泉佐野のタチウオ の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嘘つきで親不孝息子のテンヤタチウオ釣り その11最終回 
2012.12.18.Tue / 00:10 
魚って、小さくなるほど釣りにくいですし、数が減るほど釣るのが難しくなりますね。
よく言われるのが、前回も出てきたカワハギ釣り。

関東では半世紀まえ、長島万水先生のころから確立したゲームフィッシュであり、90年代のバスブーム終焉後の人口流入もあって、非常に盛んな船釣りターゲットですが、他の地域の釣り人にとって単なる外道であったり、投げ釣りで尺が釣れちゃったり、筏で一束釣れちゃったりする、非常に釣りやすい魚です。

これ、なぜか?答えは簡単1行目書いた通りです。

さて、一回のお祭りで潔く、邪道なちびタチウオを射程に入れた釣り方をあきらめたオイラ。もう天罰を恐れることもなく、あとは無心で道糸の色で水深を計りながら、今度はスロー巻でさぐっていきます。

30分ぐらい沈黙が続いた後、また深めの群れにも船が当たってきたようで、何とも判断がつかないあたりが続きます。

6匹目はコン、コンとつづいて「コ」で合わすとなんと偶然あってしましました。90cm。

7匹目はツンと穂先が沈んだところ、これは一秒で完全に合って、90cm。

終了間際になって、千差万別なあたりかたする。(おいらには全然パターンさえ読めない)

最後はブワーと食い上げて、かかった!早巻き~と巻き始めた途端。ふっと軽くなって。
PE糸10ぐらい先で、

高切れ

とともに、試合終了のホイッスルが鳴りました。

雨に濡れながら、波に揺られて帰る道すがら、竿頭は9本 〇村さんと松〇さんがおっしゃっているのが聞こえました。



▽Open more.
スポンサーサイト
* テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用 *
嘘つきで親不孝息子のテンヤタチウオ釣り その10 
2012.12.14.Fri / 23:13 
釣果の方程式もう一回いっときます?

場力×100+船力×10+釣力×1=釣果

ちなみに釣技+釣運=釣力

これ仁船長をはじめ東京湾のS級常連たちの魂にヒットしましたが。
以下の説明。

「やーまいっちゃうよ、昨日初めて船釣りってやつをシャクリ真鯛につれてたんだけどさあ、なんとそいつに10KGがヒットしちゃって。10年やってる俺でも最高7kgなのに…。」
はい!これはある、ある、大辞典。

しかし

「やーまいっちゃうよ、昨日初めて船釣りってやつを盤洲にキス釣りにつれてたんだけどさあ、なんとそいつが2束(200匹)釣っちゃって。10年やってる俺でも最高150匹なのに…。」
はい!これはない、ない、ないない、ありえない!

そうなんです、型はたとえば、上イサキや下キンメダイのように群れの中で大型魚のいる場所が多少決まっていて、釣り分けることができる魚もいるんですが、まあほとんど運=釣運。
だから、ドラゴンも所詮運。

でも、数はやっぱり実力なんですよね
だから、乗合船に乗る中では、竿頭はやっぱり一番の栄冠、栄誉なんです。
しかも、大きいのが釣れた~より、これから釣りに行く人にとって何匹釣れたのかが本当は一番大切な情報。
メディアの何匹釣れてる釣り情報の読み方というのもいろいろあるんですが、まず一番釣れた人の何割ぐらい自分の釣技があるか?ってところが判断できるか?です。
このへん中級以上の人が主な読者の金太郎飴ブログではいううまでもないんですが、我々目指せ釣技術UP中級者が目標とするところが、竿頭半というやつ。

つまり、竿頭(S級者の半分)の数ってことですよね。しゅうちゃんやオイラはココをめざして大体1/3どまりでした。
S級者のレコードは、ハゼなら1000、イイダコで300、キスで200、アナゴで100ぐらいですよね。だからイイダコで150行けばまあ、中級でしょう。おいらの場合まあなんとか、イイダコだけがたどり着けた数字です。自分で中級者ってい言っているけどほんと私の腕なんて他の湾小物の世界では初級クラスです。

ただし、N数が減る釣りモノ、展開になると、数でも釣運が占める割合が増えて、状況がわるくなればなるほど竿頭と中級者の釣果は接近してくる。
じつは、当日の小島沖まさにこの状況でした。

船上を読みます。
風と雨の中、風に押されて、船は前に推力をかけながらトモ流し。推力をかけると船が進んで糸が後方に流れますが、スパンカを立てた状態なので、推力が弱まるとほぼ真後ろに下がります。ギザギザしながら潮に乗ってる状態。潮アタリは、私の席からはセルフ山タテができてないのでわかりません。(やっぱGPS欲しい)波はキツイし、ミヨシは跳ねるのでどう見てもミヨシは上がってなくて、トモ有利。

 オオドモに居るのは、右舷が〇本さん、左舷が〇村さんで、左舷側のトモから〇神クラブの上手な方ばっかり、なぜか籤運でオイラハ右舷トモツギにいます。
〇本さんがまだ5なら、〇村さんは超S級としてもその1.5倍くらい、まだ7~8のはず。(この予測はピッタリでした。)

残りまだ1時間以上あるから、あとは運が味方すれば…
これが邪心というやつですねえ、この時点で、いかに小さなモタレをかけて、なるべく大きいのを釣るか?という課題からから、竿頭さんににどこまで肉薄できるかに、この一瞬で目標をチェンジしちゃったんです。

そこででるのがいつもの
びっくりドッキリメカ
▽Open more.
* テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用 *
嘘つきで親不孝息子のテンヤタチウオ釣り その9 
2012.12.12.Wed / 23:47 
魚って大きいほどアタリが小さいと思いませんか?

えー?クエ(モロコ)はそんなことないよ。「風神けんさん」
マグロ、ブリは違うな…。「雷神師匠」

いえいえ、そんな超大物じゃなくって、小物のカワハギとか中物まで、オニカサゴでもそんなこと感じます。大きい魚は遊泳力があるので、静かに近づいてぱっくり、居食いができる。

逆に言うと小さい魚、若い魚は当たりがはっきりでる。
それは、エサにアタックしてすぐ逃げようとするからでしょうか?

さらに「若気の至り」っていうやつですか…
若いとどうしても強引にアタックしてしまいます…
 六花ちゃんの眼帯を無理やり取り上げようとした勇太君、それは間違いです。
勇太君の気持ちはわかりますが、ここは嘘でも『「邪王真眼」は俺だけに使ってくれ。』と決め台詞!相手を逃げられない条件に誘い込んだうえで、行動を限定し状況から相手を変えていく。大人の対応が求められます。さて、今度は自分から眼帯を取った六花ちゃんの今週はどうなるのでしょうか?久しぶりにドキドキしてみてます。中恋。

と話しが五里霧中で始まりましたが、釣行記後半のテーマは魚の大きさです。

まず、開始30分ほどで、ドラゴンとやらを釣ってしまったオイラ

ハイ!終了。

しかし、これは決して勝利ではありません。今度は例えが思いっきり古くなりますが、昔阪神タイガースのオーダーが一番中村勝、二番ラインバック、三番平田、四番田淵だったころ。
隅一と言って、一回の裏に一点だけ得点が入ってあとは0行進…ついには逆転負けということがママありました。

つまりは、一匹釣れても続かないと意味がない。

二匹目のあたりは、それから間もなく一度はじくような、コツンというあたりがあってから、しんぼういてクイーンと引き込み当たりを捉えました。
これ、「掛かった」後のアタリだと思います。
持ち上げて、二度あわせしようととしても、どんどん食い上げて来る。
必死で高速手巻き。 これ、私の知ってるジギングでもよくあるパターンで90cm

三匹目は同じ棚で食わなくなって、仕掛けを回収しようと早巻きしていると、水深25mあたりでガツン。そのまま高速巻き上げて上がってきたのがこの日最小の80cmクラス。

うーん、やっぱり大阪湾のタチウオは不思議です。
いろんな棚にいろんな大きさの群れが混在している?
この日は大きいのが下?小さいのが上?

ここで前に予習で書いた
②釣れるタチウオは年々小さく(年齢の若い魚)なる傾向にある。
のお話をさせてください。

これは、全くの推測なのでガセネタになるかも知れませんが…。

東京湾でいうと、冬タチの釣果は年々上下しながらも減り始めていると思います。当たってるよね?
理由は夏タチをやるから。
もともと、東京湾でタチウオは100水深を冬の寒い時期に狙う釣りが昔からありました。
夏タチウオは今から10年くらい前に、ある組合の船頭さんが金谷沖の浅いところにタチウオが集まっているのを見つけたことに始まります。結構歴史が浅いんです。
で、前出のように反応系の釣りで群れを直撃。でもね、この時期浅い場所にタチウオが浮くのはズバリ、スポーニング(産卵行動)なわけでして、それを釣っちゃうと資源は枯渇し始めるんですよね。

で、大阪湾はというと、タチウオの狙いは秋から冬にかけて。
これ、夏の終わりごろから、大阪湾内に入ってくるベイトを追って、紀伊水道から紀淡海峡を通って淡路側のかけあがりに沿い神戸沖までタチウオの群れが入ってくるから。
じゃあ、真冬~春と夏の産卵期はタチウオはどこにいるの?ということになる。

たぶんね~紀伊半島
ちゃんと調査せずにいい加減なことを言うんですが、紀北あたりいるとすれば、紀北でやっている夜タチウオ、これ東京湾の夏タチウオと同じ状況を生んでいるのでは?
相関関係はあるんでしょうか?

なにが、言いたいかといううと自然の恵みの中で我々は釣りをさせていただいているのですが、心の隅にこういうことも置いておきたいなということです。
だから、夏タチ、夜タチ禁止というわけではなく。
育ち盛りの若い魚が夏釣られちゃうと、秋に大阪湾にはいってくるのは遅めに生まれた小さい子たちばかりこの群れが多くなると、テンヤタチウオでは非常に不利な状況が生まれます。

当たりのでるのは、60~40mの水深でコツコツ、フワフワきますが、なかなかこれぞというモタレも判断できず、一か八かで合わせても空振りばかり。
これは、どうも魚が小さいことによっておこる現象に思えるのです。

ここは、大きいの集中しようと60~50mの下半分絞り込み、ストップ&ゴーのゴースピードを遅くしようと電動リールの水深計に目を落とした時でした。





▽Open more.
* テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用 *
嘘つきで親不孝息子のテンヤタチウオ釣り その8 
2012.12.11.Tue / 00:16 
船長は風向きをみて、船団のいる神戸沖はだめだと判断
小島沖に船を進められたわけだが、こちらにはポツンと右舷前方に船影があるだけで
ほとんど一人旅状態。

水深は70m(記憶違いだったらごめんなさい)、若干トモ側に糸が流れる操船で、雨に打たれながらの釣りが始まった。

着底させてから、2~3m巻き上げて糸ふけとり、軽くシェイクしてからスットプ、ゴーを2m間隔で繰り返す。底から細かく探っていくが、あたりは全くでない。

こまったなあ…とここでやっと大きなミスに気づいた!

誘い方の予習は全くやってこなかった

矢野釣法の動画は事前チャックしていたが、これも初めてやることなのでまった要領を得ない。
こりゃあ、だめだめだあ~

そうしている間にも、右舷オオドモの〇本さんがヒット。そろそろ船の中でタチウオが上がり始める。

以前にも書いたようにこういう時は釣れてる人のマネが一番、〇本さんの誘いをコピーしてみることに、静かに竿を動かしているが、ふむふむ、止めるところは止めて当たりをみているなあ…止めてから巻き上げるスピードはこのくらいか…

コピー一回目、45mまで誘うが当たりでず、辛抱して30mまで追加して誘うが当たりです。

コピー二回目、底から10m、ここらへんで穂先が沈めばあなあ…と思いながら58mまで来たときだった、
初めてのモタレ、それも思い描いたように1/3ほど穂先が沈んでとまった、半信半疑で反応が1秒遅れたが、2秒後には…

ちょんわ

の掛け声で大合わせ、大合わせといっても横浜のエビスズキ釣りで培った、竿の弾力に合わせを吸収されないようにゆっくり大きく貫くように合わせる。

がきん!

しかし合わせは、2/3ぐらいのところで、持ち上がらなくなった。

なーんだ根がかりなのね。

一瞬落ちつた自分に今でも感心する。いや待て?10m以上底から上がっているのに根がかりはないだろう…。

こう思った瞬間、今度は下に向かってぐいぐい引き込みが始まった。
念のため、初めの引き込みは、竿を45度に立てながら、スプールを指で押さえてコラえる。

師匠が「テンヤタチウオは二度あわせをきちんとやること。」とおしゃってたかた、ここでもう一度合わせ効果をだした。次の引き込みでは、指をスプールから離し、糸をだして魚を行かせてやる。

やっぱ、リョービはドラッグがいいねえ。と思いながら、引き込みが緩くなると巻く、引き込むと耐えるの攻防をしばらくつづけ、ようやく魚が浮き始めたが…この時点で私、こいつはタチウオでは無いと判断しました。

鰆だ(爆)

タチウオって、巻きだすと上に走るんんじゃなかったけ?
だって、横にはしるんだもん!

▽Open more.
* テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用 *
嘘つきで親不孝息子のテンヤタチウオ釣り その7 
2012.12.08.Sat / 12:01 
今回の船宿さんは、海新丸さん。
ビックフィッシングなどでもよく取材協力されている、泉佐野では老舗的存在。

①老舗→②長年の手練れの常連多し→③一見さんの新規参入は難しいという状況がある場合も考えて
おいら自身は、代替わりした若船頭の宿とか、新興勢力のに居つくことが多いが、
昔は、ハル父さんほかスーパー常連さんのブログ仲間がいたので、老舗宿にも大手を振って〇〇さんのご紹介です~。と最初からワンランクアップでいける特典を生かせた。

そういう意味では、「TURISOKU FUNEDURI CULB」に入ったことはそれを補っていただけているとおもう。
初めて知らない海で船に乗る場合、船宿選びは大変で、まだまだお客をお客と思ってない船頭さんもちらほらのこっているからなあ…。
おかっぱりの人が船に乗ったら釣れるだろうと思って船釣りをやってみようと思っても、一人ではなかなか敷居が高いのは、大阪湾に船の数が少ないのと同時に環境が整ってないことも強いと、サンちゃんと話していたことを思い出す。

さて、船に乗り込み準備だ、準備!

使用の竿は前回ご紹介したが、リールは10年前の…リョービのSS500とした。
まあ、いつものようにハイパーレギュレターバッテリーでアンペアを上げてやれば、古い電動でも十分高速対応。あとドラッグ性能ではこれに勝るものは無い!

そして、仕掛けは関東式にフロロカーボンを3ヒロをリーダーとして、FGノットで連結。
関西に来てジギングもやるようになったので、ラインシステムを覚えたことは釣りおやじとして一番の進化かな(笑)

ワイヤーやヒカリ物は装着なし。
そして、テンヤは…これ必死にさがしたんですが、ヘッドの形もごつごつしてなくて、イワシを固定する突起が前一本だけのやつ。

丸おもりで40号の重さを探したんですが、どうしてもないのでこれとしました。

20121111080959.jpg

そして、イワシの取り付けかたなんですが、
針を頭だけしか巻かない、いままでだれもやってない新登場オイラ式(爆)

えーそんなことしたら、タチウオに噛まれたら一発でイワシがバラバラじゃん!!

ソノ、トウ~リ!!

つまり、この時点で釣りの中で一番大事な「手返し」の部分を排除する大英断地下鉄。

釣りが下手なオイラは、どうせ数でいくと竿頭の1/4程度の釣果が俺頭なんだから、実家のかあちゃんに指5本以上のタチウオを食べさせるべく、確実に大きなタチウオの小さい「モタレ」をとらえて掛ける一発勝負。

頭だけしかしばってないから、イワシはフラフラ自然にうごいてアピール力は抜群だし。
イワシはだめになたらすぐ交換できるように、自前でも30匹準備したし。
餌ばっかり替えて時間がとられても、それは重税としてあきらめよう。

とまあ、ここまで出船直前に考えてやっぱ…

弱気になった。

そして、とりあえず…


邪王真眼のサーバント!!
ニョロニュルハンマー~~打っときましょう(爆)





▽Open more.
* テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用 *
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。