タチウオといえば、コレ。

20121111081423.jpg



* テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用 *
文章の校正がなくても、誤字脱字があっても書くべきだ 
2012.11.09.Fri / 23:30 
再開する!!と言っておきながら…約1年放置プレイかよ~

と、なっておりますこのブログ、もともと凝り性なので、ちゃんとやれなちゃヤダといのが悪い癖
潔癖型ルーズなんです。

そういえば元釣れ師匠の宴会も夏出席したっきり…

だめだ!このように↓呆けていてはいけない!

20121007131626.jpg

と一念発起してみたものの…

いやいや、それにしてもmixiでも「日記書かない」、「つぶやかない」からお友達とて、絡みようがない。
夏の終わりに、フィガ船長が自分の船に誘ってくれて、Bさんと明石海峡を見上げたりしましたが
もう何か月波に揺られてないの??

このままじゃ、関西に来てからできた釣り友とも疎遠になるばっかりだ…
ということで、潔癖ルーズがただのルーズにならないように
「TURISOKU FUNEDURI CLUB」なるものに入会してみることにしました。

自分強制漁労 
なんと、月1回の釣行予定が組まれていて、仕立て?参加できるのだ。
これなら、リア充でなんか書くネタもできるのでは!?
と淡い期待描いていたら、一回目はなんと、泉南出船のテンヤタチウオ!!

キタ━(゚∀゚)━!
イチバン苦手なやつ。

5年前にはじめてやった時
「これ、オイラには無理!」と即決して以来手を出していない釣り。

理由①
まーあ、東京湾のタチ船とは、船頭の船の扱いも全く違うんで、
知見がないと、単発釣行では確率がガタ下がり。

理由②
湾フグ同様、前あたりを採って掛ける釣りは、シューティングゲームべたな
私には、授業料が高くなりすぎて、釣価が上がんない…。

と、B級広角ヒットアンドアウエイ型でそれなりの釣価を稼ごうと画策する
私にとっては不利な条件ばかり。

でもこれもなんかのご縁ですので…
もし、30年ぶりに加太へ行くことになったら素直に行こうと思ってます。(笑)


で、その予行演習として、「ナギ」と「釣っ太郎」をつれていってきました。
20121007155004.jpg


このあたりは、3年ほど前 元釣れ師匠の「常豊丸 なんでも有り太刀魚異種格闘技戦」で来たけれど
その27年前は、こんな施設なかったころからホームだったんだよな…。
自分の子供を連れて、またこの海にくるとは。

しかし、子供連れともあって気合いぬけぬけで着いたのが、13時過ぎ
そこから、風が出て雷雨になるまで約1時間の釣りだったんですが…
釣れたのがクサフグ一匹

20121007152236.jpg

でもね、これがすごい満足ができたんですよ!!

①まず、胴突きしかけで、何度か探り歩いている内にいつも餌を取られる場所を発見

②どうしても取られるのでまず、餌を変えてみる

③エサが残ってくるが、また戻すとなくなる。

④今度は仕掛けを変えてみる。

⑤やったーかっかったー しかし 根に潜られてハリス切れ

⑥仕掛けを戻す ん~やっぱり もどすと餌がなくなるだけ

⑦竿を変えたいが、あるのは釣っ太郎用の980円のコンパクトロッドのみ
 フグかカワハギだろうけど、これじゃあたりはとれないなあと思った
 時に気が付いた。

⑧カットウふぐ交流戦…和船デカイイダコ調査隊…
 「そうだ、もたれを糸でとろう」

⑨ゼロテンション→マイナスたるませ0.5 いとがなびいた瞬間…掛ける

⑩かかっかた!!猛烈に潜る魚を、反対方向に竿をたて最大の弾力を生かし
 根から離す。…ふたまき やった勝った!!

いや久々に考えてつりました。(笑)

釣りって楽しいよね。

20121007152325.jpg

こいつらがもっと付き合ってくれるようになったら…。
栄光のオデ協総裁 ハル父さんとハルちゃんのような親子が夢です。





* テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用 *
| BLOG TOP |
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。