国崎のヒラメ の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまた修行の釣りとなるか国崎のヒラメ釣り その4 
2012.12.31.Mon / 09:01 
ヒラメって高級魚なんですねえ
と改めて思いました。

近所にデパート系のスーパーがオープンしたので、お正月の買い出しを踏まえて行ってみると、結構鮮魚が充実している。そこにいたのが、この時釣ったのと同じくらいの大きさのヒラメちゃん。

お値段なんと
4,800円なり

しかも、茨城県鹿島産と書いてある…おおー懐かしいあの大根あたりにお住まいでしたか?と聞いてみたけど、口は開かずだまったまま。w

今年、関東始まって以来のヒラメ豊漁年なんですよ…しかも、薄い…
いや、これ国崎のヒラメをさばいた後だからそう思うのか?!

じつに、国崎のヒラメは驚くほど体高が良い。つまり、身がぶ厚いんです。
これは、「ふつうのなめこ」と「マッスルなめこ」ほどの差がある。

なめこの歌

国崎のマッスルヒラメと名付けておきましょう。

ということで、今回は孫針のお話でしたよね。
今回お話したいことの結論。
先に書いておくと、「俺目標、船長の言うことなんて聞かない。」ダメダメじゃなくて、「自分の実力と海、船の状況に応じて釣法判断ができるようになろう。」です。

まず、トレブル孫針。
これ、けんさんがおっしゃってるように、ヒラメ上級者以上の方はよくコレを否定されます。

これ、つまり「掛かる」ではなく「掛ける」釣りの難しさです。
関西に来てからも、丹後半島系ヒラメ釣りのA級者と2人別々にお話する機会を得ましたが、やっぱりお二人とも孫針は否定。まあ、丹後はエサが小さいというのもあるんですが…。

トレブルの場合、「掛かりやすい」ので、ヒラメのいろんなところに「掛かってしまう」、これがもろ刃の剣。私が掛けた二枚目のヒラメは顕著な例となりました。

流し初めから、二回目底を取り直した瞬間でした。
まさにフォール食い! 錘が底に着いたとたん、ガガガガと引き込みます。

あーこれは飛びつきで、すでに掛かってるなと、そろり~と聞きあげると、ビーンと持っていくアタリ。
こういう場合は無難に巻き合わせて、テンションをなるべく変えずに巻きとります。

二枚目はもう少し大きくて46cm。

しかし、あーこれはなお悪い…口の横外側にトレブルが掛かった状態。

こうなると、だめなんです

▽Open more.
スポンサーサイト
* テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用 *
またまた修行の旅となるか? 国崎のヒラメその3 
2012.12.29.Sat / 05:51 
さてさて、そんなこんなで数度の流し替えのあと…
イワシが騒いだ感覚がして、ビーンと一気に糸が引き込まれます。!

ん!?

前あたりなさすぎ…あまり、いい感じじゃない…
しかし、引き込んでいるあいだにままよと合わせると

ガっキーン!
あーやっぱり根がかりだああ…ということで仕掛けを失う。

次の流しも二回連続…。
なんやねん!これ、ある一定の場所まで来たら必ず根がかりする!!

と、頭???で操舵室方面に聞き耳を立てていると、
〇村さんと船頭さんの会話の中で、「…人工漁礁…」という言葉が飛び込んできた。

実は、船宿さんとメーカーさんへのクレームになるので書くつもりはなかったのだが…理屈が通らなくなるので説明の都合上ゲロっちゃうと。

オイラは、探険丸愛用者です。

しかし、これ前回の海新丸さんでも船長、親機を点けてくれてなくて役に立たたなかったんですが、今回の宏漁丸さんでも、役にたたなあーい。

いや、予告でも書いた通り今回は船頭さんにお願いして、親機の電源入れてもらったんですけどね…ノイズがひどくて、底が映らない…。これ、子機は親機の画像拾ってるだけなんで、ズバリ親機の調整不足なんですよね。(泣)

まあ、探険丸導入の時に東京湾の船長連があつまって、ワイのワイの「お客に魚探見せてどうすんのよ?」とやったお話は聞いているんですが…所詮600w程度の感度じゃあ意味ないじゃん?(魚が見える釣りが限られすぎ。)「まあ、底がわかればお祭りへっていいんんじゃないの?」程度で収まった。

そう、オイラも別に魚見ようとおもって、探険丸愛用者なのではありません。でもこれ、私のように一見さんで、いろんなところへ行きたがる奇妙な釣り人にとって、これほどありがたいものはないんです。

探険丸、オイラの使用方法は
水深計り丸と海底地形見丸w

また、探険丸へのレビューはどこかで詳しくやりますね。

せめて、探険丸さえ生きてたら、40m位の水深なら根の形で人口漁礁とわかったのになあ…

さて、ここで波もおさまってきたので、船はさらに陸から離れたポイントへ
夜もあけて陸地も見えるし、オイラも大きく作戦変更だ





▽Open more.
* テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用 *
またまた修行の旅となるか? 国崎のヒラメその2 
2012.12.26.Wed / 00:26 
真っ暗闇の中、スピードを上げず進む宏漁丸。
波は高く、準備の終わったミヨシは竿を船内に入れておかないと、跳ね上げられて飛ばされてしまいます。

そういえば、日立から鹿島、大原にかけて一日20枚だの30枚だのヒラメ爆釣中とのニュースがテレビにも雑誌にも…ヒラメなんて魚は1日良くてあたりが5~6回そのうち何パーセントをヒットにできるかという釣りが通年。
やっぱり、震災の影響で丸1年根が休んでいるというのが大きい!相模湾のキスも冬場禁漁期間を設けることで復活したといわれますが、やっぱり根枯れするまで遊漁をしてはいけません。

その点、三重はどうだろう?やっぱり場力はあるんだろうなと思いながら、竿頭6枚として…
まあ、俺頭は3枚上がれば御の字、打率50割を目指すのが我が実力のほどだなと思いながら、この風で使えるポイントが減るだろうからなあ…と思ていると、案の定想定外に早く船はスローダウン。
流し釣りの準備にかかった。

さて、どうするか?
HPに乗っていた仕掛けはヘリコプター型しかし、乗船前に配られた一撃ヒラメはタケコプター型。
実はヒラメ釣りにおいて、

①孫針 トレブル VS チヌ針系

②孫針位置 背中 VS 腹(おしり)

③ステ糸 ハリスより短い(ヘリコプター型) VS ハリスより長い(タケコプター型) 

の組み合わせを、場の状況、自分の釣り方によって選んでいかなければならない。
船宿推奨がステ糸がハリスより短いヘリコプター型だということは、通常ならば根が荒く、その上を通過させる釣り方に適した仕掛けだから、まずはHP通り50cmに自作してきたヒラメ仕掛けをつかうこととした。

さて、肝心のイワシの大きさは…18cm以上ある立派なサイズだ。





▽Open more.
またまた修行の旅となるのか? 国崎のヒラメ その1 
2012.12.04.Tue / 23:15 
出船するの風13m

国崎のヒラメは前置きがなくていきなり釣行記だよ~ん。

さて、午前1時に村重の城跡の前を出発して、途中バールロードで迷いながら港に着いたのが4時。
「さむ~。」
天には星がピカピカ光っていて、晴天だが…風がとってもキツイ。

北西だから、陸から来る方向だけど実は日本列島って、濃尾平野のところだけ琵琶湖あって、高い山がないから、日本海側の風が吹き抜ける。
海上保安庁に気象情報にアクセスすると…なんと 伊良子岬で風速13mじゃなイカ(イカ娘風)
これは大変でゲソ(イカ娘風)

ついに経験するのか!
あの伝説の港解散を!!

いや、元釣れ師匠との修行のなかでも、釣り時間30分はあったけど、港解散はなかったよなとこころの中で確認してみる。

うう~ん、大王崎回れば風裏で風速6mになるけど、これじゃ船が万一出ても使えるポイントが限られて苦しい展開になるのは必須だなあ。とまたまた、前回のタチウオに続き修行系の予感。

しかし、5時をすぎると船の明かりも点き始め、やる気満々の皆様が集まり始めた。

▽Open more.
* テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用 *
国崎のヒラメ釣り その0予習 
2012.12.01.Sat / 00:21 
まだタチウオの釣行記にも入ってないのに
もう、第二回目の釣行会が明後日に迫ってしまった

ということで、一回ここで予習を入れます。

今日○村さんに「お電話で貸竿いります?」といわれて、「大丈夫です。」
と答えましたが…ホントに大丈夫やろか…

というのも、ヒラメと言えば、鹿島で覚えて、銚子、日立に行って釣行記にある大原とか秋田とか…
じつは5~6年やってない釣り…

ってゆうか、ここ3年タコ、イカ以外…魚は100mより浅いところで釣ったことがない!!ような気がする!?

ということで、竿も古い…一番古いのはリョービのアラートで20年近く前の竿じゃなイカ!(イカ娘風)

まあ、とりあえず海人ヒラメと青龍竿もっていこう…これも6年ぐらいまえの竿だな。
また、あの小田原のオニカサゴ状態になるのかな(不安)
小田原のオニカサゴ

なんかオイラ過去の繰り返しをやってる気分。
とタックル整理をしながら、そうだ今回の船宿も初めてのところだったんだと思い出す。

そういえば、ブログのどこかに書いてるかもしれないんですが、
HPから推測するよい船宿の選び方!

今回これ予習でやっときましょう。
▽Open more.
* テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用 *
| BLOG TOP |
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。