秋田能代の電気釣り の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幻想-能代の電気釣り2 
2006.08.23.Wed / 23:10 
日本海に夕闇迫る頃、沖合いの漁礁ポイントに船長は碇を入れた。

20060815182539.jpg20060815183929.jpg


そして、電気(海中を照らす巨大ライト)を投入。
すると海が黄緑色に光、まるで竜宮城がこれから現れるかのような幻想的な世界。

幻想


船長からは「まあ初めはのんびりやってよ~」と一言でるが…
目が真っ赤なオイラはさっそく、泳がせのヒラメ仕掛けをつけて海中へ。
でっかいクロソイでもかからんかなーとやってみる。

乗合船といっても、ここ秋田はすごーく鷹揚にできているらしい
仕掛けもオモリもまちまちでみなさんそれぞれの釣りを楽しんでいる。

ミヨシの常連さんは鯛の天秤釣り一本だし。
そのお連れさんたちはヒラメ狙い。
ご夫婦はサビキで鯵。
そう、よっぱど長流れが変化しない限り船長から硬いこといいっこなし。

船長は泳がせ一本のおいらを見るなり。
「こんど来るときは二本竿をもっておいでよ。一本で泳がせて、もう一本でサビキやればいいからね。」とまで言ってくれる。
たしかにこの船に6人じゃあ何でもできちゃうよね

そうしているうちに、水面に影が走った。
それは茶色の塊で、まるでエイ見たいな形をしている。

「あれ!エイですか??」オイラは常連さんに聞いてみた。
するとその瞬間、エイが今度は居るかのように長細く形を変えた!

「あれが小魚の群れだよ」そう、まるで大きな魚に見てたのが全長2cmぐらいの小魚の群れだったのだ。ふえー。

それからは、いろんな色の小魚の群れが船の周りをぐるぐる回り始めた。その様子はまるで水族館。いや、広い海の中で僕たちが魚に見物されているようだ。

船長「そろそろだよ」
この合図でオイラは、(泳がせ仕掛け)を(道楽仕掛け)に切り替えた。

一投目、
着底して、2mぐらい底をきる。あとは置き竿にした。

しばらくして、ガンガンがん、ガンガンがん、と小気味よいアタリ。
ヒラメじゃないなと思ってしばらく待つ。

ガンガンが二倍くらい大きくなったので、とりあえずあげてみると15cmくらいの鯵が、づらづらづら~とサビキの針の分だけくっついてきた。

「おー鯵釣れた感動~」じゃない!こいつらは餌!
なるほど、こういうう断続的な鯵なんだなと確認してそのまま仕掛けを底まで落とした。

竿先はひっきりなしにガガ、ガガ揺れるが肝心の引き込みはまだこないなあ。

しばらくしても一向に変化が無いのであげてみると
ゲゲッ!鯵がでっかくなってる!!
大鯵が小鯵を食ったの?と一瞬思ったがさにあらず・
そう先ほどの小さい鯵が外れてしまって、今度は25cm近いおっきな鯵が親針まで飲み込んでいたのだ。

うーむ、こいつは餌としては大きすぎるからもってかえって鯵の干物にするべ!
ということでしばらくはこのおっきな鯵が釣れるとキープを繰り替ええす。

なかなかヒラメ釣れんのーと思ったその時だった。
▽Open more.
スポンサーサイト
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
幻想-能代沖の電気釣り 
2006.08.22.Tue / 23:15 
あー横浜に帰って来ても目を閉じるとまたあの澄んだ海
が思い出される。

夏の思い出


海水浴の途中でイカの群に遭遇するなんてさすが秋田。
 金太郎飴一家にはとっても、いい夏休みでした。

ということで、釣行記、「能代沖の電気釣り」と「男鹿半島の超ロングハリス真鯛」まとめて詳しく書かせていただきます。


では時は戻って8月15日午後3時半

        

 義父の車を借りて、能代港に向かと「風の松原」と 呼ばれる海岸公園の脇を通る道は、風が涼しくてきもちいー。
防波堤に書かれた「はまなす画廊」子供たちの絵を左手に見ながらまっすぐ進むとそこは秋田県能代港。
今回はこの先端に船宿を構える八竜丸さんにおじゃまする。

八竜丸


春にテリ釣りに来た時から、夏になったらぜひやって見たいなあってご当地釣方があったのだ。

そう、それが「電気釣り」。

20060814152417.jpg


前に乗せた絵に乗っているように、巨大な集魚ライトを海中に沈めて小魚を あつめ、それを食べに来た大型魚を釣る!
コマセを使わない画期的な集魚法の夜の沖釣りだ。

聞くところによると鯛や平目が、じゃかじゃか、じゃん、じゃかじゃかじゃん、じゃかじゃかじゃんけん、じゃかじゃんけいんホイとコニーちゃんといっしょに舞い踊るらしい。

さらにこの釣り使う仕掛けがまた面白くって、基本形はサビキ釣り。
サビキで真鯛や平目が釣れるの???って思うだろうが、

「道楽しかけ」と呼ばれる、大きな針から小さな針がぴょこっと飛び出した形のものや。
道楽しかけ


ごっついフラッシャーサビキの下二段目だけに、泳がせの生き餌を付けられるようになったものなど、電気釣り専用の仕掛けが何種類かあるのである。

食わせサビキ


オイラは船長の紹介で、上○屋へ行きの上○屋の兄ちゃんに勧められた通り「13号の道楽しかけ」五組用意しておいた。
あと、上○屋の兄ちゃんがオイラに進めたのは、餌釣り用のサビキと
関東でも一般に使われるヒラメの泳がせ仕掛けである。
これだけあれば大丈夫ですよと、常連さんもいつもこれですしと兄ちゃんも太鼓判だった。

うーむしかしこれがちょっと問題ありだったのだが…
▽Open more.
味の干物 
2006.08.17.Thu / 16:54 
20060817165417
これはお土産用に造った鯵の干物。秋田は毎日35度を越える真夏日つづき!あっというまに良い感じになりました。
縁側の使い道 
2006.08.17.Thu / 16:51 
20060817165147
さて縁側は軍艦巻きにして鯵のタタキと二種類造ってみました。これがおいちー♪でもまだまだ四人では食べ切れないほどヒラメがあるよ~
昨日の晩餐は? 
2006.08.17.Thu / 16:48 
20060817164831
ヒラメと鯵のお寿司握ってみました(^O^)vちなみに鯵は電気釣りの餌として無尽蔵に釣れて来るのを大きめのやつだけキープしたものです。
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。