2006年09月の記事一覧
≪08month
This 2006.09 Month All
10month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロジェクト-F 挑戦者ダチ2 
2006.09.27.Wed / 23:30 
(第三部 勝利)

インターネットという場所は非常に恐ろしい心の磁場を持っている。

それはまったく大げさではなく、人生の思わぬ夢を現実にしくれたかと思えば、気付かぬ間に人生の大切な現実を奪って行く。
 この1と0の電気で繋がった情報の箱は、人を幸せにも不幸せにも出来るのだ。

その両方を経験し実感したことの有る金太郎飴は、常に気を使いながら言葉を使って行くことを自分に強いていた。

今回の交流戦もネット上で人を集める限り、どんな人が来るかは事前に解らない。「沖釣り」が「フグ様」が、大好きな人だから良い人であってほしいし、そして人を信じたい。
しかし、もしものことはあってからでは遅いのだ。

いや、もしものことはいつも悪意から起るとも限らない、本人は良しと思っていも、人によっては悪く聞こえる言葉もはあるんだから。

もしも、本人が悪気は無くても、コメントや自分のブログで交流戦を開催した船宿さん悪口と聞こえることを書いてしまったら…。

金太郎飴もしゅうも心配症だった。だから念は念を入れるつもりだった。

なぜなら、今船宿は新しい時代に突入して、新たな目にさらされている。毎日、インターネット上でその日の釣果は発表され、船宿同士、ユーザーの厳しい目でに毎日比較されているのだ。

昔のようにスポーツ新聞で週間遅れの、それもかなり怪しい釣果情報が流れてくるのではない。
もし釣り宿が嘘の釣果を書こうものなら、その日中にどこかの掲示板でそのことが書かれあそこは嘘つき船宿だとたたかれている。
それが釣り客の流れとなって船宿経営を左右し始めているのだ。
もはや、釣り宿経営者の方々はちゃんとマーケティングという概念に立たって戦略を進めなければいけないいけない時代なのだろう。

そして、金太郎飴のこのブログも不特定多数の人が釣りの情報を見る物だ。
ロムだけしている人の中には、こんなイベントが開かれたと聞くと、面白がって、この日の釣果を他の大貫沖にいた他の船と比べたく成るに違いない。

いやそれはそれでいいのだ。しかし情報を読み込む側にちゃんとした知識と技術が無かったら?
オイラはそれを過去の自分の反省も踏まえて、「釣り情報化時代に思う」や「釣果の方程式」で訴えてきたつもりだ。

本日の釣果 
27.27.17.17.1616.1515.…数字にしてみれば

なーんだ竿頭でこれだけ?
ほかの船は38だって、フグ好きが集まったって言ってたけどこいつらたいしたこないじゃん?

わー○○丸はさすが釣らせる船宿だねトップ62だって。
やっぱりこの船宿たいしたことないんじゃん。

ローディング出来なくもない。
それが誤解であっても声、ネットの中では同じ声の大きさである、そのせいで参加していただいた皆さんと船宿さんの看板に泥を塗りかねない。

「タコ船ミシュラン」でに出てくる勘違いおじさんのように、勘違いする人に限って1.4kgのオニの首を取ったように数字が事実だというマジックにだまさる。
 よって、これだけの腕利きがのったら当然、船の下にるフグのをほとんど釣り上げて当然個人当たりの割当がへることなんて思いつかない。(笑)数字にこだわるなら、われわれの船が上げた全フグ数も目安のはずなんだけどね…。

しゅうと金太郎飴はそのいじめられっ子体質からすっごく慎重だった。
だから、交流会の船宿名と釣果はださないつもりでいたのだ。

でも、仁兵衛丸さんは素直でおおらかだった。(爆)
▽Open more.
スポンサーサイト
プロジェクト-F 挑戦者ダチ 
2006.09.26.Tue / 22:02 
-プロローグ-

金太郎飴は昔「少年ジャンプ」が好きだった。
そう、ジャンプが公称600万部を超えた時代、「友情」「努力」「勝利」を旗印に、個性豊かなヒーローたちが紙面上をにぎあわせ熱いバトルを繰り返すことに憧れ熱中していた。

しゅうは今「カットウ河豚」が好きだった。
そう、「にゃみのぼけぼけ釣り日誌 二万ヒット記念大会」打ち上げ会場でのこと、ふぐでオフをやるなら主催者決めでくださいと永久幹事が言った時、だから真っ先に手を挙げたのだ。

しかし、その時点で「カットウ河豚交流戦」の青写真はまったく描かれてはいなかった、むしろ金太郎飴は「河豚釣りオフ」なんてやりたくない!と思っていたのだ。
しかし男たちは立ちふざがる、壁を乗り越えて、「カットウ河豚交流戦」開催の難関に乗り出して行く。

テロップ
プロジェクトーFugu挑戦者ダチ
さて、歌うは中○みゆ○の「地上○星」の替え歌「海中の魚」!

ジャラン~ジャラン~♪

風の中のショウサイフグ 砂の中のイイダコ
みんなどこへいいった?
釣り上げられることも無く

大海原のワラサ 深海のスルメイカ
みんなどこへいいった?
魚タンに反応も無く

海中にいる魚を だれも見れはしない
釣り人は竿先ばかり見てる

カモメよ高い空から 教えてよ魚のいるところ
カモメよ海中の魚は 今どこにいるのだろ?

ターリラーリー♪ターラリラーリー♪ターリラーリー♪
▽Open more.
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
カットウ河豚交流戦ダイジェスト!! 
2006.09.23.Sat / 22:17 
おお!あの遅筆で有名なあめちゃんがどういう風の吹き回しか、幹事としての責任をもて贈る、
東京湾カットウ河豚交流戦ダイジェスト!!
本日は皆様振るってのご参加ありがとうございました。

さて、本日その結果を「中継アナ」の目を通してご報告させていただきます。

9月23日 土曜日 午前6時30分

小船へ


中継アナ:「ここ鶴見、近藤釣り船店富士丸の前は異様な熱気に包まれております。本日開催されます。カットウ河豚交流戦その異様な選手たちの入れ込みぐあい、受付を行います私しの前にひしひしと打ち寄せて参ります。 それでは第二中継車のしゅうさん、そちらからレポートお願いします。」

しゅう:「はい、受付開始から10分、すでにほぼ総ての選手が到着し受付を済ませておりますが、まだ現れていないのが「ザンテイハオー」と「エドガワノキョウセンシ」の実力選手二名!
これはどうしたことか?巌流島で迎え撃つ、佐々木小次郎を倒した宮本武蔵のようにさんざんライバルじらす。
さっきからハルちゃんが「なんで~河豚キチさん来ないの~なんで。」と騒いでます。これも戦法の一つなのでしょうか?」

中継アナ:「あっと「ザンテイメイジン」現れました。しかし「エドガワのキョウセンシ」が来ない!どうしたことか?敵前逃亡か!?メールしてみましょう。」

ピポパポ。

中継アナ:「フグキチさん今どこですか?」

ブーン・ブーン
おっすぐに返事が着ましたね。何々?
「(船宿には)駅を出てどっちいけば??」byフグキチ

中継アナ:「あっ単に道に迷っているようっです。(爆)」

さて、フグキチさんも無事到着し、各自準備もOKさあ船に乗り込みます。

(CM入ります)

到着


中継アナ:「はい、こちら大貫沖到着いたしました。えー風は強くかなりうねりがあります! しかし 河豚船団はすでに出来上がっております。
昨日の吉野屋さん爆釣りの情報は早、各船に伝えられたみたいであります。さあ、今日の模様はどうでしょうか?各自いっせいにカットウを投入します。では解説のブラック予想屋さんお願いします。」

ブラック:「はいだす。潮はかなりミヨシからトモ方向に流れてますね。海面細かな漣が立つほどで風でかなりアタリがとりにくいと思われます。これの条件を克服していける選手が勝ち残るでしょうね。」
(素に戻って)「あっ素人のあめちゃん、カットウの先を隠すようにエビを二つけて、食わせの方は一センチぐらいで、つけたら軽くつぶしておいて。」(今回ホンジツノビクリドッキリ選手はカットウ河豚初出走なのでコーチングを受けながらのレースです(汗)

中継アナ:「さて、ここで皆様に最大の関心事、座席位置を紹介したいと思います。さあ、問題のくじ運どうなっていますことでしょう!」

席順


中継アナ:「あーかなり波はありますので、ミヨシは釣り辛いかもしれませんね。中継左舷胴の間中継所からはわたくし中継アナと解説のブラック予想屋さん、右舷胴の間からは第二中継者しゅうさんでお送りします。」

さて、結果はどうなる?
▽Open more.
カットウ河豚交流戦最大のピンチ!! 
2006.09.22.Fri / 23:41 
カットウ河豚交流戦

いよいよ、明日に迫った「東京湾 カットウ河豚 交流戦」出場選手は調整万端だと思われますが!
ここに大いなる伏兵が現れ!われわれ実行委員会は恐怖の坩堝に叩き込まれることとなってしまった! そいつの名前は…もちろん
▽Open more.
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
出場シード選手へのインタビュー!! 
2006.09.21.Thu / 23:07 
出場選手の皆様、最終伝達事項のメールは届きましたでしょうか?(こなかった人はここにカキコしてくださいお願いします。)
残すところ一週間を切った「東京湾カットウフグ交流戦」シード選手の皆様にはこんなアンケートを採ってみました。

質問1.「貴方にとってカットウ河豚とはなんですか?」

質問2.「竿や仕掛けチョコっでいいから教えてください。」

質問3.「さて、戦いの勝算は?貴方の最大のライバルは?」以上
さあ、シード選手たちはどう答えたかな?
▽Open more.
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
出場選手発表!! 
2006.09.20.Wed / 00:50 
選手入場!
フグは湧き~♪ クーラーあふれて~♪(しつこい?)

出場者


選手宣誓:今ここに我々出場選手はフィッシャマンシップにのっとり正々堂々と戦うことを誓います!選手代表 チームF丸 必殺修行人 しゅう !



▽Open more.
カットウ河豚交流戦 
2006.09.19.Tue / 00:38 
9月1日→開催日時についてお知らせを追加しました。

9月4日→満員御礼のため参加者の締め切りを追加しました
▽Open more.
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
勉強してきました。 
2006.09.18.Mon / 00:03 
勉強


「雨」は上がっても次にクルのは「風」、釣りには「雨」より「風」の方がいやなものです。
で、やっぱり今日はイイダコを諦めて、魚の勉強に行くことにしました。

行った場所は品川水族館
▽Open more.
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
○○○心と秋の空。 
2006.09.17.Sun / 07:53 
三連休も残すところあと一日。
土曜、日曜は無事皆様出撃されたようで、ワラサもメジ&カツオも絶好調のようですね。しかし、月曜日はさすがに台風で無理っぽいお天気

 オイラは今週から川崎の黄色いお船で始まったイイダコを予定してたんですがどうやらあきらめムードです。
秋はどうも天候に悩まされますよね。去年も秋は週末と来たら雨だったような。

しかし、そんな雨ミノマケズ歩きたがるのがうちのやんちゃ娘。
1歳8ヶ月、ベビーカーを嫌い、まだ足元もおぼつかないのに自分の足で歩きたがります。

長靴

▽Open more.
こっそりと行く夜メバル 
2006.09.16.Sat / 23:47 
(9月16日土曜日)今日は良く働いたなあ~。
夕焼け横浜



朝から部屋の掃除でしょ。
(オイラは二週間に一回ぐらい「男掃除の日」として家具を移動させて掃除機を掛けたり、床を水拭きしたりしている。机の下からは必ずなぎさのおもちゃが発掘される。)

次はお昼まで、なぎさのベビー水泳教室。
(オイラは「海事訓練」と呼んでいる。前に足の届かないプールで落ちて沈んで行くなぎさに「自力で上がってこい!」とむちゃなことを言って先生に極悪パパのレッテルを貼られてしまった。でも今から慣れておかないととっさの時に役にたたんじゃん!と思う。)

お昼は焼きそばを作って。
(あーこれで、冷凍マルイカがなくなった~。)

午後からはサティになぎさと二人でお買い物。
(お野菜買っとかなきゃね。あと味醂これがないとオイラだめだ。)

ん?あめちゃん、とうとう釣りの行き過ぎで、にゃんタロに逃げられたな!って?シャレにならんことは言わないで皆様。

 うちのにゃんタロさんは10月に資格試験を受けるので、予備校通いと勉強が忙しく、旦那としては休日ぐらいフォローしないといけないんです。
さらににゃんタロさん日曜日は友達の結婚式でお出かけでいないから、ガーさんのお誘いは涙を飲んでことわらざるを得ない。

まあこの3連休は月曜日の午後船、黄色の蜂蜜狙い。
だけど台風「サンサン」がやってきそうだし…不安だなあ。
去年も秋は雨に泣かされたし、ぼやぼやしていると休日釣りに行けなくなっちゃうんだよね…。

と思ていたところへ、近頃各船宿の荒行で名を馳せている「覆面釣りレスラー ルチャ・リブレ氏」から携帯メールが入る。

ルチャ氏:「午後アジやってるよ~しかも夜メバルまでいっちゃうよ~来る?今日は凪ぎだし釣れるかも~」
オイラ:「凪ぎ!」
ああ、おいらこの言葉大好きだから娘の名前も凪ぎの字を付けたんだよね。
と思って可愛い愛娘を見るとオイラの腕のなかで、うとうとと眠りに落ちかけているじゃないか!?

じゃあ布団を引いてと…遅いお昼ねになってしまったけどちょうどいい、このまま行くと二時間は寝てくれる。

あとはにゃんタロに任せて今から黒川本家に直行だ!
にゃんタロも朝からのオイラの頑張りを評価してくれたんだろう二つ返事で許可してくれた。

では、高速にのれば山下まで15分。さあルチャ氏に電話して席を取っといてもらおう!
そうそう、ルチャ氏をちょっと紹介しておかないといませんね。
▽Open more.
にゃみ丸船上最終打ち合わせ完了! 
2006.09.15.Fri / 23:42 
 9月15日金曜日 板橋区の某所 にゃみ丸にて「カットウフグ交流戦」最終打ち合わせ終了!ただいま船宿さんに主催者しゅうさんが(駐車場、開始終了時間など)の最終チェックを行っていますので、参加選手には月曜日ごろ最終決定事項の通達が行くと思います。
皆様方のご好意ですっごい!優勝賞品(いやほんとに。)も決定し、主催者、幹事で先走りの大盛り上がり。
にゃみ女将ほんとにお世話様でした。(あるちゃんもね♪)
甘めのキンメウマかっつすうよ。

さて、ほろ酔い気分で女将の店を出て、少し歩くとこんな名前の女将の店のライバル店が!!

ダイワの竿の名前じゃないのよ~。
▽Open more.
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
チーム40肩に中華4000年の秘術 
2006.09.14.Thu / 23:19 
ただいまー。
我回来了!

帰ってきた早々突然ですが、このごろ肩があがらない四十肩かなあ~と思われる中年諸氏!
ワラサ○本釣りすぎちゃって腕が上がらないよ~。とか、○キロのカンパチを釣っちゃって腰が痛いご同輩に朗報です。

オイラ、先週はマゴチの手持ち二本竿釣法なんて変なことやってたもんで、出発前から背中が痛い。
そこで、出張先でいつもの店に行って直してきました。

中華4000年


大将:「あんた背骨まがってるんだよね。」
(中国語ですがこのくらいは解ります。)

オイラ:「大将、ここが痛いよ」
(中国語ですがこのくらいはしゃべります。)

グキ!ゴキ!

たっぷり二時間かけてほとんど痛みは完治。
これで日本円で3000円余り。恐るべき中華4000年の秘術。
整形外科でもらってくるシップではこうは行かない。

これで、もともと曲がってるおいらの背骨も2週間はまっすぐなはず。

横浜中華街にも若干高くなるけど同じようなお店が有りますよ。
青物釣りすぎて手がしびれたあとはぜひ行っておかないと、河豚の微妙なアタリがとれなくなるのでは?!

ん!?同じマッサージなら小姐(女の子)がいいって?
うーむ、そこがオヤジチーム最大の弱点か!?
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
羽田沖のマゴチ 
2006.09.09.Sat / 22:36 
それで無くてもリアルタイムより遅れて情報としての価値が下がって行くオイラのブログ。
しかも、コメンテーター増えてからは真面目な釣り解説の回も多くなり、お笑い度も下がっているからなあ~と思いつつ久しぶり単独釣行の今回はお笑いでいくぞー!と決心したわけであります!

さて、今回の釣行記は横浜のマゴチ
週始めの火曜日にしゅうさんが午前船で3本あげいるので
これは早速行かねばと決意して、行って来たのが9月9日土曜日。

そして金曜日からじつは眠い!ほとんど寝てない!
昨夜は二時まで「東京湾フグ交流戦」の選手発表を書くのにいつまで掛かってるんだー。
さらに昨日釣りっこさんタチが神明さんからマゴチ行ってるはずだから結果もしりたいしな~。
と、寝る前にネットを繋いでみると!
なんとマゴチが11本!
信じられない~ありえなーい。とか思いながら興奮してほとんど眠れず。

二時間睡眠で早朝5時前、黒川本家さんに到着したのであった。
まだお店が閉まっているので前にクーラーを置いて順番を取る。
さて、しゅうさんに電話だ。暇だからプププ。

オイラ:「トルルル、トルルル、タラリラリララ、プチ!お?起きてる?」

しゅう:「もちろんよ、今日河豚だもん」

オイラ:「黒川本家に来たよ!」

しゅう:「おーそうかそうか」

オイラ:「ところでハゼどこで釣るの?」

しゅう:「船着き場だけど、女将さんに言うとアオイソくれるよ。」

オイラ:「んで、席はどこがいいの?」

しゅう:「前だよ」

オイラ:「えーそうなの?」(ん潮読みと違うな…)

しゅう:「実績高いよ」

オイラ:「んーありがと。じゃあ河豚頑張って。」

しゅう:「ほーい プチ。ツーツー。」

うむ、そこでオイラ考えた「ミヨシか…」

マゴチの場合潮読みも有るが、より大事なのはメバルと同じくストラクチャーに対してどっちから船が突っ込むかということに有とオイラは考えてみる。
マゴチという魚、ポイントに入れば必ず大きいやつから食ってくる。たから、潮先に座ると言うのはだいじなのだ。

今日は羽田沖がメイン。移動したとして、第二ポイントは鶴見川河口で凄く浅瀬とかタイトな場所を攻めないなら潮の加減も有るし後進で入るからトモでいいんじゃないか?
今回オイラがやりたかったことは、マゴチの二本竿釣法の研究、
ミヨシは釣り座が高いからという理由もあってオオドモをよしと考えた、こういう風にかんがえられるなんて、さすがオイラもそろそろ中級釣り師かなひとごごちつく。
(しかしこれが大失敗のもとだったのだ

受付をすますと早速、オオドモに陣取ってハゼを釣り始める。
これがとっても楽しいんだなあ~。
去年はこのハゼ釣りがやりたくて中通しの和竿まで買ってしまった。
コチを釣る竿よりエサを釣る竿の方が高いなんで全くバカな話である。

しかし、そうエサ釣りだからといって簡単にハゼは釣れる訳ではないのだ!
しかもこの船宿はエサとしてハゼ一匹100円で購入せねばならないシステム。
一匹釣れば100円儲けなんだからそう考えると燃えるぞ!

ブルブルブル!
おっ早速あたった!しかしスカ!あーんあわない!
ハゼはもたれで釣れっというが、このぶるぶるは逃げている時の当たりだだから、もう少し早めに察知しないといかんのだ。
二回目プルッ!そうここですーっとあわせて、やったー一匹!
しかしこの後は全て食い逃げ!
5打数1安打ではぜ釣りは終了、ちょっとイヤーな感じだなあと思って、
しゅうさんに…
「ハゼ一匹しか釣れなかったよー」とメールすると
「えッ釣れたの、俺そこでハゼ釣れたコト無い!」と返事が返って来た。
おいおい。(汗)

それでは、出航。
新山下は何件か船宿が連なるがこの出船風景は何時見てもそうかんだ。

さて、船は一旦鶴見川河口で試し釣りのように一旦仕掛けを落としたがオイラはサイマキをエサとして選択していたので、ここでは釣りをせず様子をみるだけ、すると、ものの十五分も釣らずに船長は上げてください派しますの放送。
ほれ思った通り船長も様子を見ただけだ、オイラもだいぶ船長の考えることが読めるようになってきたねえ、とまたまた一人悦に入る。

さて、羽田沖に到着。
回りはかみやさん、神明さん、そしてあれは浜のマゴチ道場!マゴチ船団の勢揃いだ。
でもさすが浜のマゴチ道場は全員直立不動で釣っているなあ!
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
カットウフグ交流戦大会歌 
2006.09.08.Fri / 06:39 
カットウ河豚交流戦の大会歌が出来ました!
選手の皆さんは歌えるよう練習してください!
▽Open more.
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
夏の河豚とはこれいかに? 
2006.09.07.Thu / 00:42 
いやあー真鯒うまかー!!夏の河豚

(おいしんぼ)じゃ無いけど、刺身って包丁の引き方で味が変わるってもうみなさんさんらご存知ですよね!?
▽Open more.
| BLOG TOP |
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。