2006年07月の記事一覧
≪06month
This 2006.07 Month All
08month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
利島でF1イサキ(その3 最終回) 
2006.07.24.Mon / 22:45 
はい、結果はみなさんの御予想通りでございます。
       
やっぱり外洋の潮の流れが直接来る遠征釣りって、ギャンブル性高いんですよね。

がっくり
もうだめか?!


結局、新島裏遠征二投した時点で続行を断念。
やっぱ、この潮では根に向かって船は操れない。
また、時間をかけて船は利島の裏まで戻ります。
これで、約二時間弱はロス。

これじゃあ海の上を走り回ってるからって意味でF1イサキじゃんかよ~。

大枚叩いて釣りをさせてもらえない辛さが募る。
いや、しかし若船長を恨んじゃいませんよ。
そりゃあ、利島に残って拾い釣りをやってらあイサキの数は伸びたかもしれないけど。
やっぱ、遠征は夢を釣るもんすからね。グスン(強がり)

夢を追って破れるなら、追わぬことより我が人生に一点の悔い無し。
だから俺たちこの船に乗るんでさあ。

あーあー大船長はアマの岩戸よろしく、キャビンに閉じこもってでてきやしないよ。
お客にあわせる顔ないってやつだな。

新島一周クルージングから利島にもどるとようやく利島も下半分がくっきりと。

利島下半分


しかし、釣れないΣ(゚ロ゚;)

釣れない(;´Д`A ```

釣れない・゚・(*ノД`*)・゚・

あーもう終了時間も近い。ついに
利島のF((; ̄д ̄)フ~)1(一匹)イサキになっちゃうじゃんかよ…。

と思ったその時だった天から薄日が刺してくる。

やっと晴れ間が


ああーやっと利島がその姿を…

▽Open more.
スポンサーサイト
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
利島でF1イサキ!!(その2) 
2006.07.23.Sun / 22:57 
熱海を抜けて網代に到着したのは午前0時前。

荷物も積み込んでさあキャビンに入って寝るべと思ったけどちょいと自分のブログが気になって携帯でアクセスすると!

おーコメンテーターの皆さんが騒いでる。
オイラのブログが1万Hit達成だって!?

10000踏んだ(しゅうさん)、MYブログに画像までのせていただいてありがとうございます。

ほんと、皆様のお陰でここまでこれて感謝感激。
(本当はもっと早くお礼いわなきゃいけないんだけどこの場を借りてごめんなさい。)
これからも楽しんでいただける記事書くために、不詳サラリーマン金太郎飴、マイペースでは有りますが、おわらい系釣りブログ道に邁進する所存であります。
とくに、これからは新規のお客さまが入りやすく!を心がけていきますので一見さんよろしくね~。

さて、蚊がぶんぶんまって居るキャビンの中でも疲れていれば眠れるもので、4時に一度起きて乗船手続きを住ませた後もまた暴睡。

船は順調に6時前には予定通り利島海域へ。
オオアミ先輩を起こしてキャビンから出て見ると!

あー利島が無い!!

見えない利島


って言うか平べったいあの島は何よ??

天気予報は曇りなれど、下に台風が居るからウネリは有るだろうと
覚悟はしていたがこんなにガスって居るとは。
海も何となくよそよそしざわついているし…。

これでは、算数イサキは使えない。
とにかくスタートから時間をはかって、根の上にいる群までの
到達時間の目安とするかとかんがえたのだが…。

最初はタナ40mの流し。
▽Open more.
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
利島でF1イサキ!!(その1) 
2006.07.22.Sat / 23:19 
 今週末7月29.30日、東京湾沖釣りブロガーの皆さんはそれぞれのターゲットで苦労されたご様子
特に近頃の東京湾口では渋いと伝えられる、タチウオとアジやはり…。
せっかく梅雨もあけたんだから早く上向いてほしいものですね。

そんな、オイラは今週末は明石遠征中止のため釣行なしの週。
出張が帰りの疲れが取れたら、今度はビシバシ家族のために労働がまっておりました。

 唯一の楽しみは、にゃんタロが書店を何軒が回ってようやく見つけてきたくれた「月刊 つり人」
そんな雑誌はありませんとまでのたまった書店員がいたとかいなかったとか!ひどいそんなにマイナーですかね?
ビジュアル系釣り本の雄であり老舗。確かに渓流釣りなどが多いんであんまりチェックはしないが…。
にゃんタロごくろうさん。

 で、つり人の今月号で何が見たかったかというと、ハル父さんにご紹介いただいた鹿島丸さんのマダコの記事。

載ってました。載ってました。マダコって船宿ごとの戦術の違いが明確にあるので、蛸キチとしては、それが知りたくてどんな小さな記事でもファイルしておきたくなるのよね。

つり人の記事


と、ところでちょっと出ているらしいハル父さんは?赤い服の人?
まあお楽しみはビックオフ会で!

 とういうことで、時計の針は過去へとぐいっと、もどって7月21日。
仙台から帰る新幹線が遅れたお陰で自宅で休む間もほどほどに、湘南にあるオオアミ先輩宅に向けてクルマを走らせていた。

午後22時まだまだタクシーもたくさん走っている横浜新道を西へ。
その間、オイラは今回の利島に向けて練り上げた秘策の反芻する。

作戦名は名付けて「利島でF1イサキ」
オオアミ先輩のポリシーにあやかるわけでもないのだが、
いかに手返しを早めるかに重点を置いて作戦を立てたのだ。

予測するに、イサキの場合は今回も前回同様、仕掛けを群の中に通過させる算数イサキになることは必死。そこでは確実に数を取らねばならぬ。

しかし、若船長のことだから、一日のうち必ず70m以上の深場も流す 。
もしかしたら、切り替わりの時期サービスで(本来なら燃料代から諭吉2枚必要)新島裏まで行ってくれるやも知れぬ!

そうなると、マダイ、アオダイ、キントキ、メダイ、ハチビキなどパワフル外道たちの勝負になることも必死。

「この両方の釣り、同じ仕掛けでは無理だ。」それがオイラの結論であたった。よって今回は3タイプの仕掛けを準備これの切り替える。

タイプ1.高速走行重視タイプ
軽量に作られた、ハリス3号5本針6m仕掛けで、算数イサキになった場合1流しで確実にイサキの数が上がる仕掛けとした。
針数がちょっと欲張りすぎかもしれないが、硬いハリスで作ってあるので、トラブルさえ無ければ威力絶大なはず。

タイプ2.急坂走行トルク重視タイプ
ハリス5号3本針6mで枝針が編み上げ式で接続された枝スになっている。
一発大型外道が枝針に来ても耐えられる、重戦車のような仕掛けだ。
イサギで使用するとハリスが太すぎて食いが下がる傾向は有るが、メダイ子でも十分戦えるスペックとなっている。

タイプ3.標準走行兼用タイプ
ハリス4号2本針6m、船宿標準の仕掛けだ。扱いもしやすく、臨機応変に対応できるが。前回は一発でこの仕掛けを切る外道に遭遇している。また、イサキに一流しダブルでは少し寂しい。

なのでタイプ3仕掛けから、イサキ場ならタイプ1、外道場ならタイプ2と即座に、この三つタイプの仕掛けをポイントごとに使い分けて釣果を上げる作戦。
さながらF1のピット作業を思わせるので「利島でF1イサキ」と名付けてみたのだ。(またも力みすぎ?)
▽Open more.
人それぞれの釣りポリシー 
2006.07.21.Fri / 23:16 
オオアミ先輩とは


 一口に釣りといっても色々な種類の釣りがあり、その内容は多岐にとんでいることはこのブログの読者の皆様なら当然感じておられるだろう。
そう、釣りそれぞれジャンルごとにポリシーがある。

さて、そのポリシーはどうやって生まれれるのだろうか?

 たとえば釣りを知らない人から見ると、釣りは大昔から中国の古典上の人物周の太公望 (呂尚)になぞられられることが多く、実施は違ってもニュアンス的にのんびりしたイメージがある。

しかし、90年代のルアーブーム以降ははキムタクと糸井重里のおかげで、ファッショナブルなかっこいいアウトドアスポーツの一環であったりする。

 ただ、これはあくまで一般的なことで、実はオイラにとってスポーツフィッシングといえば60年台から70年代にかけてのブームとなったサーフキャスティングに当たるのだ。

そう、それがオイラの釣りポリシーの起源。
マニアックな少年かも知れないがが、キムタク登場以前に漫画釣りキチ三平「軍艦島の決闘」でそのかっこよさに心振るわせた世代なのだ。

 そして当時小学生だったオイラをより深い釣りの世界へと導いてくれたのは、日本で始めて、しかも関西で創刊された釣り週刊誌「週刊釣りサンデー」であった。
確か1976年ごろの創刊の表紙が、女性が投げ釣りでキスを釣っている場面だったと思う。

 紙面では投げ釣りが毎回、大きく取り上げられ、キスやカレイが舞い踊り、キャスティング競技という、投げ竿でどこまでオモリを飛ばせるかという競技があったほどの当時の投げ釣りは盛況だったのだ。

 あれから四半世紀はとっくに過ぎ、京都で大学生をしていたおいらが在阪企業を志望して就活したのに、なぜか東京勤務となり早10年以上。
オイラの投げ竿は二本。今はしまいこまれたままになっている。

 関東に来てすぐの頃は、当時の投魂が忘れられずに湘南に住んで休日には投げ竿を担いで歩いていたオイラであるが、あるきっかけで沖釣りを始めることになったからだ。

そのきっかけを作ってくれた人が、前回の利島遠征-最終回でオイラにメールを送ってきた、
「スーツ姿でもどこからともなくアミコマセのにおいがする男!オオアミ先輩」なのである。

ああ~あの頃のオイラは若かったんだろう。
▽Open more.
沖の瀬の夏鬼(その2) 
2006.07.19.Wed / 23:01 
よし、できるだけやってだめでもともと!

男は度胸だ!
俺釣る


では角田船長のアドバイスと今までの釣り知識を元に何とかライトタックルの鬼釣りを構成してみよう。

(本当の鬼釣りはそうじゃないよ!っていう所も出てくるかとは思いますが、そこはかまわずご指摘くださいね。)

まずは、オモリが底に届いて棚取り。
これはマゴチの横浜式だ!

マゴチファンの方なら当然ご存知であろう。

エビマゴチでは、メゴチマゴチと違って餌を海底スレスレで
泳がせていかねばならない。

そこで、オモリが底に着くと、水面スレスレで糸ふけを取って、
穂先をよいしょと、ハリス分上げてやる。
ハリスが1m前後だとすると、ちょうど竿を水平に戻した
状態で棚が取れているようにする。

たぶん横浜竿(手バネ)で棚を簡単に取れるためにマゴチではこのやり方が普及したのだろう。
しかし、この棚のとり方天秤で底を狙う時は非情にお手軽な方法だと思う。
(ちなみに、角田船長も下船後この方法をレクチャーされてました。)

次に竿が水平の状態で一呼吸入れ。
(今回の仕掛けの長さが1.8mなので、思いっきり水面ぎりぎりで糸ふけを取ったとして、1.5mぐらい。
枝針の餌は底を切っているが、流れの加減で先端の餌は底に着くか着かないかの状態だと思われる。)

さらに、ここからの誘いは短竿イサキの追い食い式。

前回の利島のイサキではマダイ竿使用だったので、スロー巻きを提唱したオイラだが、元来松輪など棚幅が合ったり、ウィリーを使うイサキは短い操作性のよい竿を使い誘いあげたほうが勝率が高い。

特に「松輪の満員イサキ」で追い食いさせるコツは食った棚から、1m竿でスイーと誘いあげて頂点で10秒数えることだとオイラは思っている。

誘い


そして、この頂点で再びストップ。
(これで約0.7m穂先はあがっているので、今度は先端の針も完全に底を切り、50cmは底から浮かんでいる状態。)

このふわふわを繰り返す。
これは、昔真鶴半島福浦港で浅場カサゴの天秤釣りを必死で習った時に覚えたこと、同じカサゴ類の基本形のはず!?

福浦の老船長曰く、カサゴ類はかならず上を向いて餌が落ちてくるのを待っている。
だから、魚に餌を見せるのはフォールして落としている時。
ただし、落ちている時は糸にテンションが無いため食ったかどうかはあまりわからない!?
天秤仕掛けだからなおさら、聞き上げの作業がないと魚の反応が探れない。つまりこの「誘い上げ」は「聞き上げ」をかねている。

糸にテンションが無いため食ったかどうかは余りわからない!?
とは書いたが実は前あたりは、穂先を下げている時にも出いる。
しかしそれは、かなり小さい。
さらに不思議なことに大きい魚ほど居食いするためか小さい。

もしも前あたりが解ればさらに慎重に聞きあげる。
カサゴが餌をしっかり銜えて無くても。
餌が上に上がって行くのを離すまいと、カサゴは餌をひっついて海底から猛スピードでジャンプしてくる。これが、あの鎧武者のような風体にかかわらず思いのほか俊敏らしい。

そして、もうひとつ大事なこと。
カサゴが大型であればあるほどジャンプ力が大きく、高く聞いてもてもおっかけてくる。
(大型は少し高い棚をと角田船長もおっしゃっていたがこれに通ずるのではないか?)

そして、はっきりしたあたりはこの誘いあげた頂点ではっきり出るはず!

あっアタリだ!
▽Open more.
沖の瀬の夏鬼(その1) 
2006.07.18.Tue / 00:35 
(お知らせ)
 今回は完全に掲載順序がいつものパターンと違ってバラバラですが、この実釣記録(二編)が最後の記事となります。
読者の皆様が解りにくい展開ですが今回ばかりはお許しください。

朝日に船出


ということで去る、7月15日早朝三時過ぎには横浜の家を出た。
5時半出船だから四時半には三崎についておこう。
と狩場インターから横横道路へすると間もなく携帯にメールが?

3時21分
寝てたら起こしてください。今到着しました。by仁兵衛丸

って仁兵衛丸船長!もう着いてるの!
自分のブログにはのんびりとって書いてあったのに、バリバリ気合いはいってるじゃあん!
おっかけ三崎まで一直線!一時間ちょっとで三崎港に到着だ。

そして、船のまん前に止まっている。仁兵衛丸船長のフィットをのぞくとそこには
目の血走った仁船長のお姿が!
:(この人きっとぜんぜん寝てないよおい!)

っと目を血走らした二人が車から降りて道具をまとめる頃に早くも角田船長も軽バンで到着。

ミーハーなオイラはわー雑誌に出てたのと同じ人だ!と素朴に感動。
 :(あたりまえやちゅうの!でも、忍さんの時もそうだったけどアイドル、スターの実物に合えるとこんな気持ちになりますよね。)

さて、角田船長、仁兵衛丸船長と久しぶりのご対面。近況報告も程々に、やはり釣りの話してもりあがり、お二人の仕事に掛ける情熱のすごさ感じました。
:(やっぱり、好きねえ♪)

ここんところのお二人の会話、あー書きたい。
とっても書きたい、でも割愛。
って、なんでって?

そりゃー秘密にしておきたいじゃん!
こんな美味しい情報だれだって独りじめしたい!!!

でも、角田船長、仁兵衛丸船長、素人がちょっとプロの話に近づけてうれしがってるだけと多めにみてこれだけ書かせてください!
:(ずるいけど、事後承諾)

仁兵衛丸船長:「去年ワラサ、来なかったですよね。」

角田船長 :「そんなことないよ。そこの定置に入ったよ時価2千万円分ね!来てるの(笑)」

仁兵衛丸船長:「えーそうなんですか?でもどこの船も…」

角田船長 :「そうよ、やっぱ地元優先ってやつがあってこの近辺にウチともう1船しか入れない根が有るのよ。 そこでバッチリ。去年はウハウハ。」

仁兵衛丸船長:「うーおー!!!アメちゃんこれは秋楽しみだね。」


あー書いちゃった。
これを読んでる皆さんだけに秘密だからね!

秋は角田船長に頼んでオフカイ仕立ててもらうから、ワラサが来たらこっそりここのみんなだけでウハウハだ~。

 さて、角田丸の乗船システム、釣座はくじ引き、支払いは陸上がり後ってことで、まるで遠征船そのもの。
このアタリにまた角田船長のキャリアとお客さんへの思いやりを感じます。
仁船長はちゃっかり操舵室下になってるし(笑)

準備

▽Open more.
「つう」の店とは?! 
2006.07.17.Mon / 22:20 
通の店


「つう」の店と聞けば皆さんはどんなお店を想像されるだろうか?

「つう」は漢字で書けば「通」。
その道に精通している、人ぞ知る名店と言うわけである。


レストランにたとえるなら住宅街にひっそりとある、オーナーシェフの店。
店のたたずまいは決して派手でなく、こじんまりしたたたずまいだが、中に入れば、他の大型店では食べることのない手の込んだ、上質な料理でもてなされる。

また、「通の店」といううからには、メディアに大々的に取り上げられたりする前でも、口コミですでに評判になっており、すでに予約は二ヶ月先までいっぱい。

しかし、オーナーシェフはその品質と料理の楽しみを守るため。
さらに売れるための小手先のコマーシャリズムに落ちいたりせずに、
かたくなに自らの信じるポリシーを守り続け、日夜新しい料理に挑み続けているのだいるのだ。

そんなオーナーを慕って集まってくる食通たち、「士は己を知るもののために死す。」の言葉通り、作る方も真剣勝負なら、食うほうも真剣勝負!それが通の店。

「へーあの店を知ってるんですか?お宅も「通」ですなあ。」
こらが食通同士の会話。
心の中で:(お前もなかなかやるじゃん)とい意味と解す。

食通を目指すものにとっては食通仲間にに見とめられたような…
なんてああなんて甘美な響き。

そう、釣り宿さんにもこんなレストランのような「通の店」が有る!
▽Open more.
* テーマ:船釣り - ジャンル:趣味・実用 *
鬼で目から涙。 
2006.07.16.Sun / 21:48 
さて、前回からの話の続きは~
なぜ、角田丸さんのライトオニカサゴにぜひ行きたいと思ったのか?でしたがちょっとその前に…

「鬼」美味あ~!!
と余りに「鬼」の美味さに感動したので、いつもとは掲載順序がまったくいつもとは逆の料理を先に!

三浦の幸


ということで、まずは「鬼」以外にゲットした
「三浦半島の幸」
おかげでこの二日間さらに幸せが増幅。

三浦市といえばスイカ!釣りの帰り道直販場で毎年買うんですが、今年は取れたてのトウモロコシもつけて。
このトウモロコシ、レンジでチンするだけでとっても甘くてホクホクの味がしました。

サザエは角田船長のはからいで、漁師さんの船から分けてもらったんですが、これが1kgで1000円、めっちゃ美味い!

サザエのつぼ焼き


初日はつぼ焼きで、残りはオイラの大好きな佃煮にしたので毎朝、朝ごはんに乗せて食べようかなと思っています。

さて、次はいよいよ「小鬼」
中華風から揚げ


やっぱり、小さいのは「から揚げ」というか、これにしたかったから持ち帰りました。

小さくても奄美の有る白身は絶品。

そしてオオトリは
刺身&煮物


一日寝かせた赤鬼は半身にして、刺身と煮魚にいたしました。
これ、3月の小田原の鬼が「鬼鍋」「刺身」「から揚げの中華風あんかけ」になっているので、煮物はちょっともったいないかなと思いましたがぜひやってみたかったんです。

味は…まろやか。

本当にほっぺたが落ちるとはこのこと。

そして、この料理を作る作業中…ちょっとした出来事がありました。
▽Open more.
えっ?俺頭達成!いきなり忠犬伝説。 
2006.07.15.Sat / 22:57 
赤鬼打破

ということで赤鬼釣れました~。
(写真は一番かっこいいので角田船長撮影のを借用させていただいています。)

仁兵衛丸船長の「東京湾の船釣り 明日はオニ」コメント欄で「俺頭1kg」と設定させていただいていたのでばんざーい!余裕のクリアです。

角田船長&仁兵衛丸船長本当にありがとうございました。

とわいえ、7月と言えば通常ならマダコ強化月間のはず?!
▽Open more.
* テーマ:船釣り - ジャンル:趣味・実用 *
| BLOG TOP |
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。