2006年02月の記事一覧
≪01month
This 2006.02 Month All
03month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お魚を買いに行こう!(第二回) 
2006.02.26.Sun / 20:44 
 うちから松原商店街は、弥次さん喜多さんが歩いた旧東海道を
てくてく、てくてく、歩いて膝栗毛。
なぎさのベビーカーを押していても20分の距離。

夏には浅間神社のお祭りでこの界隈は
ずらりと屋台が並ぶ通りになる。

 えーとまず、魚幸水産でお魚を買ってから野菜を買おう。
そういえば、今、魚幸水産は今新店舗建築中で
仮店舗なんだっけ?
移転


そういえば、角に有ったお味噌を売っていた酒屋さんと、
露天で貝と活ドジョウを売っていた
おじさんはどこに行ったのかな?
(知ってる人いたら本当に教えてください。)

4月に浅場のドジョウカサゴやりたいんだけど
今年は餌が確保できないじゃないか?
と不安になりながらさらに奥へ。

おー相変わらず、魚幸水産のお店の前は黒山の人だかり。
いつもながら顧客の平均年齢は高いが、熱気ムンムンだ。
水産前


当然ベビーカーでは入れないので、にゃんタロとオイラは
代わりばんこに魚を見ては外で何を買うかを相談する。

おーマグロのカマが500円、ムシカレイ300円
イサギ三匹500円などなど、、、

ごにょごにょ、ごにょごにょ、
相談の結果、今回はにゃんタロの意見を尊重して
「マグロのカマ500円」
「ホッケの干物100円を二枚」購入。
オイラはイサギを狙ってたんだけどね。

水産中



夏なんかは初鰹が丸のママ樽に刺さってたりするのを、
良くテレビが取材に来ていたな。
あと、奥で行われるマグロの解体ショーと量り売り。
これはかなり有名。
この早い者勝ちの量り売りに参加すると競りみたいで
超たのしい。
マグロの種類もいっぱい有るから食べ比べるのもたのしいよ。

あめちゃん家では韓国からお友達が来た時に
手巻き寿司を作って、
大人数で食べたが、それでも残ったくらい一つ買うと
たっぷり有ります。

さて、次は野菜を買わないと。。。

そして、いつもながら、震度4以上の地震があったり
急に雨が降って来たらどうするんだ!
と買い物客をはらはらさせる、 八百屋さんに到着。
▽Open more.
スポンサーサイト
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
お魚を買いに行こう!(第一回) 
2006.02.24.Fri / 23:50 
お昼にうちの猫殿からメールが入る。
「今日の晩ご飯はなにがいいですか?」

しばらく釣りに行ってないなあ~。
二月は結局1回しか行けなそうだし…
オイラは速攻で返信する。
「赤いさかな。

うちのにゃん子におつかいを頼むとすぐ
鯵アジ、鯖サバ、鰯イワシ、鰤ブリ、鰆サワラと猫まっしぐらに
青い魚を買ってくるので
名詞の前に『赤い」と言う形容詞をつけておいた。

帰宅前、また猫殿からメールが入る。
「お魚買ったよ。ピンク色で下唇べろんちょっとして、
悲しそうな目をして買ってって訴えてるの!
おっきいよ~どうして食べよう?

「なんだそりゃ?」
意味不明のまま、帰宅して冷蔵庫を開けるとこいつが
ぐったりと寝ていた。

ぷるぷるぷる!ぷるぷるぷる!(全身が震える音)

シロアマ


もしやこいつは!かの家康公が名付けたと言う、興津鯛!
相模湾では釣り人のあいだで、幻と言われるシロアマダイでは?!
▽Open more.
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
黄金メバルの煮付け 
2006.02.12.Sun / 19:33 
できたよ~。
黄金煮付け


おーこれが
黄金メバルの煮付け

あめちゃんのうちでは、刺身、焼き物はオイラが担当するが、
煮物はにゃんタロが担当するという、無言の取り決めが出来ている。
もちろん、なぎさ様は食うのが専門。まだ幼児だからね。

と言う訳で、これはにゃんタロちゃん作品です。
ほんと、年一回春は絶対これを食べたいよね。
カサゴもそうだけど、メバルは煮付けが一番だなあ。
もう、釣理は完璧120点だよ。

久しぶりにケロ美も遊びに来たし、さー家族で一匹づつ。
。。。。。。。。。。ってだれがミニカサゴになるだ!

そりゃあ。釣れなかったアンちゃんだべ。
実はオイラ、ケロ美には弱ったりする。

はい、責任を取ってオイラいただきます。

はーあ、すごすごお風呂に入って、
ムーチングロッドをしまおう。また来年ね。
* テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用 *
金には¥がなかったか!? 
2006.02.11.Sat / 23:21 
午前5時横浜出発。
車は快調に横横から逗子新道を抜けて葉山へ!って?
佐島なら横横から三浦縦貫道でしょ?

そうなんですよ、佐島の港は休日お神楽だとお休みになるんです。
でも、釣行日をなかなか自由に選べないのはサラリーマン釣り師の
辛いところですよね。
と言うことで今年は、佐島のお隣芝崎港の五エム丸さんに
はじめてお邪魔することにしました。

昔の定宿、茅ヶ崎も考えたんですが、竿頭10。
むこうは外道が多彩でヒラメの確率も高いし
でっかいカサゴが釣れるのはメリットはあるんですが
やっぱりここは金メバルを数釣りたい!

意外と近いな芝崎港。。。鎌倉は道路が混むから遠いって
感覚があったが、お隣逗子は横浜から40分でついてしまった。
でも、早々に港の駐車場はもう車で埋まり始めている。
人気あるなあ、今日はオイラの小心が功を奏したようだ。

港に向かうと、水色の船が五エム丸さん。
今日は満員なんので二艘出しになるらしい。
左舷みよし一番は船長からも愛称で呼ばれている常連さん、
二番は。。。おお~~漆塗りも目にまばゆいメバルの和竿さん、
オイラは三番、これは厳しいかなあ。
レベルの高いメンバーが前に多いと、前からポイントに突っ込む
ことの多いメバルは苦しい。

この日のためにあめちゃんが行った工夫は二つ。
一、確実にイワシをカジメの上に飛ばすために、
0.8号20cmのすて糸。
これを通常に仕掛けと、オモリの間につけて棚取りをしやすくし
根がかりの時も、仕掛けは損傷せずに
オモリを捨てて一発脱出計画。

二、アブ5500にはナイロンを30m先糸としてまき、
「それ、先糸じゃ無くて道糸じゃん!」計画
ナイロン道糸で食い込み重視だ。

さて、昨日は時化で出られなかっらしいが、
今朝は天気もよく風もない絶好のメバル凪ぎ!
(だと思ったのよこの時は。。。)
意気揚々と7時に出船と相成った。
朝日


さあ船は波をけたてて、朝を浴び、沖の鳥居に合掌、
雪をかぶった富士山にも合掌。
相模湾の釣りは風景が良いよね!
▽Open more.
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
年中行事で黄金メバルをGETせよ 
2006.02.10.Fri / 22:38 
年中行事というと
皆さん何を思い浮かべられるだろうか?
1月のお正月に始まって鏡開き、2月豆まき、三月ひな祭。。。と
季節の変化に応じてやってくるイベントのこと。

そのイベントに必要なのが、鏡餅で有ったり、豆だったり、
ひな人形だったりする、象徴するアイテム。

オイラ的釣り年中行事と言えば、
1月の初釣りが終わると、次の二月は春を迎えるイワシメバルと
決まっていたりする。

そして、その象徴的アイテムがこのイワシメバル専用の
ビッシ!ビッシ!とくるムチ、ムチ!
ムーチングロッドなのである。

ほんと、この釣りにしか使わないと言うか使えない専用ロッドなのだ。

釣行のために普段のお小遣いが無いに等しくタックルも使い回しの、
オイラだがなんでこんな滅多にしか使わない竿を持っているかというと、

昔、偶然茅ヶ崎の上州屋で樽に刺さって2000円の所を発見
してしまったからである。
しかし、なんでそんなに安かったかと言うと、実はソフトグリップに小さい傷が
あって傷物在庫処分で売られていたのだ。

当時はまだ、ヤフーオークションもタックルベリーも無かった時代だから
中古品市場って概念もなくって捨てるような値段で売られていた。
未だに得した気分なのである。

お陰で、あまり数は釣れないがスーッごく釣味の高いこの釣りにハマることとなり、
もう10年近く、相模湾、南房総とかなりいろんな釣り場のイワシメバルに行った。
その間、尺メバルも何匹か釣りましたよ。
大きいメバルが掛かると本当に鞭を打つように、
針掛かりしてビシッ。ビシッ。って引き込むのが面白くて病み付きになるのだ。

そして、ここ数年のイワシメバルと言えば
佐島の金メバルに定着しているのである。

金メバル?金アジと違って聞いたことないよ!
そんなかたおられます?
百聞は一見にしかず!
去年釣った25cm級を見てください。
お腹が金色でしょ。
金めばる



なぜ?こんなに金色なのか!
▽Open more.
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
スズキはどうすれば美味しいか? 
2006.02.02.Thu / 21:55 
あめちゃんは、うーむ、といつも考える。
 そう、スズキさんはどう食べたら一番美味しいかなのだ。

オイラは基本的に魚は「刺身」スズキなら「洗い」なんだけど。
じつは、うちの猫殿はどうもこのスズキ特有の香りが、
お気に召さないみたいでクンクンやっている。
これはホント人の好みだからね~。

クンクン、クンクン。

で、ベストは「昆布締め」となるのだが
 昆布締めは釣りたてじゃなくて一日置いた方が甘みが出て美味しいのだ。

だけど、それだけじゃレパートリーが寂しいので、
 本日は塩焼きと干物を作ってみることにした。
 明日は昆布締め。

塩焼き。。。。。冬の油の乗ったスズキはまるでキングサーモンみたい。
       油がジュウジュウ出てマル。70点

ダイダイなぎさは超気に入ったようで、にゃんタロの分まで
 横取りしていただきました。

塩焼きは?にゃんタロ?
クンクン、クンクン。

さて干物は?にゃんタロ?
クンクン、クンクン。
クンクン、クンクン。
クンクン、クンクン。

干物は匂いを助長するみたいね。
これはもったいないし金輪際もうやめとこう。

うーん、ただいまうちの猫殿に美味しくスズキを食べさせる方法を
「昆布締め」意外に考案中。

もちろん「昆布締め」はお味100点ですよ。
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
| BLOG TOP |
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。