江戸前のアナゴ の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミニオフカイ開催2 
2006.06.26.Mon / 01:04 
という心の願いが届いたのか?
ほどなく、仁兵衛丸船長が1本また1本と上げてくれて、
ホッとしたところ…後ろで絹を引き裂くような嬌声が。

あるちゃんが釣った~。

アル釣る


それを見てなぜか大笑いの仁兵衛丸船長。
理由はこちら。

どうやら、ぽつりぽつりと行かないまでもなんとかアナゴは出始めたみたい。

隊員:「よかったですね。なんとかなりそうですよ。」

隊長:「しかしこれで、我々がオデコでは格好がつかんぞ。」

隊長&隊員:「むむむむむむむ。」
( ほら、オマイラまた眉間に皺がよってるって。)

そこえ、ひょっこり様子を見に来てくださった仁兵衛丸船長。

「投げたら戻ってくでしょ。(笑)潮の流れ次第ではどんどん送り込んで方法もあるんだけど、戻ってくる時はできるだけ遠くに投げて、1分に一回と言わず頻繁にさびいて来ることかな。」
とアドバイス。

ふむふむ。

隊員:「さっそくやって見ましょう!」

隊長:「たしかに、今までは潮に押されて帰ってくるジェット、すこし待つ間に、糸がたるんでしまうことが多かった。
これからは待たずたるませずに、じりじりともう二本手持ちで…。

くにょーん。
キター。

くにょーん
キター!

驚くべきことにアドバイスを素直に受けて実釣したとたんに二本連釣だ。

アナゴン


隊員:「そうそう、われわれ初級者ってケースバイケースの引き出しが少ないから即座の状況判断ができないんですよね。」

隊長:「仁兵衛丸船長もおっしゃってたけど、状況判断でジェットが有利な時も、小突きが有利な時もあるからそれを判断してやらないといけないって。
やっぱりハマりパターンを早く見つけ出す訓練か…」

隊員:「やっぱ授業料は必要なんですね~。」

隊長:「でもそれを最低限で済ませるようにするのが、このブログとわれわれの使命じゃ。じゃあ小突きに替えてみよう!何事も経験だ。」

隊長、隊員協議の結果、手バネは使わずにリール竿のまま釣り鐘オモリと誘導天秤の小突き仕掛けに変更。

ココ、ココ、コツ、コツ!

隊員:「あっエサ取られちゃった。」

隊長:「やっぱり、船下の小突きの方がアタリは解りやすいけど…合わないことのほうが多い。」

隊員:「そう、かみやさんで船酔いで泣いた日も、このコツコツアタリは取れませんでしたよね。」

隊長:「根本的に何かがちがうんだろうなあ。」

コン、コン、ゴロ、ゴロ、ゴロ、クンクンクン。

隊員:「あーわけが解らんけど掛かったー。」

隊長:「巻けー!うへ、すれがかりだ。チャーシュー寸前」

隊員:「アナゴはエサにアタックして来てるんでしょうけど絶対数が少ないんでしょうね。やっぱ小突きの場合は、「コツの前」が解るようにならないとだめなのかな。」

隊長:「でも隊員よ、小突きとジェットのこのアタリ違いなんだと思う?」

隊員:「まあ、全く素人考えで見当違いかもしれないんですけど、アナゴの活性かな?」

隊長:「そうなんだよ、実はこう考えてみたんだけどどう思う?」

ジェットの場合
あまりアナゴの活性が無くても、穴から顔を出しているアナゴの前を餌が通過し、やる気の無いアナゴもまあ、通りかかった餌なら食ってみようかな~。と思ってパク。すると向こうあわせでかかって穴からニュルすっポーン!と出てくる。

ジェット


そして、小突きは…
▽Open more.
スポンサーサイト
* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
ミニオフ会開催! 
2006.06.25.Sun / 23:35 
続いてのお話は、さる6月25日にブロガー仲間の皆でちょこっと集まった夜アナゴのミニオフ会のことなんですが…

にゃみさんも仁兵衛丸船長も、もうとっくに詳しくレポートされてますので、オイラは今回はあまり引っ張らずにあっさりとレポートの中心はアナゴ 釣法考察でまとめてみようとおもいます。

ということで、アナゴ終わっちゃったけど「しゅうさん」よろしくね 。

隊員:「利島以来いろいろあって忙しくって、全然釣行のメドたたないですねえ隊長。」
隊長:「うーむ、だれが言ったか知らないが、キューキューしぼられる今のサラリーマンはぜんぜん気楽な家業じゃありませんよ。
ここんとこ丸一日とれる休日がないよなあ。しかし、こういう時のために短時間船がアル!値段だって安いのよ~。」

大怪魚アナゴン


おー懐かしい、この二人は「江戸前のアナゴ アナゴジェットの回の弱気な私=隊員君と強気な私=隊長さんじゃないか。

隊員:「と言うことで、また我々の出動ですかね。」

隊長:「さらに今回は「にゃみのぼけぼけ釣り日記」のにゃみさんにも一声かけてあるし、もしかしたらアナゴジェット提唱者の仁兵衛丸船長も仕事から間に合えば来てくれるかもしれん。」

隊員:「おーそれはオフ会ってやつですか?!」

隊長:「うむ、これでまあ、今回は眉間にしわ寄せて必死に釣らなくてもねって気持ちになれそう。
まあ、ドつぼ的に釣れてないアナゴではあるが、上期の課題魚としての来期のために釣法をためしてまとめて置きたいんだよね。
アナゴジェットはにゃみさんにチャレンジしてもらっても良いし、我々は手バネ小突きとかも試したい。」

隊員:「そういえばあの自作竿アナゴではまだ使ってませんでしたね。」

隊長:「まあ何事も三回やってやっと入り口だし。」

隊員:「じゃいざ、鶴見の富士丸さんへ!」

隊長:「おいどうした、隊員なんかキャラ逆転してないかい?」

さて、当日の天気予報は15時まで北東の風、これが18時には 南風に変わると言うなんとも微妙な予報。
潮の方は下げ潮だから、東京湾の法則ではミヨシ側ってことになるのだが…。
と思いつつ仕事に行く前に近藤釣船店によって場所だけ確保してと。

オイラ:「まあとりあえず予報どおりミヨシから四名で女将さんたのみます。」

心の中の隊員:「えー本当にそれでいいんですか?能代の時みたに数時間天気の変わり目がずれただけでおじゃんですよ。」

心の中の隊長:「まあまあ、四人場所を取るならミヨシの方がお互いが近いからコミュニケーションも取りやすいだろ。
 仁兵衛丸船長が来られたら耕一船長の操舵室下の胴の間だだろうからこれでよしとしよう。」

二時間ぐらいで片付く仕事なんだけど納期の都合でどうしてもの日曜打ち合わせ。
さっさと終わらせてほっと空を見たらぱらぱらと落ちる雨。
まあ予報通りの天気だからいいとして、ひたすら風向きを気にしながら、鶴見に向かった。

隊員:「ねえ隊長、にゃみさん、あるちゃんどんな人でしょうね?」

隊長:「ブログの印象通りの明朗快活で、気遣いの出来る人だろう。」

隊員:「隊長は想像力の無いつまんない人ですね。」

隊長:「当たり前だ。趣味系ブログをきちんと書いてる人ってだいたい、文章を自分の素のキャラで表現してるからちゃんと毎日続くだよ。」

隊員:「そういえば、船長もにゃみさんも船宿さんのHPで写真でお姿見たこと有りましたよね。」

隊長:「そうだ、こちらこそ突然アニメみたいな似顔絵から現れるんだから、変な人だと思われないようにしないと。
特にお前は人までもじもじするから恥ずかしくないように。」

隊員:「隊長!超緊張してきました~。」
(おいおい前ら風向き以外のことばかり気にしてるじゃん。)

▽Open more.
三串の白焼き 
2006.05.26.Fri / 22:54 
じゅじゅじゅうー。
白焼き増えたー!家族三人分!

三本の串焼き


今回はちゃんとお酒を塗って、串を打ってみました。

いやほんと、富士丸の耕一船長のコメントはいつも秀逸です。
私の乗船した日のコメントが「おつまみ程度に釣れました。」

「ほんと、ビールに白焼きのおつまみ最高やね。にゃんタロさん。」

「あにゃあにゃ」

「HPによると金髪船長のところはやっぱり満員だったみたいだなあ。こんだけ沢山人が乗るとどんなに名船長でも相当苦労が。トップ8本ですか。」

「やっぱり、今年はよくないんですねアナゴちゃん。」

「うーむ、つれない時に練習しても上達は遅いって言われたことあるしな~。このごろ俺頭未達成続きだし、いよいよ強力な「場力」を投入して根本的に釣れる釣りで流れを変えないと!

「じゃあ、いよいよですか。」

「はい、次回こそ天候さえ整えばぜひ南沖遠征へ!」

ちなみに外道のキス君は天ぷらになってお弁当に入りました。

おーこれもいける。
キスのお弁当

* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
戦い終わって夜はふけて。 
2006.05.25.Thu / 22:31 
すでに、お隣の変則二本竿さんは5本を超えたころだろうか、

ようやくアナゴジェットの操作にもなれて来て、左右代わりばんこにずるずる引っ張って海底のガラをつり上げる回数が増えて来た。

隊長:「ほれ、またガラ。」

隊員:「隊長~そんなことでいいんですか?」

隊長:「まあ焦るな隊員、今回初めてのアナゴジェット。最初は何がなんだか解らず余分に糸をふけさせたり、張りすぎたりしていたが、こうしてようやく糸を通じて海底に当たるオモリの状態が解るようになってきたじゃないか。」

とそんなことを考えていたその時だった、聞き上げたさお先に
何だか、クニョーンと弾力質の妙な引きが伝わった。

隊員:「くにょーんって、なにこれ。」

隊長:「これがもしや!」

スーット大きくあわせて~。素早くリーディング。

隊員:「あーアナゴだー鉛筆サイズだけど。」

隊長:「なーる、やっぱり小突きとは根本的にアタリもの出方も小突きとは違うのね。」

ということで時合いが来たのか、すこしコツが解ったのか、左右代わりばんこに同じ調子で3本を連釣!

隊員:「しかし、隊長こいつら外道のキスより細いっす~。」

キスより細い


隊長:「うーむ桶に入れておいたらキス、アナゴに化けないかなあ~なんちゃって、
しかしアナゴジェット東京湾の法則に従った釣り座で潮下に投入できたら効果シャー少佐(三倍)何だろうな。
あと、投げる方向と引きずる感覚、聞き合わせ、にはやはりもっとちゃんとした状況判断が居るはず。それがまだまだつかめん。」

隊員:「まあまあ、隊長そう焦らずにローマは一日にしてなら
ず、船長からいただいたカップ麺食べてゆっくり考えましょう。」

隊長:「およよ、カップ麺ってリレー船だけのサービスだと思っていたよ。まじ、海で食べるカップ麺はなぜかうまいんでよなあ。

カップめん


しかしお隣さんはもうツ抜けかあ。あの竿全体を垂直方向でに3cm間隔で上げ下げする小突きはみごとだなあ。
ああすると竿先の弾力で吸収されることなく小突けるみたいだ、覚えておこう。」

のこり40分あとなんとか気合いを入れて俺頭まであと二本釣るぞと思うも、痛恨の根がかり!赤ケミジェット20号を失う。
以後ケミなしで、アナゴジェットオモリを25号にアップしてみると。

隊長:「あっつこっちの方が解りやすい。単純に軽い方がいいと思ったけど、潮上に投げてる分、オモリの重さも大事だったんだ。」

そして、またあのくにょーとしたアタリ。おっ今度は結構太い!

隊員:「およ~博士の言う通りケミ無しでもつれましたね。」

隊長:「大学時代よく若狭に黒鯛の投げ釣りにいったけど、あのとき外道でよくアナゴが釣れたんだよね。今回のアタリ方で
それを思い出した。考えて釣るといろいろ解って面白いよね。」

いつもなら、俺頭にとどかず沖上がり時間を迎える頃にはじたばたじたばたしているのに
今回は、自分の釣りを冷静に考えながら終えることが出来そうです。

まあ、幾ら名人にお教えいただいた仕掛けや、秘策が有るから問いって実際釣るのは自分の釣技ですから、まだまだ研削の余地あり。
発射台とともに何回か釣りにこないと行けませんかなってことで、

さて、今回の釣果は俺頭未達成のアナゴ4本外道キス2匹。

アナゴ釣果4本


竿頭は多分オオドモさん?で15本、変則二本竿さんは二着、だったから、アドバイスをいただいた仁兵衛丸船長の顔を立てるためにも竿頭さんの半分は行きたかったんですけど、これはアナゴジェットのせいじゃなくて、オイラの腕のせいってことで皆さんご平にお許しと、理解ください。

でも、今回はそんなに落ち込むこともなく気持ちよく過ごせたんです。
それって、自分のどこが上達へのポイントか課題がはっきり解り始めたことと富士丸さんのもつ雰囲気のお陰ですかね。

最後片付けが終わって、どうしたことか大事な発射台を船に忘れそうになったのを、船長ちゃんと見ていて、「これ忘れてるよ。」と手渡ししてくれました。
自分の携帯番号乗船名簿に書いて指摘されたのも初めてだったし(笑)

【すみませんうち固定電話ないんで、いつも自分携帯番号を乗船名簿に書くんですが、これじゃあ遭難したりしたら意味無し!ですよね。これからはちゃんと連絡先としてにゃんタロの電話番号を書きます。】

スタッフのみなさんお客さんをよく見ておられて、細やかなことに気がつかれる感じのいい船宿さんでした。
って言うことで、オイラの釣宿HPプロファイリングはバッチリ。

よって釣価は今回、俺頭未達成の時の最高値C評価とさせていただきます。

さて最後に第4の公式をお話ししましょう。
釣価=釣果+αで表される!です。
釣価とは釣果だけでなくその釣りが楽しめたかの評価を表します。
つまり、釣れなくても楽しかったり、感じの良かったり、ああ行って良かったって思えたりする釣行ってあると思うんです。

そして、オイラのこのブログ。
実はその(+α)のをおっきくするために書いていたりするのです。

今回アナゴジェットのアイデアをくださった仁兵衛丸船長を始め、コメントをいただいた、イイダコkさん、にゃみさん、ガーさん、釣りっ子さん、そして、このブログを読んでいただいている皆様さん。
皆様からいただける大きな(+α)に
不肖サラリーマン金太郎飴、いつも心から感謝、感激なのです。

* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
戦闘再開やっと実釣! 
2006.05.24.Wed / 22:15 
さて、船は夕闇迫る東京湾を一路木更津沖へと向きい波をけたてる。
と思ったら途中て停止。

隊員:「早いなーと思ったらここ中ノ瀬じゃないですか。」

隊長:「うーむ船長まずは数の中ノ瀬を選ばれたな。周りにアナゴ船なし、ここで当たれば一気に抜けがきだあ!アナゴジェット準備」

隊員:「準備よーし。」

隊長:「投入~!」

ひゅるひゅるひゅるジャポーン~。

中の瀬



隊員:「うーん、アンダースローなれてないんで巧く飛びませんね。」

隊長:「ていううか先糸、より戻しで接続してるの失敗じゃない?」

隊員:「はーそれで、垂らしが異様に長く成ってますね。」

隊長:「じゃあループトゥループに変更!」

隊員:「しっかりしてくださいよ。」

開始早々、まごまごしているオイラとは対照的に、お隣の変則二本竿氏は早くも一本目を上げる。

隊員:「わー船中一号はやっぱりあの人ですよ!
左手の長い方は普通のアナゴ竿だけど、右手の短い竿。ワカサギの金属板バネ竿みたいな形状で、左右で小突きかた変えているみたいですよ。すごいなー」

隊長:「こらー人のことはよろしい。とにかく我々にはこのアナゴジェットを円滑に運用する任務があるのじゃあ。
さて、使用法通り、置き竿は約一分ごとに聞き合わせて……うん?のっ
たー!」

隊員:「わーい船中2号ですよ。ってそれ、ヒトデじゃないですか!」

隊長:「うむむむむ、やっぱり潮上に向けて投げてるんで押し戻されて、糸にふけが出るようだ。」

隊員:「いいわけなんかしてないでなんかいい方法考えないと。」

夕日がどんどん沈んで行く。

yuuhi


しかし、このとき焦っていたのはオイラだけではなかったようだ。

マヅメ時に船中あまりアタリも出ていないのようでと、ドつぼにはまりかけていたら、船長が中ノ瀬に見切りをつけたのか「いどうします~」とマイクで放送が。

どうやら、中ノ瀬からいよいよ木更津沖に転戦。
しかしオイラはまだまだ、ジェットの利点を使い切れていない。

隊員:「隊長木更津沖でーす。」

隊長:「よし、ここでは思い切った作戦でいく。左ロッドは船と水平に横投げ!右ロッドは前へ。とにかく人が探っていないところを探るのだ。」

隊員:「左投入~。右投入~。左聞き合わせ。静止。右聞き合わせ。静止。
ひーいひーい、ふーうふーう。やっぱ予想道理、一分にい一回の聞き上げってかなり忙しいっすね。
そんで静止させてる時も、穂先見てるから、置き竿って言うイメージより、見竿って言った方が正確かも。」

隊員:「確かに、この発射台のお陰で立った目線と穂先がそろっているからいいようなものの、これを定位置のロッドキーパーでやったら、へたくそなオイラはそれこそ小さなアタリを見落としてしまうだろうなあ。」

隊員:「しかし博士は7割が聞き上げで釣れるって言ってましたけど、私たちにアタリ取れるんでしょうかね?
投げてる分やっぱり前回とは違ってかなりアタリわかりにくいんじゃあ。」

日もすっかり落ちた木更津沖、そろそろあちこちでアタリが出始めているようだ、お隣は早くも二本!

それでもオイラは代わる代わる聞き上げては穂先を見つめている。
右を聞き上げて、しばらく静止。
ロッドキーパーに置こうかとした時だった。

隊員:「あー隊長!ひだり有ったってます!それもかなりはっきりと、ビビビッ、ビビビッってきてますよ!」

隊長:「よーしスーット大きく合わせだ!」

隊員:「あー隊長!右も有ったってます!ビビビッ、ビビビッってきてます!」

隊長:「えーどないせいちゅうじゃあ~。ここは冷静にいったん左を置いて、右もあわせだけ入れる。おーしゃがむ動作が無い分、発射台効果ばつぐんじゃあ。」

隊員:「って喜んでますけど隊長、上がって来たのはキス!白ギスです。
あっ右もキスだ、太ーい。だから良く当たったんじゃないですか。」

隊長:「くやしーアナゴはどこだー」


* テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用 *
次回の釣行予定は?!
那智勝浦 アカムツ キンメダイ
登場人物の紹介
旬蛸
はじめまして、あめちゃんです。 ハンドルネームは「旬蛸]。関西に来てからも相変わらずB級、浅く広くを実践。水深5m~500mまで、美味い魚と軟体動物を釣るためなら苦労はいといません。よって、エリアも南紀、若狭、大阪湾、鳥羽、と神出鬼没。だけど、おこずかいないから月1回に沖釣りは減りました(>_<)
このブログについて
 このブログの基本構成は一回の沖釣行に対して1日目→「俺頭」こと釣果目標を立てる!2日目→ 実釣に行って報告。3日目→料理してその感想。という三部構成になっています。実際釣りに行ったに日を掲載日時として書きたい!と妥協の結果、タイムリーな情報性を捨て記事内容にこだわり後日まとめ書きしているために。一回の掲載文がやたら長い!記事を書くのがやたら遅い!だからわかりにくい!という三重苦におりマッスル。作者のわがままとお許しください。(涙)
マイ・タックルのコーナー
出船
台湾リール
1980年前後のダイワの船竿、出舟15-180です。7:3調子でエビスズキ、マゴチの竿だと思いますがあってますかね?リールは台湾リールをセットして雰囲気を出してみました。ダイワの小物用船竿は伝統にこの舟の字が着いて、あと入舟、早舟、浦舟などのレーベルがありますが、にゃみさんのご紹介で「向日舟」の名前は初めて知りましたよ。本当にヒラメ竿かちょと心配な所もあるのでもし「向日舟」にご記憶のあるかた!何の竿か教えてください。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 「サラリーマン金太郎飴の沖釣り日誌:関西編」 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。