秋田男鹿のマダイ の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
びっくり男鹿の超ロングハリス真鯛-2 
2006.08.25.Fri / 00:03 
デカバスの聖地とまで歌われた、八郎潟を通り過ぎ車は一路、男鹿半島の付け根、北浦港を目指して走る。強者どもが夢のあと…今はバス釣りの人もまばらなようだ。
八郎潟


斉藤釣具店さんには10時少し前に到着、女将さんの笑顔に出迎えられると、まもなく残りのお二人の釣り人も集まった。
そこで、女将さんが自己紹介してください。とまず常連のSさんに、

Sさん:「Sです。春はテリを、夏は主に電気をやってます。真鯛も何度かやってますので、なにかあれば。」
(もちろん秋田弁なのでこれ以上何をおっしゃっていたのかオイラには…この程度しか

Tさん:「盛岡から着ました。今回初めてなのでよろしくお願いします。」
(岩手弁なのでこれ以上何をおっしゃっていたのかオイラには…この程度しか

まず自己紹介する釣り船とは初めてだと思いながらオイラも…
:「能代から着ました。でも住んでるのは横浜です。初めてなんで何にも解りません、みなさんよろしく御指導ください。」と自己紹介。
さっそくオイラは仕掛けや釣り方などいろいろSさんから聞いてみることにした。

Sさん:「天秤は45cmぐらい、電気やったこと有るなら使ってるのはみんな同じだね。ただ、電気じゃあハリス2ヒロも取れば十分だけど。昼はオモリの号数掛ける1.5倍ヒロとして計算してほしい、100号なら15ヒロ22.5mこれが目安。沖に着いてから船長が潮を見てオモリを決めるから、自分で仕掛けは作るんだ。男鹿沖は潮の流れがむちゃくちゃ早いからね。
コマセなんて撒いても効果無いんだよね。自然にえさを流すのがコツかな。糸はどんどん送り込んで200mくらい出すことも有るよ。」
(もちろん秋田弁なのでこれ以上何をおっしゃっていたのかオイラには…この程度しか

うーむまた、いくら聞いてもさっぱりわからんぞ。と思っていると女将さんが皆を集めた。
女将さん:「餌はアオイソメとイワイソメ(本虫)2パックづつが標準なのでそれで行きましょうか。餌お渡ししたら、Sさんに船の場所まで連れて行ってもらいますので、ついて行ってくださいね。」
(餌はイワイソメを二本先につけて糸までこき上げ、あとはアオイソメをフサがけにしてこういう状態にして使う。)
アオイソメで鯛


餌を受け取った全員は各自の車で北浦港まで移動。
本日の船長さんにご挨拶。
男鹿の海へ


さて、どこへ行けばとまごまごしているとSさんが
:「左舷に片側に一直線に並ぶのがこの釣りだから。飴さんはオオドモに入って!船長が一番近いから教えてもらうといいよ。俺は真ん中に入るから。」

あー秋田の人ってなんて優しくていい人ばっかりなんだ!
(また言っているが本当のことだ。)
ん、まてよこの並び「マダコ??すると流しは「船の腹に風を受けて横流し?!」

そして、オイラの疑問を乗せたまま、女将さんに見送られて船は男鹿半島沖へ
男鹿半島

さ、結果はどうなる??
▽Open more.
スポンサーサイト
びっくり男鹿の超ロングハリス真鯛-1 
2006.08.24.Thu / 23:23 
 突然やってきた嵐にびっしょり濡れ鼠になった釣り人三人は、船出から三時間後這々の体で釣宿の斉藤釣具店さんに戻って来た。
常連Sさん、盛岡からやって来たTさん、そしてオイラの三人だ。

20060818103312.jpg


九州に上陸した台風から続く気圧の谷がここ男鹿半島まで伸びてしまったらしい。
天気予報では朝からの雨が回復方向に向かうはずだったのにいきなりの雷雨と波浪警報発令となってしまったのだ。

おかげでカッパも持っていかなかったおいらは直角イカTシャツも体にぴったり張り付いてしまっている。

「飴さんは着替えもってないの?じゃあこれ着て。」
女将さんは奥からMARUKYUさんの販促Tシャツを渡しておいらに着替えるように勧めてくれた。

続いて船長も片付けを終えて店に帰ってくる。
「今日は悪かったね、三時間しかやってないし3千円バックしてあげてよ。」
女将さんは皆にお金を払い戻してくれた。

ううー秋田の人ってなんて親切で優しいんだ。
(また言ってるがほんとうのことだ。)

それからは常連のSさんを中心にしばしの釣り談義。
もう滞在一週間近くなるオイラは秋田弁にはなれたけど…
まだまだ話には30%も参加できない。

と、船長が
「でも、にいちゃん最後の当たりあの嵐の中で良くとったな
あれで解ればたいしたもんだ。まあ、鯛釣りってーのはこげなもんさ~。」
ニッコリ笑ってこう話をふってくれた。
(秋田弁なので訳すと多分こういってると思います。)

「はあ?こげなもんですか!」とオイラ
すると一同大爆笑の渦。
さらに…

「はっきり言って、こげな仕掛けと餌であそこに貼ってあるメーター近い真鯛がつれるとは、ビックらこきました。
というとまた大爆笑。

女将さんが最後に
「また機会があったらたぜひチャレンジしてみてくださいよ。」
とにっこり笑ってくれた。


                    


とここで話は前日に戻る。

▽Open more.
今日横浜に帰ります。 
2006.08.19.Sat / 10:54 
20060819105452
朝は鯛茶漬けで、鯛うまあ~。今回は海水浴、温泉と家族全員で目一杯あそびました(^ー^)鯛には心残りがあるけれど、まあヒラメは釣れたし今回の秋田は家族大満足。じゃ気をつけてかえります(^ー^)
あっと言うまに鯛消費 
2006.08.19.Sat / 10:50 
20060819105052
男鹿の鯛は塩焼きで。じっくり味わっていただきま~す。
こんな釣法知らなかった 
2006.08.18.Fri / 18:03 
20060818180337
実釣り二時間、4投入の成果、30センチ弱二匹でした。いやこんなマダイ釣法は始めて体験しました!あとで詳しくレポートしますが、ビシのコマセ釣りじゃない、テンヤじゃない、胴突きじゃないいままで知らなかったマダイ釣法。かなり面白い(^ー^)
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。