江ノ島のマルイカ の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江ノ島のピンポンダッシュ!マルイカ(最終回 そして赤眼になった) 
2006.08.10.Thu / 23:11 
我らの仕立て船、ちょっと離れた別の船から観察してたらあいつら何やってるんだ?って大笑いされていたかも知れなし。

ミヨシから


乗ってる客は、船が走り出すと内向きに集まり、止まりそうになるとダッシュ!で解散、この繰り返し。

オオドモの定位置に戻ったオイラは、釣れないうちに一応実験だけはと、マルイカ仕掛けの下にカサゴ天秤装着で海底に落としてみたが、すぐにアタリ

あーヤバいこのアタリ、赤ベラ(ササノハベラ)だーと思いながら放置しておくと、案の定根に潜られてししまった。万事休す。

やっぱり、底物の魚を狙ってスッテを付けるのはマルイカのお土産がつくけど、マルイカを狙って底ものの仕掛けを付けると、外道のアタリが出過ぎてじゃまされてどうにも成らない。
この一回で実験はあえなく終了としてしまった。

天罰として、天秤とオッパイスッテを地球様に取り上げられたので、仕掛けは超短ハリスのエロチカ5へ。
(直ブラって言っていいんですかね?これ?ハリスが5mmくらいあるんですけど?)
そして、オモリも無く成ったので40号から30号へチェンジ。

ってそんなことでいいのか俺!!

 これは後で皆さんのブログで知ったコトだが、ハル父さんと井上さんは後半戦オモリお重くして、直ブラをブランコに変えるオイラと逆の作業をおこなっていたらしい。

そして、今考えるとお二人が正解だったんだ!ナーるほど。
と、いまさらながらマルイカ→ド素人のオイラは気づいた。

しかし、とこのときなーも考えずに行った、マイナス要因の作業がオイラの目の色を変えさせる結果になったのかも知れない。

さっきは、なーも考えずに、ずっしりイカがついたら巻まくだけだったのに!
突如、アタリは有るのにマルイカが掛からなく成ったじゃないかあ~

竿さばき

ど~ん(爆)

なぜだ?なぜだ?なぜだ?
(だから仕掛けが変わったからだって!)

あー触りはあるのに掛からない!
(やっぱりオッパイスッテはやわらかいから抱きつきよかったのか?)

どうしたらいいんだ?、どうしたらいいんだ?、碇しんじクン状態になって来たぞ~。

そして、船はまたもや過激な反応が出ている連絡を受けたのか!急速に船団と成っているか海域へ舵を取ったのである。

全くの空前のドジを踏みながらオイラが今回なぜか二位に入ったのは、ここに秘密があった。
たぶんこの群が本日一番の大型の群で、この船団の中でマルイカを船が追う間、常にオイラの左舷オオドモが最高のポジションとなって居からだと思う。
▽Open more.
スポンサーサイト
江ノ島のピンポンダッシュ!マルイカ(第二回 まだ白眼) 
2006.08.09.Wed / 22:37 
ポイントについたと思いきや延々と江ノ島沖をぐるぐる回る船上。
オイラはコッソリカサゴ用の天秤仕掛けをマルイカの4本スッテの仕掛に取り付ける準備だけはしておいた。

なんといっても、持って来たマルイカの仕掛けは市販の「ヤマ○○の素人でも扱いやすい!4本オッパイスッテ」と「上○屋の超短ハリス5本エロチカ5スッテ」の二組だけ、色も大きさモ考えずに超適当に選んだもの。(やる気ないの見え見えですね。

それに比べてカサゴの方は、10センチ刻みでハリスを変えたり、二本の針の浮力調節のための…とむちゃくちゃ考えたもの。(おいおい!
よく、ボート釣りやカワハギ船なんかでも仕掛けの上にスッテをつければマルイカがとか書いてあるしその逆だと思えばと自己正当化。
しかしそこは超小心者の私のこと、やっぱり始めっから天秤を装着するのは出来なかったのだ。

そのうちやっと投入するも、ものの三分もしないで「はいあげてください」の船長からの指示。

このころ、ようやく鈍いオイラにもなんか操舵室から流れてくる異様なオーラを感じ始めていた。
「もしかしてマルイカって反応が無い限りは仕掛け下ろさないの???」

とそのときだった、ふっとその緊迫感が船上から消えた。
なんかミヨシでトラブルがあったのかなか騒がしいぞ。
あーmakotoさんのるキス船がよって来た。

ボチャン


ぼちゃん

ドンブラコ


プカ~プカ~

ハイ回収

回収


おおーすごい!ここの船宿は宅配便もあるのか?
と思ったら、にゃみさん忘れ物だったのね。

さて、再び気を取り直して船はぐるぐる、ぐるぐるしながらくまなく、反応を探し、じりじりと長者ヶ崎方面へ、しかしもう時間は開始から1時間すぎてる、のに投入はさっきの3分だけというすごい展開。

うーん、この船長超真剣だとこの時点でオイラにもはっきり解った。
「何人たりとも反応のないところでは仕掛けは下ろさせねえ!」

ちと古いマンガだが「Fーエフ」の主人公、赤城軍馬のような気迫で迫ってくる。

本当にこの船長の心意気にはありがたいと思ったし、すごい船宿さんだなあと感心した…
しかし、そんな船長の気持ちにもオイラはびくともせず。「やっぱりオイラの白眼は未来を見通したな。」つとめて冷静。

ほれ!ミヨシではすでに寝ているし。
ネルアル


今日は相模湾観光クルージングで酒盛り宴会船かあ~。でも本当にそうなったらキレた船長に全員相模湾に沈められるかも?と思ったちょうどそのとき、どこかの船が反応だしたんだろう。
船は思いっきり今までとは反対に舵を切って急速旋回、猛烈なスピードで走り始めた。

そして、向かった先は…
オイラにとっては思い出深い、茅ヶ崎沖は烏帽子岩回りだったのだ。
烏帽子岩


「烏帽子岩が見えて来た~」とサザンの唄に歌われた烏帽子岩こと「姥島」は、茅ヶ崎市のシンボルとも言える場所だ。以前5年間茅ヶ崎市民をやって居たオイラは、通い込んだ釣り場で、渡しの磯釣りでも、乗り合いでも、自分が操船してレンタルボートでも何度も来た覚えが有る。

ちょっと山立てして、あれここは確か冬のカワハギ場だったところと思った当たりで、もう既にマルイカを何杯かあげている船が居る。

船は頭からそこに突っ込んで、後進をかけた。
「はい、やって!」もうこの時船長の声のトーンが今までとは全く違ったから、
100%ここにはマルイカいる!

▽Open more.
江ノ島のピンポンダッシュ!マルイカ(第一話 白眼) 
2006.08.08.Tue / 23:05 
ビャクガン(白眼)!!いきなりなんじゃあ??

ひなたちゃん


解説させていただきましょう。
ビャクガン(白眼)とは少年ジャンプ連載の忍者まんが「NARUTO」に出てくるくの一、日向ひなたちゃんの必殺技である。
にゃンタロは毎週「これは深い人生の薀蓄がちゃちな実写ドラマよりある」 とのたまって、アニメを見ているのでこっちも覚えてしました。
この娘、保管が悪くて鮮度が落ちた鯖のような白い目で、なんだかこれから起る未来が見えるらしい。(爆)

ということで
「サラリーマン金太郎飴の新明解釣り造語辞典!」
           (投魂さんのパクリです。)
白眼(びゃくがん)
(意味)
その日の釣果を予測して、貧果なたはオデコ&丸坊主が完全に予測できたときに、釣り人がする目付きのこと。
また、あんまり釣りをする気がない時に対しても使う。さらに釣れない状態でのあきらめの境地もさす。  
(用法)
「微妙な当たりを取らなきゃ行けない釣りなのにこんな風ふくなんてオイラもう白眼!」
(反対語)
「血眼(ちまなこ)赤眼、赤目など、釣り人が今が時合!釣れると信じてて必死に釣り、ちまなこに成ること。」
とご記憶願いたい。

さて、オイラは寝ぼけ眼でまだ、ネオンの残った繁華街を、オールナイトで酔っぱらった若者たちをかき分けながら歩いていた。

「イカ苦手なんだよな~。」
そのざわめにオイラのつぶやきなんてかき消される。

イカはもう6、7年はやってないっす。
最後にやったのは宇佐美の夜ヤリイカで釣果は90杯ぐらい。
船長の言った通りダブルカンナが手に入っていたら束は軽く超えただろう。
以後1年間冷凍イカを食い続けた思い出が有る。

当時は会社にまだ、今は定年されたイカ部長がおられて、
よくイカ釣りに連れて行ってもらったが、当時のヘビータックルと長ーい仕掛けをスパルタでやらされて、小田原で5杯とかの成績。

辛くて泣いていたところに、この夜イカだったから一気に脱力して、イカ熱はさめてそれっきりに成っていた。

アオリイカ、スミイカは別ですけど、こういう機会が無ければ、これからもずっとオイラの釣り物からはマルイカどんなに流行していようとも除外されていたに違いない。

だから、マルイカファンのみなさん。今回のお話はマルイカ釣りについて、オイラの先入観が変わって行くストーリだてなので、すぐ激怒のコメントを寄せず、そのへんご理解していただいて、長い目で見て読んでやってくださいよ~。)

酔っぱらいの多い東海道を藤沢で小田急に乗り換えると、またそこは別世界が広がって、今度はサーファーギャルと投網をもったおじさんが混在する世界。

うーむ夏の湘南海岸は色んな人種の坩堝だ。
そんあ異次元でオイラはこっそりリュックを明けて、中を覗き込んだ。

「ああ、やっぱり持って来てしまった。」
そこには、天秤とムツ針15の自作カサゴ仕掛け。

そう、昨晩仁兵衛丸船長のコメント欄で、船の流し方はと愚かな質問をしていたのはこのためである。
今は全盛期も過ぎ、その日ごとにとっても波のあるマルイカ、反応が見つかるときは良いけど、もし反応がなかったら…?のんべんだらりと根回りを探るのかなあ?!
(と、この時点では全く勘違いしていたからだ。)

仁船長ところの書き込みでは早速kさんに見つかって「仕立てと言っても…船長ショックでしょうね。」とたしなめられてしまったが、
浅場カサゴで、どうしてもその有効性を試しておきたい仕掛けが有った。

たしかに、そういうう船長の気持ちオイラは考えてなかったなあ。
前回、思わぬことで人を傷つけると自分で書いておいてまた、自分でやるところだったけど。
仕立て船だし、あんまりイカが釣れない時はことわってやるか、
それとも見えにくい席ならバレないようにコッソリ一匹だけ…
一匹釣れたらそれでこの仕掛けには納得できるんだけど…。
(この仕掛けの詳しい話は、いずれ浅場カサゴか鬼カサゴのときお話しましょう。)
そう、今回の外道はウッカリカサゴならぬコッソリカサゴだったのだ。

ということで、のっけからマルイカに対しては気持ち無し。
仕立てだから!皆さんとのお話を楽しみながらゆるゆる楽しくやらしてもらおう~と。
片瀬江ノ島駅を降りて信号をわたるころは、久しぶりの湘南の風に吹かれて、
もうオイラの目はすっかり、日向ひなたちゃんのようにオデコを見通す白眼(びゃくがん)になって居たのだ。
▽Open more.
ビックオフ会 開催! 
2006.08.06.Sun / 23:05 
片瀬江ノ島


「にゃみのぼけぼけ釣り日記2萬HIT記念-ビックオフ会」にご参加された皆様本日は本当にお疲れ様でした。皆様とすごせた夏のひと時、本当に楽しい時間となりました。

そして、今回の結果は!?

じゃーん

マルイカつれたよ!?


この状況でマルイカ15杯、初めてのわりには健闘できたかな?
Mr.Kに続く次頭となれました。

先ほど、沖漬けと刺身でマルイカを一杯づつ味わったら、こんなに甘くてやわらかいイカがいるんだと感動!
自分ひとりではまったくかかわることが無かったらだろうジャンルの釣り、これもこんな機会があればこそだなって。皆様とお会いできた感謝を再び、ジーンと思い出したしだいです。

それでは、今回の御題は
「江ノ島のピンポンダッシュ-マルイカ」と言うことで、マルイカ釣りを初めて知った魅力をお話させていただきたいと思います。

* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
それでは! 
2006.08.05.Sat / 21:41 
皆さんおやすみなさい!明日マルイカのご機嫌麗しいことを願って!!
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。